2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬のコロナウイルス性腸炎~原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬のコロナウイルス性腸炎は、犬が『犬コロナウイルス』に感染することで起こります。発症すると主に下痢や嘔吐が起きますが、成犬では症状が出ないことが多く、あまり心配はいりません。

問題はウイルスが子犬が感染した場合と、犬コロナウイルスと犬パルボウイルスに同時に感染した場合です。どちらも下痢や嘔吐がひどく、死亡する危険性が高くなります。

ここでは、犬のコロナウイルス性腸炎について詳しくご説明します。

 

原因

犬のコロナウイルス性腸炎は犬コロナウイルスに感染することで起きるウイルス性腸炎です。ウイルスに感染した犬の便や嘔吐物から経口感染します。

感染した犬の便や嘔吐物を踏んだ足をなめたり、散歩中に道に落ちた便のにおいをかごうとして口が触れたりしたときに、ウイルスが体内に侵入します。また、感染した犬が嘔吐するなどして口にウイルスをつけたまま食器を使うと、その食器を介して他の犬に感染が広がる可能性もあります。

コロナウイルスは犬の体内に入ると、小腸の腸管の内側にある、栄養や水を吸収する役割を持つ絨毛で増殖します。そして絨毛の上皮細胞を破壊するため、絨毛が萎縮し、栄養や水の吸収がうまくいかなくなるなどして、下痢が引き起こされます。また、ウイルスを体外に追い出そうとする体の防衛反応によって嘔吐も起きます。

犬コロナウイルスは感染力が非常に強いため、多頭飼育など、感染している犬と生活環境をともにしている犬は、飼い主さんが対策を講じなければほぼ間違いなく感染します。

症状

犬コロナウイルスの病原性はそれほど高くなく、成犬なら症状が出ない(不顕性感染)ことも珍しくありません。症状が現れても軽度で済みます

一方、子犬では重症化することもあるので注意が必要です。子犬の場合、以下のような症状が現れます。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 元気がなくなる
  • 食欲がなくなる

下痢便は、ドロドロとしたお粥状だったり、水っぽかったりします。色はオレンジ色をしていることが多く、悪臭を伴います。下痢によって水分が過剰に体外に出ていくため、脱水症状を起こすこともあります。

犬コロナウイルス自体の危険性は高くありませんが、犬パルボウイルスとともに感染した場合、症状が重篤化したり、死亡したりする可能性もあります。

犬パルボウイルス感染症について

犬パルボウイルスは感染力が非常に強く、感染している犬の便から経口感染します。ウイルスは腸や骨髄などで増殖し、2~7日間の潜伏期間を経て発症します。

症状は、激しい下痢(血便)と嘔吐、白血球の減少、元気や食欲がなくなる、など。発熱することもあり、下痢や嘔吐のせいで子犬は脱水症状に見舞われます。

また、子犬が犬パルボウイルスに感染すると、心筋炎や敗血症を起こしたり、場合によっては急死したりすることもあります。

犬コロナウイルスと犬パルボウイルスは感染経路がほぼ同じで、非常に強い感染力が特徴です。そしてどちらも腸に攻撃を加えるため、同時に感染すると下痢の症状がひどくなりやすい傾向にあります。

 

対策

犬コロナウイルスに効く特効薬はありません。そのため、治療は対症療法が中心となります。下痢がひどく脱水症状があれば、輸液を行います。食事制限や、二次感染を防ぐために抗生物質を投与するなどして、症状が治まるのを待ちます。通常、治癒にかかる日数は数日から一週間ほどです。

また、犬パルボウイルスとの混合感染の場合、輸液の実施、抗生物質の投与に加えて、インターフェロンの投与も行います。発症から数日がヤマで、一週間持ちこたえれば、犬パルボウイルスに対する免疫ができて徐々に回復していきます。

犬コロナ・犬パルボともにワクチンがあります

犬コロナウイルス、犬パルボウイルスへの感染は混合ワクチンの接種で防ぐことができます。自分が飼っている犬の健康のため、またウイルスを周囲に広げないためにも動物病院でワクチンを接種するようにしましょう。

隔離、消毒を徹底して感染の拡大を防ぎましょう

犬コロナウイルスは感染力の強いウイルスです。多頭飼育の場合、一頭が感染すると他の犬にもどんどん広がってしまうため、感染した犬の隔離と室内の消毒を徹底する必要があります

感染した犬が使っていたマットなどは洗濯し、行動範囲はアルコールで消毒します。感染した犬が便をしたらすぐに包んで捨て、他の犬に触れさせないようにしましょう。

なお、犬パルボウイルスの場合、次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤など)を使わないと消毒できません

犬が治ったあとも、ウイルスは生き続けています

犬コロナウイルスは、犬が治ってからも数ヶ月の間、便中に排出され続けます。また、混合感染しやすい犬パルボウイルスは、非常に生命力が強く、自然界で数ヶ月から一年もの間生存できます。

多頭飼育の場合、治ったからといって油断するのは禁物です。治癒後も、感染していた犬の便はすぐに捨てるようにし、念のため消毒も継続することが必要です。

また、子犬のころからワクチン接種をすれば、感染を未然に防ぐことができ、便を通してウイルスをまきちらす恐れもなくなります。接種については動物病院で獣医師と相談のうえ、行いましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード