2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬はヨーグルトを食べても大丈夫?犬にヨーグルトをあげる場合の注意点と簡単レシピ

最近、テレビの健康番組では腸内環境、腸内フローラについて盛んに取り上げられています。腸内の善玉菌を増やして腸を健康にすることは便通のみならず免疫強化にも繋がると言われています。その関係で今注目されているヨーグルトですが、犬にも与えて良いのでしょうか?今回は犬とヨーグルトについてご紹介しましょう。

ヨーグルトは犬にとってもオススメの食材

imasia_11320317_S
人間と同じように犬の腸にも善玉菌や悪玉菌が存在しています。腸内で善玉菌の量が増え、腸内環境が整うと免疫力が高まり感染症などに対する抵抗力が上がると言われています。ヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やす働きがあるため、ヨーグルトは犬にとっても健康食品であると言えるでしょう。

犬は牛乳でお腹を壊すことがあります。そのため同じ乳製品のヨーグルトも犬に良くないと思われているようですが、実は牛乳が犬を下痢にさせる原因は牛乳に含まれている乳糖が原因です。犬は体質的に乳糖を消化する酵素がないため下痢することがあるのです。しかしながらヨーグルトの場合は乳酸菌が乳糖の一部を分解しているため牛乳よりも下痢を起こす心配がありません。こうした意味でもヨーグルトは犬向きの食品であると言えましょう。

最近は乳酸菌サプリメントなどもありますが、ヨーグルトはサプリメントに比べれば安価ですし、飼い主さんが食べる時に少しおすそ分けをすると良いのではないでしょうか。

ヨーグルトを食べるとどんなメリットがあるの?

便の調子が良くなる

腸内に善玉菌が増えて悪玉菌を抑えられると腸内の環境が良くなるため下痢や便秘の改善が期待できます。また、便の臭いを抑える効果もあります。

ヨーグルトは消化を助ける

発酵食品であるヨーグルトには消化を助ける酵素がたくさん含まれています。犬は食事のメインが肉ですがヨーグルトは肉の消化にも良いとされています。

ヨーグルトにはカリウムやビタミンがたくさん

ヨーグルトにはタンパク質のみならずカリウム、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2などが豊富に含まれています。いずれも犬の健康には欠かせない栄養分です。

ヨーグルトを食べさせる際の注意点

体質にあっているかどうかチェックしてから

愛犬にヨーグルトを食べさせる際にはまずヨーグルトが体に合っているかどうか確認することが大切です。犬によっては少しの乳糖でも下痢をする場合がありますし、ヨーグルトにアレルギーがある犬もいます

最初に犬に与える際には少しずつ与えて様子を見ることが大切です。ヨーグルトを食べた直後のみならず1日~2日間は便の様子を確認しましょう。

ヨーグルトを選ぼう

ヨーグルトにはさまざまな種類がありますが、加糖タイプは避けた方が良いでしょう。また、体重オーバーが気になる犬には脂肪分0のタイプがオススメです。
ヨーグルトは種類によって入っている乳酸菌の種類が違いますので、同じものばかりではなく違うタイプを色々と与えるのがいいかもしれません。

冷たいままはNG。できれば室温ぐらいに

ヨーグルトを食べさせる際には冷たいまま与えるのはやめ、室温ぐらいまでに戻しておくと良いでしょう。特に秋から冬に掛けての季節、または小型犬などは体を冷やさないよう注意することも大切です。

ヨーグルトを食べさせるなら手作りメニューがオススメ

ヨーグルトはそのままでも犬の嗜好と健康に適した食材ですが、手作りメニューに取り入れれば食事の幅も広がります。ヨーグルトは肉を柔らかくする働きもありますので生肉レシピに混ぜるのも良いでしょう。

乳酸菌は生きて腸まで届くタイプが一番良いのですが、最近の研究で死んでしまっても食物繊維として腸内の悪玉菌を体外に排出する役割があることが分かってきています。ヨーグルトを生のまま使うのはもちろんのこと、火を加えるメニューにも使ってみてはいかがでしょうか。

関連するレシピ

 

ヨーグルトを取り入れて飼い主さんも犬も健康に

Woman sitting on a sofa taking a photo of themselves at home in the living room
多くの医師が自らの健康法のひとつとして取り入れていると言われるヨーグルト。体質に合いさえすれば犬にとっても良い食品ですので上手に食事に取り入れましょう。

犬はそんなに量を食べられるわけではありませんので、購入したら飼い主さんも一緒にヨーグルトを食べて新しいうちに食べきるのがオススメです。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬はブルーベリーを食べても大丈夫?犬にブルーベリーをあげる場合の注意点と簡単レシピ

眼に効くサプリメントの材料として最近注目されているブルーベリー。お菓子やジャムなどで使うことが多いようですが、そのままでも甘くて美味しい果実です。生のブルーベリーが入手できた時、犬にあげても……

犬に必要な栄養

ペットフードの総合栄養食ってどんな意味? 総合栄養食と一般食の違いとは?

ペットフードを見ると「総合栄養食」「一般食」などの記載があります。一体、総合栄養食とはどういう意味なのでしょうか?一般食と何が違うのでしょうか?今回は、ペットフードの基準についてご紹介します……

犬の食事の基礎

ペットシッターを上手に利用しよう。いいペットシッターの選び方。

ペットを置いて数日家を空ける場合、ペットホテルや動物病院に預ける人が多いようですが、ペットによってはペットシッターに依頼する方が良い場合もあります。 ペットが人見知りだったり、猫のよう……

犬のストレス

【獣医師監修】犬は柿を食べても大丈夫?犬に柿をあげる場合の注意点と柿を使ったレシピ

秋を代表する果物、柿。栄養豊富な柿は昔から「柿があれば医者はいらない」と言われ、珍重されてきましたが、犬にとっても良い果物なのでしょうか?今回は柿を犬に食べさせても良いのかどうか調べてみまし……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬は桃を食べても大丈夫?犬に桃をあげる場合の注意点と簡単レシピ

軟らかい果肉にあふれそうな果汁。桃は初夏の限られた時期にしか食べられない季節感あふれる果物ですが、犬と一緒に桃を楽しんでも良いのでしょうか?食べさせるとしたら皮ごとでも大丈夫?今回は犬に桃を……

犬のおやつ