2016年5月8日更新

【獣医師監修】猫に牛乳を飲ませても良い?猫に牛乳をオススメできない理由とは?

猫が牛乳を飲む…よく見る当たり前の光景ですが、最近耳にするのが「猫に牛乳は良くない」という説。栄養豊富で消化にも良さそうな牛乳がなぜ猫に良くないのでしょうか?今回は猫に牛乳を飲ませない方が良い理由を探ってみました。

猫に牛乳は飲ませない方が良い

White American Curl cat with blue eyes. Closeup portrait
牛乳にはビタミンA、動物性タンパク質、カルシウムなどが含まれていますので猫の健康にとって一見良い食品に思えるのですが、実は牛乳に含まれている「乳糖」という成分が猫にとって良くないと言われています。

「乳糖」はラクトースとも呼ばれる糖類の一種ですが、猫は「乳糖」を分解するラクターゼと呼ばれる酵素をあまり持っていません。このため牛乳を十分に消化、吸収することができないのです。日本人は欧米人に比べてラクターゼが不足していると言われていて、牛乳でお腹を壊す人が多いと言われています。猫も人間も似ているところがあるのですね。

猫が牛乳を飲むとどんな症状が出るの?

素材milk-518067_640
ラクターゼが不足している猫が牛乳を飲むと消化不良から下痢を起こすことが多いようです。もちろん、「乳糖」は毒ではありませんし、猫によって「乳糖」を分解する能力には差がありますので、牛乳を飲んだからといってすべての猫がお腹をくだすわけではありません

また、飲んだ量や牛乳の温度によっても影響は異なりますので、牛乳に対する耐性は個々に判断する必要があるでしょう。いずれにせよ子猫や高齢の猫にはより注意が必要です。

牛乳を飲ませたい場合は工夫が必要

それでは牛乳は絶対与えない方が良いのでしょうか?離乳前の子猫であればミルクを飲ませる必要があるでしょうし、食欲がなくミルクで栄養と水分を摂らせたい場合もあるでしょう。そんな場合にはいくつか方法があります。

猫用のミルクを使う

「乳糖」に弱い猫のために「乳糖」をカットしたミルクが売られているので、猫用ミルクを飲ませましょう。下痢の心配もなく安心ですし、猫に必要な栄養素が添加されているミルクもありますので栄養面でも牛乳より良いでしょう。

人間用の「お腹がゴロゴロしない牛乳」を使う

人間にもラクターゼの分泌量が少ない人がいるため、人間用にもお腹に優しい牛乳が売られています。雪印のアカディなどは乳糖を約80%カットしてありますので、猫にも飲ませることができます。

ヤギミルクを使う

ヤギのミルクは牛乳に比べて「乳糖」が少ないと言われています。売られているお店が少ないためインターネットなどで購入する必要がありますが、猫のおなかにとって優しいミルクなのでオススメです。

ミルクの温度も大切

どんなミルクでも冷蔵庫から出して冷たいままあげると消化が良くありませんので、室温程度に戻してから、飲ませてあげましょう。逆に温めてしまうと飲んだ後に胃壁が牛乳の膜で覆われてしまいますので、温めすぎも禁物です。

「乳糖」の少ないタイプの牛乳なら手作りメニューにも活かせる

前項でご紹介したような「乳糖」の少ないタイプなら、猫への手作りメニューに活かすこともできます。特に子猫への離乳食や高齢で硬いフードが食べられなくなった猫には低乳糖ミルクで柔らかいごはんを作ってあげると良いでしょう。栄養豊富な食材ですのでカロリーオーバーにならないように注意すれば、猫の健康にとってもプラスとなるでしょう。

飼い主さんの工夫で猫に優しいミルクを選んであげよう

SONY DSC
普通の牛乳は猫の体にとって必ずしも優しい食材ではありませんので、あまりおススメできませんが、「乳糖」の少ない牛乳や他の動物のミルクを購入すれば、牛乳好きな猫も喜んでくれるはず。牛乳好きな猫から牛乳を奪っては可哀想ですので、ぜひ猫向きのものを探してみてください。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】猫はお刺身を食べても大丈夫?食べ過ぎはマイナスになるので与える場合は少しだけに

新鮮で美味しいお刺身。人間が食べている時に愛猫にねだられて一切れ上げたり、猫の誕生日やご褒美にお刺身を買ってあげる飼い主さんもいるのではないでしょうか。ところが意外なことにお刺身は猫にとって……

猫にキャットフードを与える

正真正銘のオーガニックキャットフードにこだわるなら「ヤラー」

フードの原材料にこだわるメーカーは最近数多くありますが、原材料にオーガニックな素材を使っているフードはほとんどありません。「ヤラー」は人間の食べ物でもオーガニックの認知度が低かった1990年……

猫に必要な栄養

【獣医師監修】猫に牛乳を飲ませても良い?猫に牛乳をオススメできない理由とは?

