2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬の咽頭炎〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

咽頭とは口と食道の間の喉の部分のことです。範囲は広く、口寄りの部分を《咽頭口部》、鼻寄りの部分を《咽頭鼻部》、食道寄りの部分を《咽頭喉頭部》と言います。

咽頭は口と鼻、そして食道を繋ぐ大事な部位です。犬の咽頭炎はその名の通り咽頭の部分が炎症を起こしている状態を指します。犬の咽頭炎の原因、症状、対策についてお伝えしていきます。

 

犬の咽頭炎の原因

犬の咽頭炎は喉の部分が炎症を起こしている状態であり、その原因は様々です。

咽頭は鼻と口、そして食道を繋いでいるため、鼻や口から吸いこむ空気が直接的に触れます。そのため有毒なものを吸い込んでしまって咽頭を痛めてしまうと咽頭炎を発症します。それに加え、鼻炎やウイルスや細菌による呼吸器感染症などの内科的な疾患によって咽頭炎が発症することもあります。また食事中に硬いものを食べてしまって咽頭を傷つけて発症することもあります。

咽頭炎の原因は多岐に渡っているのでその原因を特定することがまず大事になります。

鼻からの吸い込みによる原因

有毒ガスや薬品を吸い込むと喉が炎症を起こし、咽頭炎を発症することがあります。具体的には煙草の煙、車の排気ガス、ブリーチなどの薬品などを鼻から吸い込むと咽頭炎を引き起こす可能性が高まるので注意してください。

食事による原因

硬い犬用のおやつや動物の骨などを飲み込むときに喉を傷つけてしまうと咽頭炎を引き起こすことがあります。犬は食べ物をじっくりと噛んで飲み込むということが苦手で、大きな塊のまま飲み込んでしまいやすいので注意してください。

内科疾患による原因

犬の咽頭炎を引き起こす内科疾患は鼻炎、犬ジステンバー、口内炎などです。また犬の場合は免疫介在性の咽頭炎である場合もあります。それらの内科疾患が原因で咽頭炎を引き起こしている場合は早めに獣医師の診察を受けなければなりません。

犬の咽頭炎の症状

犬の咽頭炎の症状は咳、リンパの腫れ、呼吸障害、鳴き声の変化、唾液分泌の増加、食欲不振などです。犬の咽頭炎の症状が悪化すると痛みを伴うようになります。そのような状態になると食事を嫌がるようになったり鳴き声が変化したりするので、犬から発せられているサインを見落とさないように注意しましょう。

 

犬の咽頭炎の対策

犬の咽頭炎の原因は多岐に渡っていますが、対策法はいたってシンプルです。口や鼻から喉の奥に入ってくるものに気を付けることが咽頭炎対策の基本です。

散歩をしているときなどに異物を飲み込んでしまったり、空気中のガスを吸い込んでしまうことのないように配慮してあげてください。犬の咽頭炎の有効な対策は生活環境を良好な状態に保つことです。身体に害のあるものを入れさせないための配慮をしましょう。

内科疾患による咽頭炎の治療

内科疾患から引き起こされている咽頭炎の原因を飼い主さんが突き止めることは難しいので、獣医師の診察を受ける必要があります。原因が発覚すればそれに応じた治療を行ってくれます。また獣医師の指導があった場合にはそれをしっかりと守って看病してあげてください。

まとめ

犬の咽頭炎はちょっとしたことで発症してしまいます。生活習慣を良好な状態に保ち、飼い犬が危険なものを口や鼻から体内に取り込んでしまわないように気を付けてあげてください。

咽頭炎は基本的には簡単な治療と安静で治すことができます。ガスや汚物の吸い込みに注意をすることは大切ですが、犬の食事に対してはそれほど神経質になりすぎないようにしましょう。もし咽頭炎の症状が出ていると感じたときには早急に獣医師の診察を受けさせ、有効な治療を施してあげてください。

 
 

関連カテゴリ