2016年4月8日更新

【獣医師監修】犬はじゃがいもを食べても大丈夫?犬にじゃがいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

カレーや肉じゃが、サラダなど人間のメニューでは大活躍してくれるじゃがいも。栄養豊富で便利な食材ですが犬にあげても良いのでしょうか?今回は犬にじゃがいもを食べさせても良いかどうかについて調べてみました。

 

犬にじゃがいもをあげても良いの?

A puppy of a Pomeranian
じゃがいもの主成分は炭水化物ですが、意外にもビタミンC、B6、B1やカリウム、銅モリブデンなどのミネラルも豊富に含まれています。これらの成分は犬にとっても大切な栄養分ですので犬に食べさせても大丈夫です。

ただし、じゃがいもの芽の部分には「ソラニン」というアルカロイド系の毒素が含まれていますので犬に食べさせる前に必ず削り取る必要があります。人間用に調理する時にもじゃがいもの芽の部分をえぐって取りますよね。「ソラニン」は犬だけでなく人間にとっても毒なのです。

じゃがいもを食べるとどんな効用があるの?

じゃがいものビタミンCで老化防止に

じゃがいもに一番多く含まれているのはビタミンCですが、じゃがいものビタミンCはでんぷんに保護されるため熱に強く壊れにくい性質があります。まるごと茹でれば生の8割はビタミンCが残りますのでビタミンCの摂取源として有効に利用したいものです。

犬はビタミンCを体内で生成することができるため、あえて食事で補充しなくても良いと言われてきました。しかしながらストレスを感じやすい犬や病気を患っている犬は通常よりもビタミンCをより多く必要としています。ビタミンCが不足しがちな犬にはじゃがいもなどでビタミンCを補ってあげると良いでしょう。

ビタミンB6でエネルギー代謝を良くする

ビタミンCの次にじゃがいもに多く含まれているのがビタミンB6。ビタミンB6はタンパク質がエネルギーに変わる過程で働く酵素を助ける補酵素の役割を担っています。犬の主食はタンパク質ですので犬にとってビタミンB6は必要不可欠な栄養分と言えるでしょう。

 

じゃがいもを犬にあげる時に注意したいこと

前項でも紹介しましたが、じゃがいもの芽には「ソラニン」という毒があります。犬にじゃがいもを食べさせるときには芽の部分をしっかり取りましょう。

さらにじゃがいもはでんぷん質でカロリーが高いので、ごはん全体のカロリーバランスを考える必要があります。通常のフードのほかにじゃがいもを単純にプラスしてしまうと、カロリーオーバーになって肥満を招くことがありますので注意が必要です。

じゃがいもを食べさせるなら手作りメニューがオススメ

グレインフリーのドッグフードの中にはグレインの代わりにじゃがいもを使用している商品もあります。じゃがいもは栄養があると同時に腹持ちも良いので犬の食事に上手に取り入れてあげると良いでしょう。肉とのバランスを取りながらごはんにジャガイモをプラスすれば腹持ちもよく、栄養価の高い食事を犬にあげることができるでしょう。

関連するレシピ

じゃがいもを上手に取り入れて犬に健康で楽しい食生活を

Golden retriever
マッシュ状にして肉と混ぜたり、細かくカットしてトッピングしたり。じゃがいもは犬のレシピでも活躍してくれそうです。調理方法にのみ気をつければじゃがいもは犬にとってプラスになる食材です。上手に取り入れて犬の食生活を豊かにしてあげてください。

【獣医師監修】犬が食べて良いもの・悪いものをもっと知りたい方はこちら

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード