2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬の咽頭炎〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の咽頭炎の原因
  • 犬の咽頭炎の症状
  • 犬の咽頭炎の対策
  • まとめ

咽頭とは口と食道の間の喉の部分のことです。範囲は広く、口寄りの部分を《咽頭口部》、鼻寄りの部分を《咽頭鼻部》、食道寄りの部分を《咽頭喉頭部》と言います。

咽頭は口と鼻、そして食道を繋ぐ大事な部位です。犬の咽頭炎はその名の通り咽頭の部分が炎症を起こしている状態を指します。犬の咽頭炎の原因、症状、対策についてお伝えしていきます。


犬の咽頭炎の原因

犬の咽頭炎は喉の部分が炎症を起こしている状態であり、その原因は様々です。

咽頭は鼻と口、そして食道を繋いでいるため、鼻や口から吸いこむ空気が直接的に触れます。そのため有毒なものを吸い込んでしまって咽頭を痛めてしまうと咽頭炎を発症します。それに加え、鼻炎やウイルスや細菌による呼吸器感染症などの内科的な疾患によって咽頭炎が発症することもあります。また食事中に硬いものを食べてしまって咽頭を傷つけて発症することもあります。

咽頭炎の原因は多岐に渡っているのでその原因を特定することがまず大事になります。