2016年5月7日更新

【獣医師監修】猫はニンニクを食べても大丈夫?ニンニクを猫に与えるのはやめましょう

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


滋養強壮に役立つと言われるニンニク。人間の場合は1日1個食べると健康になるなどと言われていますが、ニンニクのパワーを猫にも活かすことはできるのでしょうか?今回は猫にニンニクを食べさせても良いのかどうかについて調べてみました。

 

ニンニクは猫にとって要注意の野菜

SONY DSC
ニンニクは猫にとって注意しなければならない野菜のひとつです。ニンニクにはアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。この成分は猫の赤血球の中に含まれるヘモグロビンを破壊するため、溶血性貧血を引き起こします。

溶血性貧血になると体に十分な酸素を送ることができなくなるため全身が酸欠状態に陥ります。また、血液を造る骨髄にも影響を及ぼすために貧血が重篤化する危険性があります。さらに猫によってはニンニクにアレルギーをもつ猫もいますので注意が必要です。

ニンニクを食べるとどんな症状が出るの?

素材garlic-933584_640
アリルプロピルジスルファイドの影響は個体によって異なります。食べても特に症状が出ず、多少貧血になっても元の状態に戻る猫もしますし、少し食べただけで重い症状が出る猫もいます。

ニンニクを食べて溶血性貧血になると、酸欠状態になりますのでさまざまな症状が起こります。最初はぐったりして元気がなくなり、動くのを嫌がるようになり、症状が進むと食欲不振、呼吸困難に陥ります。また、口内や肉球が白っぽくなったり、茶色っぽい尿が見られたら溶血性貧血を疑った方が良いでしょう。

また、ニンニクにアレルギーをもつ猫がニンニクを食べると下痢、嘔吐などの症状が出る場合もあります。食べた直後に嘔吐、1日程度で下痢になった場合はニンニクアレルギーを疑った方が良いかもしれません。

 

ニンニクを食べさせないためには

私達は普段、ニンニクをさまざまなメニューに取り入れています。特に肉を使った料理には香り付けにニンニクを使う人も多いのではないでしょうか。こうした人間用のメニューを猫に与えないこと、また猫が誤って食べてしまわないようしっかり管理することが大切です。

アリルプロピルジスルファイドが猫の赤血球に及ぼす影響は加熱してもなくなるわけではありませんので、例え生でなくても注意することが大切です。

ニンニクは猫にとって貧血を引き起こす可能性があることを知っておこう

imasia_12679658_S
人間が作る肉料理にはニンニクが含まれています。もし、ニンニクが猫にとって危ない野菜ということを知らなければ、与えてしまう可能性もあるでしょう。猫の健康に悪影響を及ぼすにんにくの量には個体差もあり、はっきりとした値は分かっていません。猫の飼い主さんはニンニクの危険性を十分に理解し猫の食生活を管理する必要があるでしょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【動物看護士が解説】シニア猫の口臭が気になる原因は?

高齢の猫に限った事ではありませんが、猫の口臭が気になる事ってありますよね。口が臭うようになってしまう原因はいくつかあり、中には重大な病気が隠れている事もあります。最近口が臭うな、と感じたら唇……

キャットフード

【獣医師監修】猫にチョコレートは食べさせないで!猫がチョコレートを食べてしまったらどうなるの?

猫は意外にも甘いものが好き。生クリームやアイスクリームなどをペロッと食べてしまうこともあります。甘いもの自体、あまり猫の健康にとって良くはありませんが特に危ないのがチョコレート。今回は猫とチ……

猫に必要な栄養

大人気!グレインフリーキャットフードが猫の健康に良い3つの理由とは?

最近人気のグレインフリーのキャットフード。グレインフリーキャットフードとは穀物類を使用していないキャットフードのことで、穀物を使用しないことで猫の健康に良い影響があると言われています。 ……

キャットフード

【動物看護士が解説】猫はご飯を丸呑みしていても大丈夫?

猫のご飯の様子を見ていると、カリカリと音を立てて1粒ずつ食べている猫、流し込むように丸呑みしている猫、いろんな猫がいますよね。心配なのは丸呑みをすること。ドライフードはとても固いし、小さいか……

キャットフード

【動物看護士が解説】犬や猫困ったあの症状に役立つのは、薬じゃなく食事?

病気というほどではないけれど、気温の変化でお腹の調子を崩したり、猫であればお腹に毛玉が溜まってしまったり。避妊去勢手術をしたら、丸々と太ってしまった、なんてことありませんか?もしかしたら、食……

キャットフード

愛猫はどんなフードが好き?キャットフード別のメリットと注意点

猫と一緒に暮らしていると、様々なタイプの新しいキャットフードが出ていることに驚くことがあります。毎日与えるフードですから、やはり大切な愛猫には良質のフードを用意してあげたいものです。色々な種……

キャットフード

子猫のフードをドライフードにしたい!いつからどう変えていく?【獣医師が解説】

子猫が成長するにしたがって、食餌をミルク→離乳食(ウェットフード)→ドライフードにしていくことが一般的です。「離乳食からドライフードに変えるタイミングや変える方法はどうしたらいいんだろう」と……

キャットフード

「スーパーフュージョン」という新しい考え方に基づいた「by nature」のキャットフード

「良い食材を使用するのは当たり前。素材を組み合わせることで最大限の健康を維持する」ことを目標としているのが「by nature」のキャットフードです。人間が栄養を吸収する仕組みを研究し、それ……

キャットフード

【スペシャルキャットフードのすすめ】長毛種や毛の抜ける季節に取り入れたい「毛玉ケア」キャットフード

年齢や体調によってさまざまな処方の違いがあるキャットフード。飼い主さんの中には「どれを選んだらいいの?」と迷ってしまう方も多いかもしれませんね。特に「毛玉ケア」は「ウチの猫に本当に必要なの?……

猫のニュース

ネコはいつも同じフードだと飽きる?フードの切り替え時ってあるの?

いつものご飯を用意してあげても、今日はクンクンと匂いを嗅いだだけで食べずにスタスタ…。 昨日は美味しそうに食べていたのに、ネコは突然フードを食べなくなる時ってありませんか?ネコは意外に……

キャットフード

イタリア発のハーブの力を活かしたドッグフード「グリーンフィッシュ」

食物アレルギーは多くのペットが体験している疾患です。被毛が抜けて剥げたり、皮膚炎になったり、下痢や血便になったりと、その症状は決して無視できません。アレルギーは化学物質が残留する肉類や人工添……

キャットフード

ペットフードの安全を守る「ペットフード安全法」ってどんな法律?

ペットフードの安全を守る「ペットフード安全法」ってどんな法律? 多くの犬や猫の飼い主さんは犬や猫に市販のペットフードを食べさせていることでしょう。ペットのために特別に作られたペットフー……

キャットフード

ペットフードと手作りフードどちらを選ぶ?獣医師が教えます!

愛犬や愛猫の主食には何を与えていますか?何かと便利なペットフードを与えている人もいれば、手間隙かけた手作り食を与えている人もいるでしょう。今回のテーマは、手作り食とペットフード、それぞれの良……

猫に必要な栄養

【獣医師監修】猫はお刺身を食べても大丈夫?食べ過ぎはマイナスになるので与える場合は少しだけに

新鮮で美味しいお刺身。人間が食べている時に愛猫にねだられて一切れ上げたり、猫の誕生日やご褒美にお刺身を買ってあげる飼い主さんもいるのではないでしょうか。ところが意外なことにお刺身は猫にとって……

キャットフード

7歳を過ぎたら選びたい、シニア猫に長生きしてもらうためのフード

ここ最近、急に数や種類が増えてきているのがシニア猫のためのフード。以前は7歳以上の猫をひとくくりにしていましたが、次第に対象年齢の高いフードが登場するようになって、今では20歳以上の猫のため……

キャットフード

【動物看護士が解説】犬猫の療法食ってどんなもの?食べないときはどうすれば良い?

動物病院や、一部のペットショップで見ることのできる犬猫の療法食。パッケージ自体に説明書きが少なく、いまいちどんな食事なのかわかりませんよね。病院で出される食事だからなんとなく良さそう、という……

猫の食事・キャットフード

猫の胃袋をガッチリ掴む!猫が喜ぶキャットフードをあげる時のコツ

「相手のハートを射止めたかったら、まず胃袋を掴め」というのは確かロシアのことわざだったと思いますが、これはニンゲンに限らず猫にも充分応用できます。 赤いスティックタイプの液状の猫のおや……

キャットフード

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】キャットフードは何を選べばいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 【関連記事】 猫用グレインフリーフード5種を試して比較!……

猫のニュース

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードを探していると、最近人気なのが「グレインフリー」というフード。 グレインフリーのキャットフードとはどんなフードで、どのようなメリットがあるのでしょう? また、国産や外国産ど……

キャットフード

下部尿路疾患の猫を飼っていたら食べさせたい専用の療法食

猫の下部尿路疾患はFLUTDとも呼ばれ、膀胱から尿道にかけて起こる病気の総称です。猫の祖先は砂漠に住んでいた関係で、体内に水を保持しておく必要がありました。水分を無駄に排出しないために、尿の……

キャットフード