2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬のジステンパー〜原因・症状と対策

ニホンオオカミの絶滅理由にもなったとされる犬ジステンパーは、犬ばかりだけでなく、多くの動物にとって感染の危険性がある感染症でもあります。また、死亡率も高いため、まずは感染させない為にも、ワクチンの接種がすすめられます。ここでは、犬ジステンパーにかかる原因と症状、そして対策について紹介します。

犬のジステンパーの原因

犬ジステンパーは、ジステンパーウイルスに感染することで起こりますが、接触感染や飛沫感染でも広がるため、子犬や高齢犬は特に注意したい感染症のひとつでもあります。

もともとは、ニホンオオカミの時代に感染があったとされ、絶滅の原因にもなったと言われるほどの感染症なのです。また、犬だけでなく、ネコ科、そればかりかほとんどの食肉動物にも感染します。

接触感染と飛沫感染

ジステンパーウイルスに感染している犬の目ヤニや鼻水、尿や便などに接触し、ウイルスが鼻やのどから新たな犬の体に入ります。ウイルスはリンパ節を通して、全身に広がり、様々な症状が出ます。

もちろん、ウイルスを体内に吸い込むことでも感染してしまうため、すでに感染している犬の咳やくしゃみも危険なのです。

免疫力が低下している犬は注意

免疫力が低下している犬は、ジステンパーウイルスにも感染しやすく、特にワクチンをしていない子犬には注意が必要です。感染力が強く、体全体にウイルスが運ばれてしまうため、死亡率も高く、注意したい感染症のひとつなのです。

犬のジステンパーの症状

犬ジステンパーの症状には様々なものがあります。まずは、風邪をひいたような状態で調子が悪くなります。ワクチンを接種している犬の場合は、無症状で終わってしまうことも多いものですが、発熱や元気がないといった風邪に似た症状が最初にあらわれます。

全身症状が出る場合

ワクチンをうっていない犬や、すでになんらかの病気にかかっていて体力や免疫力が落ちている犬の場合、さらに様々な症状が出てくることがあります。

感染して1週間ぐらい経つと、咳やくしゃみの他にも嘔吐や下痢など全身症状が出てきます。全身にウイルスが運ばれるため、結膜炎や角膜炎を起こすこともあります。呼吸が荒くなるなど、呼吸器系の症状としては肺炎にも注意が必要です。

重症な場合

さらに重症の場合は、痙攣やてんかん発作、麻痺を起こしてしまうこともあります。この時にはすでにウイルスは神経系にも達してしまい、命に関わる状態になります。助かっても後遺症が残るケースもあります。

犬のジステンパーの対策

犬ジステンパーウイルスの対策としては、ワクチンを欠かさずにうつことが一番です。実際に、ワクチン接種をしてない子犬の時期にかかってしまうことが多くありますが、動物病院でできることは検査を行い、対症療法を行うことが中心になってしまいます。

死亡率が高い病気だからこそ、時期や回数をしっかり決めてワクチンをうつことが大切になるのです。

二次感染への対策

犬ジステンパーは、他の犬にも感染しやすいという危険性があります。多頭飼いをしている場合は、部屋を別々にするなど、感染が広がらないよう対策を取る必要があります。また、排泄物を片付ける際は、手袋やマスクを着用して、ウイルスを吸い込まないように注意しましょう。きれいに片付けた後は消毒を行い、手洗いも徹底することが大切です。

犬ジステンパーの疑いがある場合は、動物病院でも個別に対処する可能性があります。これは感染予防の為です。受診する前に、連絡をしておくとよいでしょう。

まとめ

犬ジステンパーは、無症状で終わることもありますが、重症化すると非常に危険な感染症です。死亡率も高いからこそ、ワクチンでの予防が強くすすめられている感染症でもあります。

犬ジステンパーの対策の為にはワクチンをうつことが大切です。万が一、子犬や高齢犬など、犬ジステンパーにかかっている可能性がある場合は、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】痩せているようでも肥満?愛犬の健康は体重ではなく体脂肪率で測ろう

人間の検診では体重とともに体脂肪率を測ることはごく当たり前のことになりました。同じ体重でも重い筋肉が占める割合が多い場合と、軽い脂肪が占める割合が多い場合とでは体の組成や健康状態がまったく違……

子どもがいる家で犬を飼った方がよい4つの理由とは?

現在、ペットを飼っている人にペットを飼った理由を尋ねた複数の調査によると、「動物が好きだから」「気持ちが和らぐから」などと並んで「子どもの情操教育のため」という理由がトップ3に入っています。……

犬や猫も花粉症になるの…?そんな疑問に獣医師がお答えします!!

くしゃみが止まらない。鼻水が止まらない。目がかゆい。毎年春になると、花粉症の症状に悩まされる人も多いでしょう。今年も、辛い花粉症の季節が近づいてきました。ところで、犬や猫に花粉症があるのか、……

獣医師が教える!冬の乾燥が原因かも…?考えられる犬の病気。

冬の乾燥が原因かも?犬の病気 冬の時期、カサカサする肌やイガイガする喉といった乾燥による健康トラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。実は、乾燥対策は犬にとっても大切です。……

【動物看護士が解説】老犬の『食事介護』正しい方法を解説します

犬が高齢になり、顎の力が弱まったりすると今まで食べていたドライフードを食べられなくなることがあります。そのまま丸呑みをしても大丈夫ですが、歳とともに消化機能も落ちていくため、本来ならば年齢に……