2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬の気管支狭窄〜原因・症状と対策

愛犬の病気や腫瘍で呼吸になんらかの異変を感じた時、また異物を飲んでしまいゼーゼーとした呼吸をしている時などは、気管支狭窄に注意しなくてはいけません。

犬の気管はとても弱いもので、気管支狭窄は進行すると命の危険につながります。ここでは、犬の気管支狭窄に対して普段から気をつけるべきことをご紹介します。

犬の気管支狭窄の原因

犬の呼吸は、のどと肺をつなぐ気管が空気の通り道となって行われます。気管からさらに枝分かれして肺まで空気を運ぶ役割をしているのが、気管支になるわけですが、この気管支が狭くなってしまい、空気を体に上手に取り入れることができなくなった状態を気管支狭窄と呼びます。

誤飲誤食が原因の場合

犬の気管は、非常に傷つきやすい性質をもっています。例えば、犬が誤飲誤食をしてしまい、食べ物などがつまってしまうことがあります。さらに、肺までその異物が入った時には、肺炎を引き起こし、非常に危険な状態になります。

なんらかの病気が原因の場合

もともと、なんらかの病気や腫瘍などによって気管支が傷つけられてしまい、気管支狭窄を起こす場合もあります。周辺の臓器に腫瘍ができて、気管が外から圧迫されて狭くなったり、変形してしまうと、呼吸が難しくなってしまうのです。

犬の気管支狭窄の症状

犬の気管支狭窄で代表的な症状は呼吸困難ですが、この状態になっている時は、犬にとって呼吸が非常に苦しい状態となり、チアノーゼが出るようになります。

チアノーゼは、酸欠によって口の粘膜や舌の色が紫になる状態をいいます。非常にわかりやすい症状なので、これが見られたらすぐに動物病院に連れていきましょう。

呼吸困難を起こすほどではなくても、犬の気管支狭窄によって咳が出る場合があります。散歩や遊びの後に、犬が咳をするようになったり、いつもより呼吸が荒いと感じるようなことがあれば、気管支狭窄を起こしていることがあります。咳が続くようなことがあれば、早めに獣医師に相談しましょう。

気管支狭窄では、気管の周り、首や肩に痛みが出ることもあります。いつもは、首を上げて遊んでいた犬が首をあげなくなったり、触ることを嫌がるようであれば、気管支狭窄を起こしている可能性があります。

犬の気管支狭窄の対策

病院では、異物が入っていることがわかった際、まずは取り除く処置が行われます。もちろん、レントゲンなどに詰まっている異物が映らないこともあります。

内視鏡で異物を取り出せるケースもありますが、それでも取り出せない場合は外科手術が必要となります。

誤飲誤食に注意すること

犬の気管支狭窄は、異物が気管や気管支に入ってしまったことがきっかけでなるケースが多いです。まずは、遊びや散歩の際に拾い食いなどをしないように注意しましょう。

また、お留守番の際、口に入るようなおもちゃやガムなどを置きっぱなしにしないよう注意しましょう。

病気を防ぎ治療を行うこと

気管や気管支周辺に腫瘍などがある場合、まずはその治療が必要になります。呼吸を楽にできるように薬を投与しながら、もともとの原因となっている疾患の治療を行うことになります。

普段から、定期的に健康診断を受けるなど、日頃の体調管理が愛犬の気管支狭窄を防ぐことにつながります。

まとめ

犬の気管支狭窄は、異物が入った場合、またはもともとの病気などが原因で起ることが多いものです。犬の気管は、非常に弱いからこそ、咳などの症状や呼吸の状態の異変に気づいたら早めに動物病院を受診することが大切です。

普段からの健康チェックと共に、異物を飲み込んでしまわぬよう室内環境を整えること、お散歩での拾い食いを防ぐしつけなど、飼い主さんの少しの注意が愛犬の気管支狭窄を防ぐことにつながるのです。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬の健康にも役立つ!犬のおもちゃ 噛むタイプのもの10選

楽しく遊びながら、歯のケアや顎を鍛えたりすることができるおもちゃ特集です。犬にとっては、何かを噛むというのは基本行動のひとつなので、噛んでもいいおもちゃを与えることでストレス解消をさせてあげ……