猫が牛乳を飲む…よく見る当たり前の光景ですが、最近耳にするのが「猫に牛乳は良くない」という説。栄養豊富で消化にも良さそうな牛乳がなぜ猫に良くないのでしょうか?今回は猫に牛乳を飲ませない方が良……

猫に必要な栄養

大人気!グレインフリーキャットフードが猫の健康に良い3つの理由とは?

最近人気のグレインフリーのキャットフード。グレインフリーキャットフードとは穀物類を使用していないキャットフードのことで、穀物を使用しないことで猫の健康に良い影響があると言われています。 ……

猫の手作りご飯

【獣医師監修】猫はたまねぎを食べても大丈夫?猫にたまねぎをあげると中毒になる危険性が!

猫は盗み食いのプロ。きちんと猫用のごはんをあげていてもテーブルの上に乗った人間の食事をちゃっかり自分のお腹に納めてしまったりすることがあります。しかしながら、もし猫が食べてしまったメニューの……

猫にキャットフードを与える

ホリスティックなアプローチで多くの愛猫家からの信頼を得ている「アズミラ」のキャットフード

まだ、ホリスティック、ホメオパシーなどという言葉がほとんど知られていない1980年代に人間の栄養学、ホリスティックケアへの探求をペットケア商品に生かしたのがアメリカのペットフード「アズミラ」……

猫にキャットフードを与える

ドイツの厳しいペットフード基準をクリアした「アニモンダ」のキャットフード

「アニモンダ」はドイツでハムやソーセージを製造するストックマイヤー社の子会社が生産するペットフードブランドです。「ペットは家族の一員である」という理念のもと人間が食べられる高品質な食材を原料……

猫にキャットフードを与える

猫にも手作りご飯を!猫の手作りごはんの作り方について

『ねこまんま』という言葉がありますが、お米にお味噌汁をかけただけの食事を猫に与えていればいいというわけではありません。 猫の体に必要な栄養素に気を遣い、しっかりとした栄養補給をさせてあ……

猫に必要な栄養

健康に良いだけでなく美味しい!長寿を目標に作られた「Simply」のキャットフード

猫は食べ物に関して非常にわがままな動物です。健康に良く素材にこだわっていても猫が食べてくれなければ意味がありません。プレミアムフードを食べてくれなくて食いつきの良いジャンクフードに戻ってしま……

猫の健康を維持する為には?猫のエサの与え方と与えてはいけない食材

私たち人間は、健康に毎日を過ごす為に日頃から食生活に気をつけたり、運動や睡眠を充分にとったりしています。健康管理をする事で風邪などの病気を予防します。 猫も同じです。野良猫の場合は、本……

猫に必要な栄養

自分で作れなくてもOK。手作りキャットフードを定期購入できる「ネコロジースタイル」

ここ数年で広がりつつあるのがペットフードの手作り。飼い主さん自らが原料を吟味できる上、愛猫の好みが分かるようになれば猫が喜ぶごはんを作ってあげることができる点が評価されています。しかしながら……

キャットフード

アメリカで獣医師から最も支持されている「サイエンスダイエット」のキャットフード

ヒルズ・コルゲートといえばアメリカでも日本でも獣医さんの支持が高いキャットフードのメーカーです。獣医さんに「c/d」「a/d」などの療養食を処方されてその名を知っている人も多いのではないでし……

猫に必要な栄養

7歳を過ぎたら選びたい、シニア猫に長生きしてもらうためのフード

ここ最近、急に数や種類が増えてきているのがシニア猫のためのフード。以前は7歳以上の猫をひとくくりにしていましたが、次第に対象年齢の高いフードが登場するようになって、今では20歳以上の猫のため……

猫にキャットフードを与える

【獣医師監修】猫はニラを食べても大丈夫?猫にニラを与えるのはやめましょう

シュッと伸びたニラは猫草に似ているためか、そのまま置いておくと猫がかじってしまうことがあります。猫はお腹に溜まった毛玉を吐き出すために長く尖った草を食べることがありますが、ニラでその代用がで……

猫にキャットフードを与える

イタリア発のハーブの力を活かしたドッグフード「グリーンフィッシュ」

食物アレルギーは多くのペットが体験している疾患です。被毛が抜けて剥げたり、皮膚炎になったり、下痢や血便になったりと、その症状は決して無視できません。アレルギーは化学物質が残留する肉類や人工添……

猫にキャットフードを与える