2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬の回虫症〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の回虫症の原因
  • 犬の回虫症の症状
  • 犬の回虫症の対策
  • まとめ

犬の回虫症は、イヌ回虫もしくはイヌ小回虫によって引き起こされる犬の病気です。主に犬に感染して問題となるのは、病原性がより強いイヌ回虫に感染した場合です。また、イヌ回虫は人に感染する危険性もあります。ここでは、犬の回虫症の原因と症状、予防方法などについて紹介します。


犬の回虫症の原因

犬の回虫症は線虫の一種であるイヌ回虫によって引き起こされる病気です。イヌ回虫が寄生した犬の体の中で活発に成長しているときに症状が現れます。健康な成犬の体の中ではイヌ回虫は成長しないため、特に症状は見られません。ただし、子犬や免疫力の低下した犬、妊娠した犬のの体内でイヌ回虫は活発に成長します

経口感染と垂直感染

感染の仕方は主に経口感染です。散歩中に犬が食糞をしてしまった際、その糞の中に回虫の卵が入っていると、そのまま体内に入ってしまいます。その他、すでに母犬が感染していて、胎盤から子犬に移ってしまう垂直感染も犬回虫症の感染ルートです。

イヌ回虫の卵は子犬の便から外に出てくることができますが、成犬の中でイヌ回虫が成長することはありません。母犬の体の中にとどまっていたイヌ回虫、胎盤で移るか、母乳を通して移るか、糞便を通して移るか、あくまでも子犬がターゲットになってしまうのです。


犬の回虫症の症状

犬がイヌ回虫に感染していても、症状が出ないことも多いです。症状が出る時には、すでにかなりの数のイヌ回虫の成虫が寄生してしまっています。子犬、特に生後3ヶ月頃まで、イヌ回虫は小腸に寄生しています。