2016年5月7日更新

【獣医師監修】猫はニンニクを食べても大丈夫?ニンニクを猫に与えるのはやめましょう

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

滋養強壮に役立つと言われるニンニク。人間の場合は1日1個食べると健康になるなどと言われていますが、ニンニクのパワーを猫にも活かすことはできるのでしょうか?今回は猫にニンニクを食べさせても良いのかどうかについて調べてみました。

 

ニンニクは猫にとって要注意の野菜

SONY DSC
ニンニクは猫にとって注意しなければならない野菜のひとつです。ニンニクにはアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。この成分は猫の赤血球の中に含まれるヘモグロビンを破壊するため、溶血性貧血を引き起こします。

溶血性貧血になると体に十分な酸素を送ることができなくなるため全身が酸欠状態に陥ります。また、血液を造る骨髄にも影響を及ぼすために貧血が重篤化する危険性があります。さらに猫によってはニンニクにアレルギーをもつ猫もいますので注意が必要です。

ニンニクを食べるとどんな症状が出るの?

素材garlic-933584_640
アリルプロピルジスルファイドの影響は個体によって異なります。食べても特に症状が出ず、多少貧血になっても元の状態に戻る猫もしますし、少し食べただけで重い症状が出る猫もいます。

ニンニクを食べて溶血性貧血になると、酸欠状態になりますのでさまざまな症状が起こります。最初はぐったりして元気がなくなり、動くのを嫌がるようになり、症状が進むと食欲不振、呼吸困難に陥ります。また、口内や肉球が白っぽくなったり、茶色っぽい尿が見られたら溶血性貧血を疑った方が良いでしょう。

また、ニンニクにアレルギーをもつ猫がニンニクを食べると下痢、嘔吐などの症状が出る場合もあります。食べた直後に嘔吐、1日程度で下痢になった場合はニンニクアレルギーを疑った方が良いかもしれません。

 

ニンニクを食べさせないためには

私達は普段、ニンニクをさまざまなメニューに取り入れています。特に肉を使った料理には香り付けにニンニクを使う人も多いのではないでしょうか。こうした人間用のメニューを猫に与えないこと、また猫が誤って食べてしまわないようしっかり管理することが大切です。

アリルプロピルジスルファイドが猫の赤血球に及ぼす影響は加熱してもなくなるわけではありませんので、例え生でなくても注意することが大切です。

ニンニクは猫にとって貧血を引き起こす可能性があることを知っておこう

imasia_12679658_S
人間が作る肉料理にはニンニクが含まれています。もし、ニンニクが猫にとって危ない野菜ということを知らなければ、与えてしまう可能性もあるでしょう。猫の健康に悪影響を及ぼすにんにくの量には個体差もあり、はっきりとした値は分かっていません。猫の飼い主さんはニンニクの危険性を十分に理解し猫の食生活を管理する必要があるでしょう。