犬の仕事NO.1警察犬っていつから始まったの?警察犬の歴史、資格、指定犬種について

犬の仕事で最初に頭に浮かぶのは警察犬でしょう。人間の5000倍~6000倍とも言われる嗅覚を活かした追跡調査や健脚を活かした追跡捜査などは犯罪解決に大いに役立っています。ところで警察犬とはい……

犬のニュース

こんな楽しい場面でドキドキ、ビクビク? 気をつけてあげたい愛犬の意外なストレス

いつも以上に家族と一緒に遊べる時間が増える休日は、愛犬にとってもスペシャルタイム。新しい場所に連れて行ってもらったり、新しい犬仲間や人とのふれあいがあったり。 ただ喜びながらも、私たちが気……

インパクト大!!サイズの調整も可能な『ベジタブルペットベッド』とは…?

にゃんガルーパーカーでもお馴染みの【UNIHABITAT】から発売されているペット用ベッドがインパクト抜群!!置いてあるだけでポップなインテリアにもなる便利な『ベジタブルペットベッド』をご紹……

いままで動物を拾って帰った経験はある?飼ってもらえた人は約半数。

皆さんは、捨てられている犬や猫を拾って帰った経験はありますか?また拾って帰った動物はちゃんと飼ってもらえましたか?今回は、社会人男女500人に「動物を拾って帰った経験」について聞いてみました……

猫の雑学

獣医師が教える!冬の乾燥が原因かも…?考えられる犬の病気。

冬の乾燥が原因かも?犬の病気 冬の時期、カサカサする肌やイガイガする喉といった乾燥による健康トラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。実は、乾燥対策は犬にとっても大切です。……

子どもがいる家で犬を飼った方がよい4つの理由とは?

現在、ペットを飼っている人にペットを飼った理由を尋ねた複数の調査によると、「動物が好きだから」「気持ちが和らぐから」などと並んで「子どもの情操教育のため」という理由がトップ3に入っています。……

動物看護師が選ぶ!足腰が弱ってしまったペットのためのグッズ3選

犬猫が歳を重ねると、避けて通れないのは体の運動機能の低下。腕や脚の動く範囲は狭くなり、体が動かしにくく、寝ていても寝返りを打ちにくい。自宅の犬猫を愛する飼い主さんなら、その姿を見て、「少しで……

犬猫の飼い始め、まずは何をすればいいの?

犬と猫と暮らしはじめ、まず何をすればいいのかとても不安ですね。犬や猫が心地よく、静かで安心できる環境をつくり、あとは安心して慣れてくれるまで待ちましょう。消極的な方法ですが、一番無理なくいい……

【トラブルと対処方法】外出、外泊でおきた体験談。

だんだん暖かくなってきて、ペットと一緒のおでかけをする方も増えてくる季節です。今回は外出、外泊でおこったトラブルの体験談を集めてみました。獣医師さんのコメント付きなので、外出・外泊を計画中の……

あなたは犬に信頼されてる? 信頼している飼い主さんのみにする犬の行動 6選

あなたの愛犬はあなたのことを心から信頼しているでしょうか?また、家族で犬を飼っている場合は「誰が一番、信頼されているか」知りたくはないでしょうか。そんな飼い主さんのために今回は犬が信頼してい……

犬の雑学

感受性強し!!レークランド・テリアの里親になる方法と里親を探す方法

そこまでペットとしての人気は高くないものの、その洗練された外観とテクニックでドッグショーでは際立つ才能を発揮し、注目される犬種です。小柄ですが、みるからに頑丈そうな体格をしており、山岳地帯の……

正しいドッグフードの選び方!美味しく食べて犬の健康維持。

食べるものは体にそのまま現れるといわれるほど、生き物にとって食生活とは大切なものです。犬は食べ物を自分では選べません。愛犬の健康を守るためにも飼い主がしっかりと彼らにあったドッグフードを選ぶ……

犬が首をかしげる!?犬の行動とその理由について

自宅で犬を飼っていたり、外で歩いている犬を見かけたりする時に「あれ?なんであんな行動をしているのだろう?」と、私たち人間にとっては理解できない、あるいは理解しがたい行動を見る事はありませんか……

動物を虐待から守るアニマルポリスって何?

日本でも動物愛護法が改定されて愛玩動物に対する虐待や飼育放棄を罰することができるようになりましたが、海外には動物虐待や飼育放棄を取り締まり、場合によっては逮捕できるアニマルポリスが存在する国……

犬のニュース