2015年12月17日更新

『おいで』『おすわり』『まて』まずは犬の基本のしつけ3つをマスターしよう!

【あわせて読みたい「しつけの基本」】
第一歩は“集中”させること。犬のトレーニング・しつけの方法
犬のしつけ・訓練は褒める事と叱る事の使い分けが重要
しつけとトレーニングの違いは?目的の違いや正しいしつけ・トレーニングの方法を解説

犬を飼うきっかけは人それぞれあると思います。ご近所で犬を飼っている人を見て欲しくなったから、ペットショップでかわいかったから、知り合いの犬が子供を産んだから、などなど理由は様々。
そんな犬を飼う飼い主はだいたい2種類の人に分けられます。一方はキチンと犬にしつけをする人。もう一方はしつけを全くしない人。どちらも犬に愛情をもって飼っている人がほとんどだと思いますが、犬が嫌いな人からするとしつけのできていない犬は恐怖でしかありません。また、しつけは愛犬自身の安全にもつながります。
そこで、覚えさせたい基本の3つのしつけをご紹介します。

犬の基本のしつけ3つ

おいで

絶対に覚えさせてほしいしつけ、No1です。
最近では放し飼いも減りましたが、ドッグランやフリーエリアで遊ばせる時に戻ってこない犬は沢山います。またリードを付けての散歩しかしない人でも、首輪が外れてしまって脱走してしまうことや、何かでビックリしてしまったときにパニックになって脱走してしまうこともあります。そういう時に、この「おいで」が行えることで愛犬の身を守ることが出来ます。

しつけの行い方は、長めのリードを付けた状態で、愛犬との距離をとり、おやつやおもちゃなどを見せて「おいで」と声をかけます。軽くリードを引いて呼び寄せ、近づいてきたら思いっきり褒めてあげてください。最初は名前などを呼びながら愛犬の気を引きながら行いますが、慣れてくると「おいで」と言うだけで来るようになります。周りに愛犬の気がそれるものがない状況で行ってください。

おすわり

一番ベーシックな「おすわり」ですが、意外と重要なしつけです。
オオカミの血筋を引く犬は本来、野生では外的に狙われ獲物を食らう生き物です。なので「おすわり」や「ふせ」などはいきなり走り出すには不向きな体勢で、行動に遅れをきたすポーズです。それを行うことにより、自分の行動を抑止させる力が身に付きます。

覚えさせ方としては愛犬と向かい合い、愛犬が飼い主を見上げる形で「おすわり」と指示を出します。その時お尻を軽く触り座らせるようにします。この時、鼻より少し後ろの位置でおやつなどを見せてあげると効果的です。おすわりした後はたくさん褒めてあげます。

まて

行動を遮るしつけです。「まて」を覚えさせることにより愛犬自身の危険回避にもつながるので大切なしつけになります。「おすわり」を覚えた段階で教えていくのが効果的です。

おすわりをさせた状態で、顔の前に手を広げます。この時「まて」と声をかけ、愛犬の目をじっと見てください。その状態で後ろに2,3歩下がり、愛犬が動かないことを確認したうえで「よし」と褒めておやつをあげてください。少しずつ、まての時間を長くしていきます。あまりにも長すぎると逆効果なので5秒~10秒くらいで行うようにしてください。

まとめ

しつけのトレーニングは必ず一定の時間で成功体験で終わらせるようにします。失敗で終わらせたり、ダラダラ行うと何をしているのか犬に伝わりにくくなります。この3つのしつけで愛犬の身の安全を守り、また他の人にも迷惑をかけない愛される犬になること間違いなしです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【犬の反抗期】愛犬が突然トイレを失敗しても、叱っちゃダメ!その理由は??

最近では室内で犬を飼う家庭も増え、トイレシートでのトイレの習慣が一般的になりました。きちんとトイレシートでできるかどうかは飼い主にとっても重要な問題だと思いますので、今回はこのトイレのしつけ……

犬のしつけ

ドッグトレーナー直伝!外でしかトイレをしない愛犬…雨の日のトイレ対策

「トイレを外でしかしないので、雨の日も散歩が必要!」そんな声を耳にしたことがあると思います。まもなく梅雨がやってきます。今回は、雨の日のトイレ対策についてお話いたします。 外でしか排泄……

散歩中、リードを思い切り引っ張る愛犬を止められないときの4つの対処法。

[関連記事]暑い夏に気をつけたい犬の散歩。熱中症にさせない為に準備したいグッズやお散歩のコース、お散歩の時間 家にいる時はいい愛犬なのに、散歩の時に限ってリードを思いっきり引っ張る事が……

犬のしつけ

犬が吠えることで生じる危険。しつけで事前にトラブルを回避しましょう!

犬にとって、吠えるという仕草は自分自身の気持ちを表現するために用いる場合と、相手を威嚇するために吠えている場合の2種類があります。 とはいっても、吠えている犬のほとんどは威嚇をしている……

犬のしつけの基礎

犬のしつけで怒ってはいけない4つの理由

初心者の飼い主さんにとって犬のしつけは意外と難しいもの。トイレや無駄吠えのしつけ、散歩の時の歩き方など教えることはたくさんあるのにしつけ方が分からないという方も多いでしょう。しつけのコツはい……

犬のしつけの基礎

散歩コースの全てがトイレではありません

飼い犬が家の中で用を足さずに、散歩中にのみ用を足すように教育している家庭が多いです。しかし、散歩中の排泄物の処理や排泄させる場所について、十分な配慮ができている人はそれほど多くありません。 ……

犬のしつけ

引越しや模様替え…環境の変化による愛犬の『粗相』に対するしつけとは?

「トイレさえできれば・・・」犬と暮らしはじめたら誰もが一度は感じることだと思います。粗相や、その後の片付けにストレスを感じる人も少なくありません。 春になり、お引越しをする方や、新しい……

犬に関する春の注意

子犬を飼い始めたころの食事の注意点とは?子犬の食事の与えた方について

子犬は産まれてからの期間が浅く、成長期にあたるため、成犬よりも食事に気を使ってあげなければなりません。また栄養面だけではなく、体が成犬よりも弱いため、健康面にも配慮してあげる必要があります。……

犬のしつけ

愛犬がドッグフードを食べてくれない! 犬の食事の与え方 ・しつけ方

犬の食事の与え方にはいろいろな方法があります。決まったドッグフードを、銘柄を変えずにずっと与える人もいれば、手作りごはんを毎日のように与える人もいます。 中には、ドライフードをあげてい……

犬の食事の基礎

犬がストレスを感じにくい! 上手な留守番のしつけ方法

犬を飼っていれば日常的にあることのひとつが、犬を留守番させること。あなたの愛犬は、ストレスなく留守番できているでしょうか? 今回は、室内犬のためのストレスを感じにくい留守番方法を紹介し……

犬のストレス

ケージを利用した、お利口さんに留守番してくれる子犬のトレーニング方法

飼い主の留守中に一人きりになった子犬は不安で、しかし好奇心も旺盛できちんとしつけをしないと、やりたい放題に部屋はメチャクチャになっていることでしょう。 また、無闇にクンクンと鳴き続けた……

犬のしつけ

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴・性格・飼い方をご紹介!

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴や性格 犬名につけられている通り、アイルランドが原産国のこの犬の歴史は古く、良く似た犬の骨が1,000年以上前に出土したりしている事から最も古いス……

アイリッシュ・ウォーター・スパニエル

天然記念物にも指定されている日本犬。秋田犬の性格・飼い方をご紹介します。

秋田犬の特徴・性格 秋田犬は天然記念物にも指定されている日本犬です。渋谷のハチ公像を見て「ハチ公は柴犬」と思っている方も多いと聞きますが、忠犬ハチ公は秋田犬です。秋田犬の寿命は11年前後と……

犬のしつけ

【便利!】犬用キャリーバッグおすすめ10選

愛犬と暮らすうえで、欠かせないものの一つにキャリーバッグがあります。病院に行くとき、散歩のとき、車に乗るとき、飛行機に乗るとき……今回は、様々なシーンで使用する、犬用のキャリーバッグを選んで……

犬の習性

【大阪】おすすめ!ドッグラン10選

リードを外して自由に運動をさせてあげたくても、なかなか普段、近所ではできないですよね。 思いきり遊んだり運動したりできる場所に連れて行ってあげたい、と思うときに行くドッグラン。 ……

犬のストレス