2016年7月7日更新

【獣医師監修】犬の水晶体脱臼〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬の水晶体脱臼は目の病気です。最悪の場合には失明に至ってしまう可能性があるので、水晶体脱臼の症状が見られた時にはすぐに獣医さんの診察を受けさせてあげなければなりません。水晶体脱臼は症状から見抜くことが難しくはないのでしっかりと愛犬を観察し、症状を見抜いてください。犬の水晶体脱臼の原因や症状、対策についてご紹介していきます。

 

犬の水晶体脱臼の原因

犬の水晶体脱臼は何らかの原因で目の中の水晶体が定位置からずれてしまった状態のことを指します。ずれている位置が前であれば前方脱臼、後ろであれば後方脱臼と呼びます。
水晶体脱臼に至る原因は様々ですが、主なものは緑内障や腫瘍、ブドウ膜炎などの目の病気によって併発する場合や外傷によって物理的に水晶体の位置がずれてしまった場合などが考えられます。ただそれらの原因は後天的な原因であり、中には先天的な原因で水晶体脱臼になることもあります。特にテリア種やプードルなどは遺伝によって水晶体脱臼が引き起こされやすい犬種なので注意してください。先天的な原因で水晶体脱臼になる場合は両目に症状が表れる傾向が強いので覚えておいてください。

犬の水晶体脱臼の症状

水晶体脱臼の主な症状は瞳の中の瞳孔の一部の水晶体が欠けていたり、水晶体が小刻みに揺れていたりといったものが基本となります。それらは肉眼にて確認することができるので、瞳の中に違和感をもった時にはすぐに獣医さんの診察を受けさせてあげてください。また犬の水晶体脱臼の症状が出ていると角膜がむくんでいたり、しきりに目を気にするような仕草を見せることもあります。飼い犬の様子を観察して症状を見落とさないように心がけてあげてください。

 

犬の水晶体脱臼の対策

目の病気は対策の難しい病気のひとつです。特に遺伝的なものに関してはどうすることもできない面があるので飼い犬の瞳の変化を敏感に感じ取り、すぐに動物病院に連れて行ってあげることが最良の対策となります。ただ外傷による原因などは飼い主さんの細かな配慮によって対策を取ることが可能です。目は最も大事な器官のひとつなので、最新の注意を払ってあげるようにしてあげてください。

犬の水晶体脱臼の治療

犬の水晶体脱臼の治療については水晶体がずれている位置によって治療法が異なります。水晶体が完全に脱臼していない亜脱臼の状態や後ろに水晶体が脱臼している後方脱臼の場合には目に深刻な症状や合併症のリスクが比較的少ないので、点眼薬を投薬して水晶体が前に脱臼する前方脱臼を予防します。しかし前方脱臼や眼圧を上昇させる後方脱臼を引き起こしている場合には合併症のリスクが高いので外科手術を施さなければならない可能性があり、場合によっては水晶体の摘出手術を施すこともあります。水晶体脱臼を引き起こしているときはすぐに獣医さんの診察を受けさせてあげてください。

まとめ

犬の水晶体脱臼の原因や症状、対策についてご紹介しました。外傷が原因であれば飼い主さんが配慮することによって水晶体脱臼のリスクを軽減することが可能ですが、遺伝によるものや他の目の病気が関係している場合には予防することが難しくなります。特にテリア種やプードルなどは遺伝で水晶体脱臼になる可能性が他の犬種よりも高いので、目の状態を注意深く観察し、水晶体脱臼の症状を見落とさないようにしてあげてください。犬の水晶体脱臼は目に見えて不自然な瞳の状態になるので、肉眼で十分に変化を察知できる可能性が高いです。水晶体脱臼が合併症を引き起こすと完全に失明してしまうリスクが著しく高まります。まず大事なことは早急な対処をしてあげることです。いち早く動物病院に連れていき、適切な診察を受けさせてあげてください。検査をしてもらえばその後の治療の見通しが立ちます。飼い犬を守るためにできることをしてあげましょう。

 
 

関連カテゴリ