2016年4月30日更新

ミニチュア・ピンシャーの病気〜獣医師が解説するミニチュア・ピンシャーのかかりやすい病気〜

筋肉質で均整のとれた体つきでぴょんぴょんと跳ね回る、運動神経抜群のミニチュア・ピンシャー。短毛でツヤツヤした黒い体にドーベルマンを思わせるきりりとした顔つきも魅力的です。ミニチュア・ピンシャーは運動が大好きです。しかし、四肢の骨が細いので、興奮しすぎて衝突してしまったり落下してしまったりすると、骨折や脱臼といった大けがをしやすいので注意しましょう。その一方で、ミニチュア・ピンシャーは他の小型犬種と比較して、かかりやすい病気が少ない犬種です。それでもいくつか気をつけておきたい病気もありますので、紹介します。

ミニチュア・ピンシャーの目の病気

進行性網膜萎縮

進行性網膜萎縮は網膜の細胞が徐々に障害されていってしまう病気です。この病気は両目ともに起こります。発症の詳細なメカニズムについてはわかっていませんが、遺伝が関与しているようです。

進行性網膜萎縮を発症したミニチュア・ピンシャーでは、まず夜間や暗い所で目が見えなくなる夜盲症がはじまります。やがて、明るい所でも見えなくなり、完全な失明に至ります。進行性網膜萎縮を発症する時期にはばらつきがあります。

進行性網膜萎縮は残念ながら有効な治療方法がありません。時間をかけて徐々に視覚が失われていく病気ですので、進行性網膜萎縮と診断されたら、落下しやすい場所はないか、ぶつかりやすい場所はないかなど、生活スペースのなかに危険な場所がないかを見直し、改善しておきましょう。住み慣れた場所であれば、失明してしまっても、大きな不自由をせずに生活できるケースもよくあります。

ミニチュア・ピンシャーの骨と関節の病気

レッグペルテス

1歳以下の成長期に起こる、原因不明の病気です。大腿骨頭という股関節を形成する大腿骨の一部での血管の損傷が起こることで、大腿骨頭に十分な血液が供給されず、大腿骨頭が壊死してしまいます。

レッグペルテスを発症したミニチュア・ピンシャーは、痛みを訴えたり、歩く時に足をひきずったりします。

レッグペルテスの治療としては、壊死した大腿骨頭を切除する手術を行ないます。適切に手術を行なえば、歩行にも問題はなくなり、通常の生活を送る事ができるようになります。

膝蓋骨脱臼

膝の関節にある、アーモンド型のいわゆる「膝のお皿の骨」が外れてしまい、正常な位置からずれてしまう病気です。ミニチュア・ピンシャーでは、骨や腱、筋肉などの膝関節を構成する組織に先天的な異常が見られることがあり、それにより膝蓋骨脱臼を起こすケースがあります。膝蓋骨脱臼の発症には遺伝が関与しています。

膝蓋骨脱臼は、軽症のものから重症のものまで様々です。軽症であれば、ほとんど症状を示さないこともあります。また、たまにスキップのような歩き方をすることや、後ろ足を蹴り出すような動きをして外れた膝蓋骨を自力で元に戻してしまうようなこともあります。一方、重症の場合には、膝蓋骨は常に脱臼した状態となり、膝を伸ばすことができなくなります。また、成長とともに、後ろ足の変形が進んでしまいます。

膝蓋骨脱臼の治療方法は、重症度や年齢を考慮して決定されます。軽症の場合には膝関節を正常に曲げ伸ばしできるように、リハビリテーションを行なうこともあります。しかし、いずれは手術が必要になることも多くあります。重度の膝蓋骨脱臼の場合や、既に後ろ足の変形が見られる場合には、早めの手術が勧められます。

ミニチュアピンシャーについて詳しく知りたい方はこちら
ミニチュアピンシャーの基礎知識まとめ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ミニチュア・ピンシャーの平均体重や、年齢による食事の目安

小型ですがエネルギッシュで、怖いもの知らず、小型犬の中では抜群の運動神経を持つミニチュア・ピンシャー。 ミニチュア・ピンシャーはかなり古い歴史を持った犬種です。外見で判断をすると裏切ら……

ミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャー の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

小さいながらも引き締まったがっしりとした体つきがスポーティーな印象を与えるミニチュア・ピンシャー。活発なところと冷静沈着な性格を併せ持った犬です。そんなミニチュア・ピンシャー の価格の相場は……

犬の購入・入手方法

ミニチュア・ピンシャーの病気〜獣医師が解説するミニチュア・ピンシャーのかかりやすい病気〜

筋肉質で均整のとれた体つきでぴょんぴょんと跳ね回る、運動神経抜群のミニチュア・ピンシャー。短毛でツヤツヤした黒い体にドーベルマンを思わせるきりりとした顔つきも魅力的です。ミニチュア・ピンシャ……

ミニチュア・ピンシャー

ブリーダーからミニチュア・ピンシャーを迎える時の選び方、メリットは?

大きめの耳とクリクリっとした目、ツヤツヤした体のミニチュア・ピンシャー。「トイ・グループの王者」と言われており、大変人気のある犬種です。小型ですが体力は相当なもので、独立心が強い所は間違えな……

ミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャーの里親になるには?里親を探すには?

ドーベルマンを思わせるピンと立った耳と、しっかりとした体形、小柄ながら堂々とした風格を持つミニチュア・ピンシャー。機敏で活発、小さな体でくるくると動き回る好奇心旺盛な犬です。そんなミニチュア……

犬・小犬の里親になる