2015年11月28日更新

猿って飼えるの?猿を飼いたいと思ったら考えたい。猿を飼う前に知っておきたい6つのこと

TV番組などで人間と親しく触れ合う姿を見て「猿を飼いたい」と思う人もいるかもしれません。しかしながら猿は犬や猫のように簡単に飼える動物ではありません。人間に近く頭が良いだけに飼育が難しい面もあるのです。今回は猿を飼いたいと思ったときに知っておきたい6つのポイントをご紹介。今のあなたの環境が本当に猿を飼うのに向いているのか考えてみてください。

①猿は品種によっては飼育許可が必要

猿の中には人の命や身体、財産に害を加える恐れがあると法令で定められている「特定動物」に指定されている品種が少なくありません。ゴリラやオランウータンのように動物園でしか見ないような猿はもちろんのこと、チンパンジーや小柄なオマキザル科の猿の中にも「特定動物」に指定されている品種があります。

「特定動物」に指定された猿を飼う場合には、あらかじめ都道府県知事の許可を受け、飼育環境が法令で定められている規格に合っているかどうかの検査も受けなければなりません。さらに飼育と保管の許可申請は5年ごとに行う必要があります。

②猿は従順な動物ではない

猿は頭が良く感情表現も明確ですが、だからと言って聞き分けが良いわけではありません。もともと集団生活で暮らすことの多い猿は縦社会を大切にします。そのため言うことを聞かせるためには飼い主さんがボスであることを明確に教える必要があります。

時には大きな声で叱る必要もありますが、厳しすぎると猿が萎縮してしまいノイローゼのようになることもあります。猿を飼育する際に猿よりも上の立場に立ちながらも猿を萎縮させない加減が必要でこれが結構難しいのです。

③猿の飼育をバックアップしてくれるところは少ない

猿の飼育ができる場所は限られています。ペット可のマンションでも猿の飼育を許可してくれる物件はまずないと言って良いでしょう。持ち家であってもある程度広いスペースが必要です。猿は時として大きな声を出しますので隣家と軒を並べているような住環境だと騒音トラブルになる可能性もあります。

また、病気になった時に猿を診察してくれる獣医さんはそんなに多くはありませんし、飼い主さんが留守にする際でも預かってくれるペットホテルや病院は皆無といって良いでしょう。猿を飼おうと思ったら飼い主さんのほかに猿の面倒を見てくれる人をあらかじめ確保しておく必要があります。

④猿は飼い主さんでも噛む

猿は飼い主さんを噛むことが多々あります。何かに怒って噛む場合もありますが噛む理由が分からないケースも多々あってやっかいです。猿は犬歯がするどく噛まれると化膿して完治に何週間も掛かることがありますので注意が必要です。また、噛まれたまま何もしないでいると猿に「自分の方が立場が上」と思われてしまいますので、毅然とした態度で猿に「飼い主さんの方が上であること」を教える必要があります。

⑤しつけが難しい

猿は犬、猫以上に部屋の中を荒らします。トイレのしつけはできませんし、手が器用なので壁紙をはがしたり、簡単に檻の扉を開けたりすることができます。高いところにも簡単に移動できますのでキッチンの食べ物を食べられてしまうこともあるでしょう。

芸をする猿もいますが、これは猿の習性を良く知る調教師が去るの習性を活かして芸をさせているので、一般の人が調教師のようにしつけを行うのは難しいでしょう。

さらに猿は自分の飼い主をひとりだけ決めて他の家族に服従しないことが多いと言われています。例え人間の家族であっても自分がボスだと認めた飼い主以外は、自分の方を上に位置づける習性もあり威嚇や攻撃してくる猿もいるのです。

⑥感染症が共通する

猿は人間に近いだけに人間と共通する感染症が犬や猫より多いと言われています。エイズやエボラウィルスなどが猿から感染することが問題になりました。飼う前に病院で健康状態をチェックすることは必須でしょう。逆に人間から猿にうつる病気もありますので、こちらにも注意が必要です。

猿は飼育が大変な動物。安易に手を伸ばさないように

芸をしたり、人間と同じように振舞う猿は確かに可愛いですし、ペットショップで見て飼いたくなる人も多いでしょう。しかしながら猿は犬や猫のように簡単に飼える動物ではありません。自分が猿を飼える環境にあるのかどうか、猿を飼うために充分な設備があるかどうかを考えてから猿を入手しましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猿って飼えるの?猿を飼いたいと思ったら考えたい。猿を飼う前に知っておきたい6つのこと

TV番組などで人間と親しく触れ合う姿を見て「猿を飼いたい」と思う人もいるかもしれません。しかしながら猿は犬や猫のように簡単に飼える動物ではありません。人間に近く頭が良いだけに飼育が難しい面も……

飼う準備

水槽ってどれがいいの?アクアリウムの水槽の選び方

水槽の種類は多種多様 アクアリウムを始めるにあたって水槽は欠かせない設備ですよね。いざ水槽を選ぼうとしてみるとその種類の多さに驚いてしまう方も多いようです。 それもそのはず、水槽の規……

飼う準備

初めてハムスターを飼う方へ。床材から遊び道具まで。ハムスターの飼育道具の選び方

ハムスターを飼うとなると、ケージ以外にも揃えなければならないものはけっこうあります。ハムスターの飼育に必須なアイテムと、その選び方についてまとめたので、参考にして下さい。 床材 ケー……

ハムスターに必要なグッズ

これで完璧! イエアメカエルの飼育設備と飼育上の注意点について

イエアメカエルはペットフロッグとしてはとてもポピュラーで、体も丈夫なカエルです。 初心者でも十分飼育可能なのですが、そもそも両生類の飼育が初めての方はどんな設備が必要なのか、どんなこと……

飼う準備

カメやトカゲは!?イヌやネコ以外のペットが病気になったらどこで診てもらえばいい?

ペットといえば犬か猫が一般的ですが、ほかにもたくさんの種類の動物がペットとして飼われています。もし珍しい種類のペットが病気になったとき、どのように治療してもらえばいいのでしょうか。詳しくご紹……

飼う準備