2016年4月30日更新

マルチーズの病気〜獣医師が解説するマルチーズのかかりやすい病気〜

昔から人々の心を癒す抱き犬として愛されてきたマルチーズ。その美しい被毛と優しい表情が何よりの魅力ですね。イキイキとして活発な上に、甘えん坊で抱っこされることが大好きという性格も人気の理由でしょう。そんなマルチーズにもいくつか注意しておきたい病気がありますので、紹介します。

マルチーズの目の病気

流涙症

涙を目から鼻へと排泄するための管(鼻涙管)がつまってしまっていたり、先天的に欠損していたりすることで、常に目から涙があふれている状態になる病気です。

周囲の被毛が涙で常に湿っているため、細菌などが繁殖して赤茶色に変色してしまいます。これが、いわゆる涙やけです。マルチーズは被毛が真っ白なので涙やけが目立ちやすいでしょう。

鼻涙管の閉塞が原因の場合には、洗浄してつまりを取り除けば良くなることがあります。鼻涙管が欠損している場合には根治は困難です。涙で常に湿った状態でいると皮膚炎を起こしやすいので、こまめにふきとって清潔にしましょう。

マルチーズの心臓の病気

僧帽弁閉鎖不全症

犬で最もよくみられる心臓病が僧帽弁閉鎖不全症です。老齢のマルチーズで多く、最終的には心不全を起こします。僧帽弁とは左心房と左心室を隔てる弁を指します。これが加齢とともに変性してしまうことで動きが悪くなり、左心室から左心房へと血液の逆流が起こります。これにより左心不全は少しずつ進行し、悪化していきます。

ごく初期であれば、特に症状もなく、健康診断で心雑音を指摘されるのみということがあります。やがて運動時や興奮時に咳をはじめ、さらに進行すると、運動をすると座り込んでしまったり、倒れたりするようになります。左心不全による肺水腫を起こすと、咳は悪化し、呼吸困難を起こす事もあります。

心臓を補助する薬を投与して、左心不全による症状を抑えます。咳や肺水腫をコントロールするための薬も必要です。僧帽弁閉鎖不全症は根治の困難な病気です。いくつかの薬を組み合わせての投薬、体重管理や食事療法などのケアを生涯続けていくことになります。適切に投薬し、ケアすることで、病気の進行を遅らせることができると言われています。

マルチーズの骨と関節の病気

膝蓋骨脱臼

膝の関節にある、アーモンド型をしたいわゆるお皿の骨が、正常な位置からずれてしまう病気です。骨や腱、靭帯といった膝関節を構成する組織に先天的な異常がある場合に膝蓋骨脱臼を起こしやすく、発症には遺伝が関与していると言われています。

症状は多岐にわたります。ごく軽度であれば、ほとんど症状がなく、たまにスキップのような歩き方をする程度ということもあります。一方、重症化すると後ろ足は変形してしまい、曲げたままで着地できなくなってしまいます。

治療は重症度や年齢を考慮して決定します。多くの場合で手術が必要ですが、軽症であれば、膝関節を正常に動かすためのリハビリテーションを行なうこともあります。重症の場合には、成長に伴って後ろ足の変形が進んでしまいますので、早めの手術が勧められます。

マルチーズの血液の病気

免疫介在性血小板減少症

免疫システムの異常により、血小板が破壊されてしまう病気です。免疫異常を起こすメカニズムは詳細にはわかっていません。

血小板が減少してしまうことで、止血がしっかりとできなくなってしまいます。そのため、色々な場所で出血を起こしやすくなり、体のあちこちに内出血による青あざが見つかります。また、口の中の粘膜でも内出血で赤くなっている場所が見つかることがあります。

治療は薬で異常に働いている免疫反応を抑え、血小板の破壊を食い止めます。長期にわたる治療が必要になることがよくあります。

マルチーズについて詳しく知りたい方はこちら
マルチーズの基礎知識まとめ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】命に関わることもある犬の免疫介在性溶血性貧血の症状・原因・治療法について

犬の免疫介在性溶血性貧血はこんな病気 溶血性貧血とは血中の赤血球がなんらかの原因で破壊され、貧血症状が起こってしまう状態のことをいいます。 感染症や先天性の理由など原因はいくつかあり……

犬の動作や習慣の変化や異常

埼玉で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気

大阪で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気

【ペットシッターが解説】マルチーズとの暮らしで注意すること

マルチーズの性格と性質 性格 マルチーズは、愛玩犬として古くから歴史があり、抱っこが大好き、家族と一緒に過ごすことが大好き、愛情深い性格を持っています。利口な為、家族とコミュニケーシ……

犬のトリミング

東京で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないことが……

犬の心臓の病気