2015年12月16日更新

【獣医師監修】犬の高カリウム血症〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高カリウム血症とはその名の通り血液中のカリウムの濃度が高くなってしまっている状態のことを指します。カリウムは生命活動をする上で大切なミネラルのひとつとなっていますが、血中のカリウム濃度が上がり過ぎてしまうと命に危険が及ぶ可能性があります。

高カリウム血症にはいくつかの原因がありますが、中には深刻な疾患が絡んでいる場合があります。ここでは犬の高カリウム血症の原因や症状、対策についてご紹介していきます。

 

犬の高カリウム血症の原因

犬の高カリウム血症の原因はいくつかあります。中でも特に深刻なものはカリウムを体内から排出するはたらきが損なわれている場合です。

肝不全や腎不全によって内臓機能が滞り、体内のカリウムを体外に排出することができなくなっている可能性があります。そのような場合は命に関わるリスクが非常に高いので早急に対処してあげてください。

またカリウムを過剰に摂取したときにも高カリウム血症を引き起こす可能性があります。カリウムを排出する量を摂取量が上回っていると高カリウム血症になる場合があるので注意してください。

特にカリウムを多く含んでいる食品は味噌や納豆などの大豆食品、アボカドやホウレンソウ、パセリなどの野菜です。以上のような食品は与えすぎないように配慮してあげましょう。

犬の高カリウム血症の症状

犬の高カリウム血症の症状は筋力の低下や四肢の痺れ、吐き気、不整脈などです。筋力の低下や四肢の痺れによって歩様が乱れていたら高カリウム血症を疑ってください。

また不整脈は脈のリズムが不規則になっている状態のことを指し、ひどい場合には心停止に至ることがあります。高カリウム血症が主に影響を及ぼす対象は心臓です。心臓は生命活動をつかさどる最も重要な器官のひとつなので早急に対処してあげる必要があります。

 

犬の高カリウム血症の対策

犬の高カリウム血症は肝不全や腎不全などの臓器疾患によって引き起こされている可能性があるので十分な対策をするためには健康に配慮してあげることが重要になります。

ただ高カリウム血症はカリウムの摂取量超過によっても引き起こされるので、飼い犬の食事を見直すことは有効です。高カリウム血症の症状の中で特に注意しなければならないものは不整脈なので、脈拍のリズムが狂っているようなときにはすぐに獣医さんの診察を受けましょう。

犬の高カリウム血症の治療

内臓疾患が原因でカリウムを体外に排出する機能が低下している場合には基礎疾患を治療することが優先されます。ただ高カリウム血症の原因となる疾患には重病といえるものが多く、治療を開始してすぐに治すことが難しい場合には対症療法を行います。

高カリウム血症で死亡するケースは不整脈による心停止がほとんどなのでカルシウム製剤を投与してそれを防止します。

また高カリウム血症の症状を緩和するための対症療法は点滴や投薬にて行われます。高カリウム血症は死に至る可能性のある症状を引き起こすことがあるので早急に治療が必要となります。

まとめ

犬の高カリウム血症は肝不全や腎不全などの臓器不全によってカリウムを体外に排出するはたらきが弱まることやカリウムの過剰摂取によって引き起こされる可能性があります。

高カリウム血症の症状が表れると不整脈によって心停止してしまうことがあるので、飼い犬を観察して症状から高カリウム血症の疑いがあることを見抜き、適切な処置と治療を受けさせてあげてください。

対症療法によって最悪の事態を予防できる可能性が高まります。高カリウム血症によって影響を受ける臓器は心臓です。命を支えるための最も重要な器官のひとつなので早急に対処してあげなければなりません。飼い犬の命を救ってあげるためには飼い主が的確に症状を見抜き、獣医さんの診察を受けさせてあげることが最も大事になります。飼い犬をしっかりと観察し、病気の疑いがあるときには早急に動物病院に連れて行ってあげましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード