2016年4月8日更新

【獣医師監修】犬はさつまいもを食べても大丈夫?犬にさつまいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

さつまいもと言えば焼き芋、てんぷら、お菓子などメニューのバリエーションが多彩。甘みがありホクホクしていてまさに大地の恵みという感じがします。

お菓子のように甘いので当然、好きな犬も多いようですが、そもそも犬にさつまいもをあげても良いのでしょうか?今回は犬にさつまいもをあげても良いのかどうかについて調べてみました。

犬にさつまいもは◎ 手作り食ではもはや定番

imasia_11725908_S
さつまいもの主な栄養分は炭水化物ですが、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。
ビタミンE、B6、パントテン酸、葉酸、ビタミンCは非常にたくさん含まれていますし、ミネラルもカリウム、銅、マンガンを始め、多くの種類がバランスよく含まれています。

栄養豊富なのに加えて犬の嗜好にもあっているため手作り食の世界ではさつまいもは定番の食材。量をコントロールしてタンパク質中心の犬の栄養バランスを崩さなければ与えても問題ありません。

さつまいもを食べるとどんな効用があるの?

ヤラピンと食物繊維が便秘を予防する

ヤラピン…あまり聞いたことがない名前ですが、さつまいもに含まれている成分です。さつまいもを包丁で輪切りにすると切り口から白い液体が染み出してきますが、これがヤラピン。糖脂質の一種ですが胃の粘膜を保護したり、腸の蠕動運動を促進する働きがあります。

さらにさつまいもには水溶性の食物繊維が豊富に含まれていますのでヤラピンとのコンビで便秘の犬には強い味方となるでしょう。

ビタミンCとEの抗酸化パワーで老化防止に

さつまいもにはビタミンCがたくさん含まれています。犬は体内でビタミンCを生成することができます。しかしストレスを感じやすい犬や、病気の犬は、より多くのビタミンCが必要となり、食べ物からも摂取する必要があります。ビタミンCには抗酸化作用がありますので老化防止にも役立ちます。

それだけではありません。さつまいもにはビタミンCと同じように抗酸化作用があり抗酸化ビタミンと呼ばれているビタミンEも豊富に含まれています。さつまいもはビタミンCとEの黄金コンビで犬の老化防止に働きます。

ビタミンB6が元気を作る

ビタミンB6はたんぱく質がエネルギーに変わる際に酵素のサポート役として働きます。たんぱく質中心の犬の食事にはビタミンB6が不可欠です。さつまいもはビタミンB6をたくさん含んでいますので肉に少し加えてあげると良いでしょう。

さつまいもを犬にあげる時に注意したいこと

さつまいもが便秘に良いことはご紹介しましたが、それも適量の場合です。柔らかくて美味しいのでついたくさん食べてしまいがちですが、適量を越えると便秘や下痢になることもありますので注意が必要です。さつまいもに限らず野菜やいも類はごはん全体の10%以下に抑えたほうが良いでしょう。

さつまいもを使ったオススメ手作りメニュー

さつまいもは生のままより蒸かしてあげる方が消化に良いでしょう。せっかく蒸かすなら手作りごはんに取り入れて犬の喜ぶ健康ごはんを作ってみてはいかがでしょうか。細かくカットしてトッピングしても良いですし、マッシュ状にして生肉と混ぜても良いでしょう。さつまいもの甘みと香りが犬の食欲をそそるはずです。

関連するレシピ

犬にさつまいもをあげる場合は工夫と知恵が必要

imasia_1745020_S
栄養豊富でそのままでも美味しいさつまいも。蒸かしてそのままあげるとどうしても食べ過ぎてしまいそうです。せっかくの栄養源も与え過ぎると逆効果になることがありますので、手作りメニューに取り入れて上手に食べさせてあげると良いでしょう。腹持ちも良いので少しでも十分満足感が得られるはずです。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

祖先が食べていた本来の食事を愛犬に!「ワイルドレシピ」、ニュートロから新発売

画像出典:@Press:アットプレス どんなに小さくて可愛くても犬は肉食動物。その祖先はオオカミのような野生動物でした。そのため野性だった頃に食べていた動物の肉や内臓から摂取するタンパク質……

ドッグフード

【ドッグトレーナーが解説】ドッグフードの保存について

湿度が一気に高くなる梅雨時期から真夏、ワンちゃんのごはんの保存はどうしていますか? この梅雨時期〜真夏にかけて、フードの保存は最も重要になってきます。 梅雨時期はジメジメして最も過……

ドッグフード

アメリカ生まれ「アーテミス」のドッグフードとは?

ペット大国アメリカにはペットフードに対して厳しい規制があります。アメリカではUSDA(米国農務省)*1、FDA(米国食品医薬品局)*2、AAFCA(米国資料検査官協会)*3の3つの政府機関が……

【獣医師が解説】犬のごはんは何時に与えるもの?

愛犬と健康的な暮らしを送るには、規則正しい生活習慣がとても大切です。なかでも、健やかな体作りにはきちんとした食生活が欠かせません。今回のテーマは、健康を維持するために大切な「犬の食事の回数と……

犬の食事の基礎

【ペット栄養管理士が指南】犬の手作りごはんを楽しむために

愛犬の食事に、簡単にできる手作りごはんを取り入れてみてはいかがでしょうか。 飼い主さんが選んだ食材を使うので安心して与えることができますし、喜んで食べてくれる愛犬が多いこともうれしいと……

犬の食事の基礎

人間が食べてもOK!? ドッグフード「DELI STYLE~愛犬のお惣菜」が全国一斉発売!

画像出典:PR TIMES 「食べたものが体を作る」と言われますが、これは人間だけではありません。犬だって食べ物次第で健康にも病気にもなるのです。最近では、フードの大切さに気付いて愛犬にこ……

犬のニュース

ペットフードと手作りフードどちらを選ぶ?獣医師が教えます!

愛犬や愛猫の主食には何を与えていますか?何かと便利なペットフードを与えている人もいれば、手間隙かけた手作り食を与えている人もいるでしょう。今回のテーマは、手作り食とペットフード、それぞれの良……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬はパイナップルを食べても大丈夫?犬にパイナップルをあげる場合の注意点と簡単レシピ

南国の果物の王様パイナップル。最近では比較的安く生のパイナップルが店頭に並ぶようになって自宅でカットして食べることも増えたのではないでしょうか?ところでパイナップルは犬にあげても健康に害はな……

ドッグフード

犬を飼ったら何が必要?犬のために買うべきアイテム、買った方が良いアイテム

初めて犬を飼う飼い主さんにとって、まず考えてしまうのが「犬のために何を買うべきなのか」ということでしょう。もちろん、リードやフードなど基本的なアイテムは思い浮かびますが、犬に快適な生活を送っ……

ドッグフード

【獣医師監修】犬はさつまいもを食べても大丈夫?犬にさつまいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

さつまいもと言えば焼き芋、てんぷら、お菓子などメニューのバリエーションが多彩。甘みがありホクホクしていてまさに大地の恵みという感じがします。 お菓子のように甘いので当然、好きな犬も多い……

ドッグフード

【動物看護士が解説】食事で肥満予防、歯石予防ができるって本当?

愛犬が太ってしまったときはダイエット、歯石が溜まってしまったときは歯磨き。なんとか改善してあげたい、と思う気持ちは山々ですが、毎日コツコツとやらなくてはいけないので少し面倒に思えたりしますよ……

ドッグフード

【獣医師監修】犬は玉ねぎを食べても大丈夫?犬に玉ねぎをあげると中毒になる危険性が!

飼い主さんの食べ物をこっそり食べてしまう犬、結構多いですよね。匂いを嗅いで美味しそうだとパクッと口に入れてしまうので止める隙もありません。そんな調子でもし犬が玉ねぎを食べてしまったらどうなる……

ドッグフード

【ドッグトレーナーはこうする!】ドッグフードジプシーからの脱却!!

ドッグフードジプシーとは? 愛犬が食べてくれるドッグフードを探しては与え、食べなくなったら別のドッグフードを探すを繰り返してしまう状態の事です。 食べてくれないのは、大きな心配要因で……

ドッグフード

【獣医師監修】犬はイカを食べても大丈夫?~食べても中毒にはならないが食べない方が良さそう

噛みごたえがあり、タンパク質も豊富なイカ。生で食べても調理しても美味しいですが、犬に食べさせても良いかどうかについては諸説あるようです。猫の場合はイカを食べると腰が抜ける言われていますが、犬……

ドッグフード

【動物看護士が解説】犬猫の療法食ってどんなもの?食べないときはどうすれば良い?

動物病院や、一部のペットショップで見ることのできる犬猫の療法食。パッケージ自体に説明書きが少なく、いまいちどんな食事なのかわかりませんよね。病院で出される食事だからなんとなく良さそう、という……

ドッグフード