愛犬をノミの被害から守る!ノミの予防と対策で快適な暮らしを。

暖かくなる季節は、愛犬と外に行く機会も一段と増えてきます。散歩で草むらの近くを通ると厄介な虫である、ノミに寄生されることがあります。その、ノミの駆除の方法と対策をご紹介します。

 

犬に寄生するノミ対策

どうやって寄生するのか?

ノミは草むらなどに住み、そのそばを通った動物の二酸化炭素などに反応し動物に飛び移り寄生しその後吸血を始めます。
また、外と内を行き来する猫などと暮らす犬の場合には、外から持ち込まれたノミが繁殖しそれが室内で犬に寄生することもあります。庭など草が生えている場所などはノミがいる可能性は高くなります。

ノミがいたらどうなるの?

噛み付かれ吸血されたことによる直接の被害のほかに、ノミによるアレルギー被害があります。ノミに噛まれたことによるアレルギー性皮膚炎は、背中に発疹が出ることが多く発疹とともに痒みが出ます。
仰向けになり背中を地面に擦り付けるような仕草をする時には、毛を掻き分け皮膚の状態を確認しましょう。ノミは目に見える虫です。犬の体に茶色い小さな虫がいればそれはノミの可能性が高いです。

駆除と対策

ノミの駆除は一般的に動物病院で購入できる駆除薬を利用することが早く効率的に行えます。ホームセンターなどで市販されている薬もありますが、効果は動物病院で購入する薬の方が高く持続性があります。特に、すでにノミがついている状態であれば市販薬ではなく動物病院の薬を利用しましょう。
また、ノミの寄生は成虫だけで幼虫やさなぎは犬の体ではなくその周りで生活します。そのため、ノミの駆除を行った場合には同時に犬が普段使うベッドやよくいる部屋にあるカーペットなどの掃除や対策も重要になります。いくら体についているノミをとっても幼虫やさなぎがいればノミのライフサイクルを断つことが出来ないからです。部屋には、ノミ駆除用の薬を利用するのも良いかもしれません。

 

ノミを駆除して快適な暮らしを!

ノミの駆除は犬はもちろん一緒に暮らす人間も快適に過ごすために必要不可欠です。お外から帰って来たときには、ブラッシングをしたり毎月のお薬を忘れずにするなどでノミは駆除・予防することが出来ます。
最近では、お散歩前に犬の体に振りかけるだけで防虫効果のあるスプレーなどもありますので、ライフスタイルに合わせて対策をしてあげるのも飼い主の大事な役割の一つです。

関連記事