2015年12月1日更新

【獣医師監修】秋の味覚・サンマを犬に食べさせても大丈夫?犬にさんまを与える際の注意点は?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬に肉はよく聞くイメージですが、魚はどうでしょうか。たとえば秋の味覚の代表・サンマを旬の時期に犬と一緒に楽しめたら嬉しいですよね。それでは果たして、犬にサンマを食べさせても大丈夫なのでしょうか?

 

犬はサンマを食べても大丈夫?

結論から言うと、大丈夫です。

一般的に、犬は「肉食寄りの雑食」といわれています。これは、肉食であった狼から、現在の犬へと進化していく中で、人間に飼育される環境に適応し、雑食化したという説からきています。種によっては狼も魚を食べますし、雑食化した犬の体にも魚肉は適しているといえるでしょう。

栄養面から見ると、魚は犬にオススメの食材です。生で食べることもできますし、サンマは調理法によっては骨ごと食べることができるので、お得な食材といえるでしょう。

栄養たっぷり!サンマの効果


サンマには体をつくるための良質なたんぱく質が多く含まれています。これらは人間の体はもちろん、犬の体を作るもととなる大切な栄養素です。大事な愛犬の体だからこそ、質の高いたんぱく質を摂ってほしいところです。

また、サンマからは必須脂肪酸であるリノレン酸も摂取することができます。必須脂肪酸とは「体内ではつくれないため、食物から摂取することが必要」な脂肪酸のことです。生きるうえで不可欠な栄養素なので、市販のドッグフードなどにも「必須脂肪酸配合」と記されたパッケージもあるほど、重要視されています。

さらに、サンマは骨が比較的細いため、柔らかく調理すれば骨ごと与えることもできます。圧力鍋でじっくり煮ましょう。骨ごと食べることで、カルシウムも摂取できるので、一石二鳥です。

関連するレシピ

 

 

注意!あげる前に一手間


犬にサンマをあげる前に、注意していただきたいことのひとつが、寄生虫対策です。新鮮な生のサンマを与える場合、もしくは生のサンマを調理して与える場合、寄生虫を死滅させておくことが必須となります。

方法は簡単で、「マイナス20度の環境で24時間、冷凍すること」です。これにより寄生虫がその卵を含めて全滅させることができます。

また、サンマは比較的骨の処理が簡単な魚ですが、皆様もご存知のとおり、細かい骨が多いです。
この骨への対策も、犬にサンマをあげる前にぜひやっていただきたいことです。

骨を適切に処理しないと、骨が喉や内臓などに刺さる・つまるといった事故が起きる可能性があります。高齢の犬だったり、気管の細い犬種であればなおさら注意が必要です。骨対策の方法は二通りあり、取り除く方法と柔らかくする方法があります。そのときの状況によって使い分けましょう。

まとめ

たんぱく質は体の基となる大切な栄養素です。サンマは良質なたんぱく質に加え、そのほか大切な栄養を摂るのにうってつけの食材です。
寄生虫対策、骨対策をきちんとして、栄養たっぷりの良い食事をあげられたら素敵ですね。
ぜひ次の旬の季節には、犬と一緒にサンマをお楽しみください。

【獣医師監修】犬が食べて良いもの・悪いものをもっと知りたい方はこちら