2015年11月28日更新

【獣医師監修】犬の溶血性貧血〜原因・症状と対策

犬の体に酸素を送る役割をしている赤血球が破壊されてしまうと、酸素が体に行き渡らず、様々な症状が現れます。予防と早期発見が大切な溶血性貧血ですが、そのまま放置しておくと、酸素不足によって死亡率も高くなります。様々な原因で起る溶血性貧血の症状を把握し、愛犬の異変に気づいたら早めに獣医師に相談しましょう。

犬の溶血性貧血の原因

犬の全身に流れる血液の中で、酸素を送る大切な役割をしているのが、赤血球です。しかし、この赤血球がなんらかの原因で破壊されてしまうことを溶血と言います。

この溶血によって酸素の運び手である赤血球が不足してしまう病気を溶血性貧血と呼びます。

犬の自己免疫性溶血性貧血

犬の溶血性貧血の原因はいくつかありますが、自己免疫性溶血性貧血というものがあります。

これは白血球が自分の赤血球を攻撃してしまうことで起ります。もともと、この、自己免疫性溶血性貧血を遺伝的に起こしやすい犬種はすでにわかっており、アイリッシュセッター、コリーなど、いくつかの犬種があげられます。

様々な原因で起る溶血性貧血

その他、タマネギなどに含まれる成分によって起る溶血性貧血や、犬レプトスピラ症などの感染症、なんらかの外傷によって溶血性貧血を起こす場合もあります。

犬の溶血性貧血の症状

犬の溶血性貧血の症状は、比較的軽い時は、元気や食欲が無いというくらいです。いつもは散歩や遊びが大好きだった犬でも、運動すること自体を嫌がるようになってしまうことがあります。

徐々に症状が悪化していくと、黄疸が出るようになったり、口の中を見て、歯茎が白くなるなど様々な症状が現れます。

重度の症状が出る場合

赤血球は、本来は全身に酸素を送りだす役割をしています。しかし、その酸素が体に行き渡らない状態になってしまう為、呼吸が荒くなったり、心拍数が上がったりします。さらには、肝臓、腎臓、脾臓、リンパなど全身の機能が低下し、心不全を起こすこともあります。

タマネギや薬品、ヘビの毒など、なんらかの理由で溶血性貧血が急激に起った場合は、特にその症状の進行も早い為、すぐに動物病院で診てもらう必要があります。

犬の溶血性貧血の対策

貧血になった場合、安静にした状態で内科治療を行います。また、その原因が異物や薬品などわかっている場合はそれを取り除く治療や、場合によっては輸血や外科手術などが行われます。いずれにしても命に関わるため、体の酸素飽和状態を、動物病院でチェックしながらの治療になります。

日常生活での注意

犬の自己免疫性溶血性貧血の場合、放っておくと原因がわからないまま進行していき、気づいた時には数週間で亡くなってしまうというようなケースもあります。普段から犬の健康状態をチェックし、定期的に健康診断を受けるなどして予防に努めることが大切です。

ネギ類による中毒やなんからの薬物によって起る溶血性貧血を防ぐ為には、誤飲誤食をさせないように普段から気をつけましょう。直接、ネギ類を口にしなくても、ネギの入った味噌汁やにんにくやしょうがなどで起きてしまうこともありますので、十分注意が必要です。

まとめ

犬の溶血性貧血は、初期の段階では症状も軽く、気づくことが遅れてしまいがちです。しかしながらそのままにしておくとどんどん進行し、ある日重篤な全身症状が現れます。これは酸素が体の中に足りていないために起こる状態で、非常に危険なものです。

遺伝性のものもあることから、定期的な健康診断を行うこと、その上でなんらかの異変を感じたら早めに獣医師に相談するようにしましょう。また、誤飲誤食の中毒によって溶血性貧血が起らないよう、犬が食べてはいけない物や危険な物の管理には十分注意しましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬と一緒に行きたいこだわりのドッグカフェ ~ 福岡編

犬を飼う楽しさのひとつは、一緒に外出してお出かけを楽しめることでしょう。散歩する時以外にも愛犬と外出する機会が多いという飼い主さんにとってドッグカフェはなくてはならない場所になっているのでは……

子どもがいる家で犬を飼った方がよい4つの理由とは?

現在、ペットを飼っている人にペットを飼った理由を尋ねた複数の調査によると、「動物が好きだから」「気持ちが和らぐから」などと並んで「子どもの情操教育のため」という理由がトップ3に入っています。……

愛犬・愛猫をお留守番させるとき…なるべく負担を少なくするためには?

犬や猫と暮らしているとお留守番をしてもらうことがとても心配になりますね。そんなときどうしたらいいか、ペットホテルを利用したほうがいいのか、それともシッターさんにお願いしたらいいのか、まとめて……

アメリカ生まれ「アーテミス」のドッグフードとは?

ペット大国アメリカにはペットフードに対して厳しい規制があります。アメリカではUSDA(米国農務省)*1、FDA(米国食品医薬品局)*2、AAFCA(米国資料検査官協会)*3の3つの政府機関が……

【注目!】猫用 歯磨きグッズおすすめ10選

歯周病を放置しておくと、普通はあまり口臭がない猫でも臭いがひどくなったり、全身麻酔で抜歯をしなければならない状態になりかねません。 虫歯にはなりにくいものの、歯周病には気を付けてあげね……

【動物看護士が解説】困ったあの症状に役立つのは、薬じゃなく食事?

病気というほどではないけれど、気温の変化でお腹の調子を崩したり、猫であればお腹に毛玉が溜まってしまったり。避妊去勢手術をしたら、丸々と太ってしまった、なんてことありませんか?もしかしたら、食……

犬を飼いたい!でもその前に自分自身が本当に犬を飼えるのか考えてみませんか?

「仕事で日中は留守にしているけれど、犬を飼いたい」と考えている人はいませんか?犬を飼うことは生活に楽しみや潤いをもたらしてくれますが、とても大きな責任と覚悟を必要とします。安易な気持ちで飼い……

江戸時代のペット愛護法?犬公方 徳川綱吉の「生類憐みの令」の驚く内容

犬を保護する政策で犬高公方とも呼ばれた徳川幕府5代将軍綱吉。歴史の教科書には必ず登場しますので、知っている人も多いことでしょう。人間より犬を大事にし人々を苦しめた将軍というイメージがある綱吉……

犬のニュース

【手作りごはん】愛犬・愛猫のための冬至&クリスマスレシピ5選☆彡

愛犬も大切な家族だからこそ、イベント事を一緒に楽しみたいですよね!今回は冬至とクリスマスを一緒に楽しむための手作りごはんレシピをまとめてご紹介します♪ 冬至にぴったりな『かぼちゃ』を使った……

愛犬のための手作りごはん教室を開催!見た目も可愛いワンコごはんが完成♪

10月18日、講師に犬ごはんの料理教室【wanbino】を主宰している水野雪絵先生をお招きし、『愛犬のためのワンコイン料理教室』を開催しました!! 犬や猫の平均寿命が30年前と……

【動物看護師が徹底解説!】動物病院にペットを連れて行くときにおすすめのキャリー

犬猫をお出かけや、動物病院に連れて行く際に必要になるキャリー。布やプラスチック、様々な種類や形があり、購入する際に悩んでしまう飼い主さんも多いでしょう。それぞれのキャリーにメリット、デメリッ……

動物看護師が選ぶ!足腰が弱ってしまったペットのためのグッズ3選

犬猫が歳を重ねると、避けて通れないのは体の運動機能の低下。腕や脚の動く範囲は狭くなり、体が動かしにくく、寝ていても寝返りを打ちにくい。自宅の犬猫を愛する飼い主さんなら、その姿を見て、「少しで……

初めて犬を飼う方に 子犬の飼い方・しつけ方

犬を飼うまで 犬を飼うということは、一生面倒をみるということです。食事や散歩だけでなく、排泄物の処理やしつけ、病気にかかったときには動物病院へ連れていかなければいけません。動物を飼うという……

むやみに触ってはいけない? 獣医師に聞いた犬・猫の「しっぽ」のヒミツ

犬や猫の「しっぽ」は、ヒトにはないだけに謎の器官です。子どもの頃、よく大人から「犬・猫のしっぽをさわったらダメ」と言われたものですが、何か理由があるのでしょうか。獣医師で、とよす動物病院(東……

猫の雑学

大切なペットと『ちがう時間の流れ』で生きていることを感じられる定規。

大人になって様々なことが理解できるようになると、一緒に生活しているペットたちが自分と『ちがう時間の流れ』で生きていることが分かります。犬はだいたい15歳、猫はだいたい20歳が寿命だと言われて……