2015年12月8日更新

【獣医師監修】犬はきゅうりを食べても大丈夫?犬にきゅうりをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダに欠かせない野菜、きゅうり。夏の野菜ですが1年中売り場に並んでいるため私たち人間にとっては食べる機会の多い野菜でしょう。ところできゅうりは犬に与えても良いのでしょうか。今回は犬にきゅうりをあげても良いのかどうかご紹介しましょう。

犬はきゅうりを食べても大丈夫

素材_ad2f68d8b5bf151434c1b4b5049942b7_s
きゅうりは栄養豊富な野菜ではありませんが、ビタミンK、ビタミンC、モリブデン、銅などが含まれています。いずれも犬にとって危ない成分ではありませんので犬に食べさせても問題はありません。

カロリーも1本あたり約14kcalと低カロリーで95%が水分ですので肥満タイプの犬でも気にせずに与えることもできます。最近ではきゅうりにホスホリパーゼという酵素が含まれていることが注目されていますが、キュウリパワーはむしろこの酵素にあると言ってよいのかもしれません。

きゅうりを食べるとどんな効用があるの?

ホスホリパーゼで脂肪を減らす

ホスホリパーゼという酵素には脂肪分を分解する働きがあると言われています。最近ではこの酵素に目をつけて「きゅうりダイエット」を推奨する本も登場しました。(もちろん、人間用ですが)

肥満体質の犬やつい食べ過ぎてしまう犬にはホスホリパーゼがダイエットを助けてくれる可能性があります。

ビタミンKで丈夫な骨を目指す

きゅうりに一番多く含まれているビタミンはビタミンKです。ビタミンKには骨にカルシウムを沈着させて丈夫な骨を作る働きがあります。また骨のもととなっているコラーゲンとカルシウムを結びつけ、カルシウムが溶け出すのを防ぐ働きもあります。

人間の医療では骨がスカスカになる骨粗しょう症の治療にビタミンKを用いるケースもありますので高齢の犬には有効な栄養素といえるでしょう。

きゅうりを犬にあげる時に注意したいこと

きゅうりの酵素の力を有効活用する一番良い方法は生のまま与えることで、しかもすり潰して食べることだと言われています。

ベストな方法はジューサーで液状にすり潰す方法ですが、通常の高速回転のジューサーだとすっているいる間に熱が加わって酵素の働きがなくなります。もし、ご家庭にあるようなら低速ジューサーで絞った汁を使うのがオススメです。

あまり知られていないことですが、きゅうりに含まれているアスコルビナーゼという成分には、ビタミンCを破壊する酵素が含まれています。犬はビタミンCを体内で生成することができますが、高齢犬や病気の犬は通常よりも多くのビタミンCを必要としています。せっかくのビタミンCをきゅうりの酵素で壊してしまわないよう注意が必要です。お酢につけるとアスコルビナーゼがビタミンCを破壊する働きが弱まりますのでリンゴ酸などを少し加えるのがオススメです。

もちろん、前提として一度に摂る量をコントロールすることも大切です。きゅうりには体を冷やす働きがありますし、そもそもきゅうりに対してアレルギーをもっている犬がいないとも限りません。わずかな量からまず始めて、与えた後は必ずしばらく犬の様子を観察するのが良いでしょう。

また、きゅうりは水分を多く含む野菜ですので、与えすぎは下痢の原因になります。くれぐれもあげすぎないように注意しましょう。

きゅうりを食べさせるときの一工夫

きゅうりはそのまま生で食べてももちろん問題はありませんが、きゅうりの力を利用するためにはひと手間加えることが大切です。前の項でご紹介したように擦る、リンゴ酸を入れるなどして手作りメニューに上手に取り入れるのがオススメです。

関連するレシピ

きゅうりのもつ力を犬の健康に活かそう

imasia_3389086_S
馴染み深い存在であるにもかかわらず、世界一、栄養分が少ない野菜として若干、軽視されがちなきゅうり。酵素の働きを上手に利用すれば犬の健康に役立つはずです。せっかく食べさせるなら飼い主さんのひと手間できゅうりパワーを有効に利用しましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬は桃を食べても大丈夫?犬に桃をあげる場合の注意点と簡単レシピ

軟らかい果肉にあふれそうな果汁。桃は初夏の限られた時期にしか食べられない季節感あふれる果物ですが、犬と一緒に桃を楽しんでも良いのでしょうか?食べさせるとしたら皮ごとでも大丈夫?今回は犬に桃を……

犬に必要な栄養

ペットフードの総合栄養食ってどんな意味? 総合栄養食と一般食の違いとは?

