2015年12月8日更新

【獣医師監修】犬はメロンを食べても大丈夫?犬にメロンあげる場合の注意点と簡単レシピ

ギフトとしても使われ贅沢な果物のイメージがあるメロン。甘みのある芳醇な味はもちろん、香りも良いため興味をもつ犬もいるでしょう。そばに寄って来て鼻をヒクヒクさせたりしますね。「そんなに食べたいなら一口あげようか」と思うかもしれませんが、そもそも犬にメロンをあげても良いのでしょうか。今回は犬にメロンをあげても大丈夫なのかどうか調べてみました。

犬はメロンを食べても大丈夫


ビタミンC、葉酸、カリウムなどが豊富に含まれているメロン。他にもビタミンB6、ビタミンB1、モリブデンなどビタミンやミネラル類がバランスよく含まれていますが、いずれも犬の健康にはプラスになる成分ですので、メロンを食べさせても問題はありません。愛犬が好きなのであればたまにご褒美としてあげても良いのでしょう。

メロンを食べるとどんな効用があるの?

ビタミンCが健康を全面的にバックアップする

メロンに含まれている成分の中で最も多いのがビタミンC。ビタミンCにはコラーゲンを作る働きがありますので丈夫な軟骨、腱を保つのに欠かせませんし、抗酸化作用があるため免疫力の強化にも役立ちます。

犬はビタミンCを体内で生成することができますが、高齢の犬や病気などでストレス状態にある犬の場合は生成できる量では足りないこともあります。ビタミンCは積極的に摂取した方が良い栄養分ですので、メロンもビタミンCを補うのににプラスとなるでしょう。

カリウムで丈夫な筋肉を作る

メロンにはカリウムも多く含まれています。カリウムは細胞中の液に多く含まれ、細胞の外の水分(細胞外液)にあるナトリウムとバランスをとりながら代謝や神経活動などさまざまな生体機能を支えています。

カリウムが不足すると脱力、神経過敏、不整脈などを発症する可能性がありますので必要量を正しく摂取する必要があります。メロンのようなカリウム豊富な食品をうまく食事に取り入れればカリウム不足を防ぐことができるでしょう。

食物繊維が腸内を健康にする

メロンには食物繊維であるペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは腸内の悪玉菌を体外に排出し、便秘を予防する働きがあります。腸内を健康にすることは免疫力をあげることにつながります。

メロンを犬にあげる時に注意したいこと

メロンに犬に有害な成分の含まれていないからと言って、与えすぎは禁物です。あげすぎれば下痢をする可能性もあります。適切な量をおやつ程度にあげるようにしましょう。また、メロンは糖度の高い果物ですが一切れ、二切れあげる分には肥満を心配する必要はないでしょう。

ただし、メロンに含まれるククミシンと呼ばれるタンパク質分解酵素の影響で喉がイガイガしたり舌がピリピリすることがあるようです。そのため、食べさせた後は犬の様子を観察するのが安全です。
また外皮は固く消化に悪いので犬には皮を除いた状態であげるようにしましょう。

メロンを食べさせるなら手作りメニューがオススメ

メロンはカットしてそのまま食べることが多い果物ですので犬にもそのままあげる飼い主さんが多いと思いますが、メロンに含まれるタンパク質分解酵素の働きを手作り食に利用しても良いでしょう。

肉メニューに混ぜたりトッピングすれば見た目が彩り豊かになるだけでなく、肉が柔らかくなった消化に優しいメニューが作れます。

メロンのもつ力を犬の健康に活かそう

King Charles Spaniel dog portrait
甘くてジューシーなメロンを好む犬は少なくありません。栄養的には問題がありませんので犬の様子を見ながら、適切な量を与えて犬の食生活に彩を添えてあげても良いでしょう。ジャンキーなおやつよりはメロンの方がヘルシーで良いといえるのではないでしょうか。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬は納豆を食べても大丈夫?犬に納豆をあげる場合の注意点と簡単レシピ

最近、テレビ番組などで盛んに取り上げられている発酵食品。納豆はその代表格として注目されています。もし犬にも食べさせられるなら納豆の力を犬の健康にも役立てたいところですが・・・果たして納豆は犬……

犬のおやつ

犬のしつけ・トレーニングをする際に効果的なご褒美の与え方

新しい行動を犬に教える時(トレーニングをする時)にはご褒美がとても有効です。私たち人間がそうであるように、犬も報酬が出ることに対してはモチベーションが上がるのです。そこで今回は、どのようにご……

犬のしつけの基礎

ペットシッターを上手に利用しよう。いいペットシッターの選び方。

ペットを置いて数日家を空ける場合、ペットホテルや動物病院に預ける人が多いようですが、ペットによってはペットシッターに依頼する方が良い場合もあります。 ペットが人見知りだったり、猫のよう……

犬のストレス

【獣医師監修】犬はきゅうりを食べても大丈夫?犬にきゅうりをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダに欠かせない野菜、きゅうり。夏の野菜ですが1年中売り場に並んでいるため私たち人間にとっては食べる機会の多い野菜でしょう。ところできゅうりは犬に与えても良いのでしょうか。今回は犬にきゅう……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬は枝豆を食べても大丈夫?犬に枝豆をあげる場合の注意点と簡単レシピ

ビールのおつまみとして不動の地位に君臨する枝豆。枝豆をおつまみに飲んでいたら、犬が来て枝豆をおねだり。こんな時、犬に枝豆をあげてもよいのでしょうか。今回は犬に枝豆を与えても良いのかどうかにつ……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は玉ねぎを食べても大丈夫?犬に玉ねぎをあげると中毒になる危険性が!

飼い主さんの食べ物をこっそり食べてしまう犬、結構多いですよね。匂いを嗅いで美味しそうだとパクッと口に入れてしまうので止める隙もありません。そんな調子でもし犬が玉ねぎを食べてしまったらどうなる……

ドッグフード

正しいドッグフードの選び方!美味しく食べて犬の健康維持。

食べるものは体にそのまま現れるといわれるほど、生き物にとって食生活とは大切なものです。犬は食べ物を自分では選べません。愛犬の健康を守るためにも飼い主がしっかりと彼らにあったドッグフードを選ぶ……

【獣医師監修】犬は豆腐を食べても大丈夫?犬に豆腐をあげる場合の注意点と簡単レシピ

上質なタンパク質が摂取でき、低カロリーである点から、今や海外でも注目されている豆腐。人間にとっては健康に良い素晴らしい食品ですが犬が食べても人間と同じようなメリットが得られるのでしょうか?今……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はヨーグルトを食べても大丈夫?犬にヨーグルトをあげる場合の注意点と簡単レシピ

最近、テレビの健康番組では腸内環境、腸内フローラについて盛んに取り上げられています。腸内の善玉菌を増やして腸を健康にすることは便通のみならず免疫強化にも繋がると言われています。その関係で今注……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はパイナップルを食べても大丈夫?犬にパイナップルをあげる場合の注意点と簡単レシピ

南国の果物の王様パイナップル。最近では比較的安く生のパイナップルが店頭に並ぶようになって自宅でカットして食べることも増えたのではないでしょうか?ところでパイナップルは犬にあげても健康に害はな……

ドッグフード

犬のトレーニングで『おやつ』が大活躍!おやつ活用術。

突然ですが、犬に“おやつ”を与えていますか?犬も人間と同じで、栄養やエネルギーを摂取するという目的ならフードで十分です。しかし、“しつけトレーニング”を行う場合にはおやつがとても効果を発揮し……

犬のしつけの基礎

【獣医師監修】犬はメロンを食べても大丈夫?犬にメロンあげる場合の注意点と簡単レシピ

ギフトとしても使われ贅沢な果物のイメージがあるメロン。甘みのある芳醇な味はもちろん、香りも良いため興味をもつ犬もいるでしょう。そばに寄って来て鼻をヒクヒクさせたりしますね。「そんなに食べたい……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はイカを食べても大丈夫?~食べても中毒にはならないが食べない方が良さそう

噛みごたえがあり、タンパク質も豊富なイカ。生で食べても調理しても美味しいですが、犬に食べさせても良いかどうかについては諸説あるようです。猫の場合はイカを食べると腰が抜ける言われていますが、犬……

ドッグフード

【獣医師監修】犬はりんごを食べても大丈夫?犬にりんごをあげる場合の注意点とりんごを使ったレシピ

季節に関係なく1年中売り場に並ぶりんご。りんごの香りは人にはリラックス効果があり、寝る時に枕元に置くと寝つきが良いとも言われています。味も香りも極上のりんごですが犬にとっても良い効果の期待で……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はブロッコリーを食べても大丈夫?犬にブロッコリーをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダ、炒め物、シチュー、肉料理の付け合せなど、いろいろな料理に使えて野菜としての存在感も抜群のブロッコリー。花のつぼみなだけに栄養も豊富ですが犬に食べさせても良いのでしょうか?今回はブロッ……

犬のおやつ