2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬の心筋炎〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬の心筋炎は、様々な原因で起こります。しかし、異常の起きる器官が心臓ゆえに、進行すると、呼吸困難や不整脈、失神など、命に関わる危険な症状を引き起こします。普段から犬の心臓の音や胸の動き、呼吸をチェックしたことはありますか?犬の心筋炎の原因と症状、そして普段から気をつけるべきことを覚えておきましょう。

 

犬の心筋炎の原因

犬の心臓は規則正しく伸縮することで、血液を体全体に送り出すポンプの働きをしています。心臓が血液を送り出すポンプ機能は心臓の筋肉である心筋の働きによるものですが、なんらかの理由でこの心筋に炎症が起きてしまった状態を「心筋炎」と呼びます。

傷や感染によって起る心筋炎

犬の心筋炎は、様々な原因で起こります。例えば、なんらかの事故などで、心筋に傷がついてしまい炎症が起きることで不整脈などの症状が現れます。また、細菌やウイルス、原虫などに感染することによって心筋に炎症が起きることもあります。

毒などによって起る心筋炎

子犬や高齢の犬、病気などで免疫力が落ちていると、心筋炎が進行してしまうこともあります。その他、薬剤や金属、ヘビやスズメバチなど生き物の毒によって心筋炎を発症してしまうこともあります。

犬の心筋炎の症状

なんらかの原因で心筋炎を起こしている場合は、不整脈や頻脈、場合によっては失神などの症状が現れます。命の危険につながる為すぐに動物病院での処置が必要になります。

パルボウイルス感染症の場合

子犬の心筋炎で特に注意したいものに、パルボウイルス感染症による心筋炎があります。

パルボウイルスには、ひどい下痢を起こす腸炎型のほかに突然死につながる心筋炎型があります。元気だった子犬が突然呼吸困難を起こしたり悲鳴をあげるなど、急な症状が現れます。そして数十分から数時間以内に急死してしまうことも多くあります。

心筋炎が進行している場合

なんらかの感染症が原因で心筋炎になってしまった場合は、元気がなくなり、発熱、食欲不振などの症状も現れます。

また、咳をしたり、呼吸困難、不整脈を起こすことも感染性心筋炎の代表的な症状です。実際はすでに不整脈が起っていても気づかずに、運動をしていて、急にぐったりするといったこともあります。

 

犬の心筋炎の対策

心筋炎になっている場合は、まずは、その原因にあった薬での治療が必要になります。また、場合によっては、手術を行ったり、ペースメーカーを入れることもあります。しかし、すでに進行していると、対処療法のみになってしまうことも少なくありません。

ワクチン接種を行うこと

子犬の心筋炎で注意したいパルボウイルス感染症にかかってしまうと、死の可能性がとても高くなってしまいます。まずは、生後数週間のうちに、しっかりとワクチンをうっておくことが大切になります。適切な時期にワクチン接種を行うことが大切ですが、ペットショップやブリーダーから購入する場合は、注射済であることをしっかり確認するようにしましょう。

普段の生活で気をつけること

興奮して心臓に負担をかけないように、運動を制限したり、食事バランスに気を配ることも大切です。普段から犬の脈を測ることで不整脈などの症状がないかチェックしたり、定期的に動物病院で検診を受けるなど、事前に対策をしておくこともよいでしょう。

また、中毒性のある物には近づかない、散歩の際も気を配るようにしましょう。

まとめ

犬の心筋炎の原因には、怪我や感染症、中毒症状など様々なものが挙げられます。普段から、犬の脈や呼吸に気を配り、正常値を計測しておくことも万が一の時に役立ちます。

心筋炎が進行していくと、なんだか元気がないと感じた時にはすでに不整脈が起きているという場合もあります。ワクチン接種と定期的な健康診断を行い、心筋炎を予防していきましょう。

 
 

関連カテゴリ