ペットフードを見ると「総合栄養食」「一般食」などの記載があります。一体、総合栄養食とはどういう意味なのでしょうか?一般食と何が違うのでしょうか?今回は、ペットフードの基準についてご紹介します……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬はきゅうりを食べても大丈夫?犬にきゅうりをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダに欠かせない野菜、きゅうり。夏の野菜ですが1年中売り場に並んでいるため私たち人間にとっては食べる機会の多い野菜でしょう。ところできゅうりは犬に与えても良いのでしょうか。今回は犬にきゅう……

犬のおやつ

ペットフードと手作りフードどちらを選ぶ?獣医師が教えます!

愛犬や愛猫の主食には何を与えていますか?何かと便利なペットフードを与えている人もいれば、手間隙かけた手作り食を与えている人もいるでしょう。今回のテーマは、手作り食とペットフード、それぞれの良……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬はさつまいもを食べても大丈夫?犬にさつまいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

さつまいもと言えば焼き芋、てんぷら、お菓子などメニューのバリエーションが多彩。甘みがありホクホクしていてまさに大地の恵みという感じがします。 お菓子のように甘いので当然、好きな犬も多い……

ドッグフード

【獣医師が解説】犬のごはんは何時に与えるもの?

愛犬と健康的な暮らしを送るには、規則正しい生活習慣がとても大切です。なかでも、健やかな体作りにはきちんとした食生活が欠かせません。今回のテーマは、健康を維持するために大切な「犬の食事の回数と……

犬の食事の基礎

愛犬ご飯のトッピングに挑戦!元気の三原則とその与え方

犬のご飯はドッグフードのみという方は少なくはないでしょう。しかし、ドッグフードだけでは摂取できない栄養もあります。 そこで今回は元気の三原則とその与え方を紹介します。 元気の三原則 ……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はブロッコリーを食べても大丈夫?犬にブロッコリーをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダ、炒め物、シチュー、肉料理の付け合せなど、いろいろな料理に使えて野菜としての存在感も抜群のブロッコリー。花のつぼみなだけに栄養も豊富ですが犬に食べさせても良いのでしょうか?今回はブロッ……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はヨーグルトを食べても大丈夫?犬にヨーグルトをあげる場合の注意点と簡単レシピ

最近、テレビの健康番組では腸内環境、腸内フローラについて盛んに取り上げられています。腸内の善玉菌を増やして腸を健康にすることは便通のみならず免疫強化にも繋がると言われています。その関係で今注……

犬のおやつ

ペット用のおやつ、添加物やカロリー塩分など気をつけるべき点は?【動物看護師が徹底解説】

最近では食品や化粧品、日用品に”オーガニック”とつく品物が増えて来ましたね。ナチュラル志向で、添加物や化学物質をなるべく避けたいと思う人々の間で流行しています。大切な愛犬や愛猫のためを想って……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬は豆腐を食べても大丈夫?犬に豆腐をあげる場合の注意点と簡単レシピ

上質なタンパク質が摂取でき、低カロリーである点から、今や海外でも注目されている豆腐。人間にとっては健康に良い素晴らしい食品ですが犬が食べても人間と同じようなメリットが得られるのでしょうか?今……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はみかんを食べても大丈夫?犬にみかんをあげる場合の注意点とみかんを使ったレシピ

冬はみかんの季節。冬になるとテーブルの上に籠にいれたみかんを置いておくという家庭は多いと思います。犬はみかんを好んで食べるイメージはあまりありませんが、実際にはみかんが好物だという犬もいるよ……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はメロンを食べても大丈夫?犬にメロンあげる場合の注意点と簡単レシピ

ギフトとしても使われ贅沢な果物のイメージがあるメロン。甘みのある芳醇な味はもちろん、香りも良いため興味をもつ犬もいるでしょう。そばに寄って来て鼻をヒクヒクさせたりしますね。「そんなに食べたい……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はかぼちゃを食べても大丈夫?犬にかぼちゃをあげる場合の注意点と簡単レシピ

栄養満点でおかずにもお菓子にも使われるかぼちゃ。甘みがあるので犬も喜んで食べてくれることが多いようですが、そもそも犬にかぼちゃをあげても大丈夫なのでしょうか。今回は犬にかぼちゃをあげても良い……

ドッグフード

病院に行きたがらない猫を病院に連れて行く方法はあるの? 病院嫌いの猫への対応について。

病院が好きな人はいないと思いますが、猫の場合、好き嫌いで済まないケースもあります。 ケージにどうしても入ってくれなかったり、病院に着いても猛攻撃で触らせてくれなかったり。理屈で説得でき……

犬のストレス