2015年11月28日更新

猿を飼う場合に必ずやっておきたい。猿を診てくれる動物病院探し

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫に比べ猿を飼う前の準備は大掛かりで時間も手間も掛かりますが、準備の中で必ずやっておきたいことのひとつが猿を診察してくれる病院、獣医さん探しでしょう。猿を迎える際にはまず健康チェックが必要ですので、病院探しは後回しにはできません。もし、通える範囲内に病院がなければ飼育を諦めた方が良いかもしれない…病院探しはそのくらい大切です。今回は猿の病院の探しについて考えてみましょう。

 

猿を売ってくれた業者やショップに聞いてみる

猿を販売してくれた業者やショップに聞いてみるのは一番手っ取り早い方法です。彼らは猿が病気になった時の掛かりつけ病院を知っているはずですので聞いてみましょう。こうした人達とは猿を購入する時だけでなく、必要に応じて飼育の相談に乗ってもらえるように関係を構築しておくと良いでしょう。

猿を飼っている人のブログや情報サイトを参考にする

猿を飼っている人の中には病院情報や猿の飼い方についてのノウハウをブログやホームページに公開している人もいます。例えば「アニマルバス」というサイトは猿を飼っている人同士の情報交換サイトですが、ここには猿を診察してくれる病院のリストがUPされていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

近所の病院に問い合わせてみる

おそらく街の動物病院で猿を日常的に診察している病院はほとんどないでしょう。猿を診てくれる獣医さんは動物園での診察経験がある獣医さんが多いようです。エキゾチックアニマルを診察対象に入れている病院は犬猫のみの病院より診察を受け入れてくれる可能性があります。

そうした病院でも猿の診察を積極的に看板に掲げているわけではありませんので、1軒1軒連絡して病院の先生に相談してみましょう。病院が忙しい時間帯を避けるのも相談にのってもらうための手段です。

病気になってからでは手遅れに!病院探しは健康な時にやっておこう

2012年に大阪、中央公園の猿が園舎内でぐったりしているのが発見されました。発見後、飼育員が猿を診てくれる病院を探しましたが近隣では見つからず、やっと探した病院に搬入しましたが助からなかったという事故がありました。

もちろん、すぐに病院に行ったとしても間に合わなかったかもしれませんが、もしすぐに獣医さんに診てもらえたら助かった可能性もあったかもしれません。病気やケガをしてから病院を探すのでは遅すぎます。猿を飼うならあらかじめ病院を探しておくことが猿の生死を左右すると言っても過言ではないのです。

 
 

関連カテゴリ