2016年5月13日更新

【獣医師監修】猫はお刺身を食べても大丈夫?食べ過ぎはマイナスになるので与える場合は少しだけに

新鮮で美味しいお刺身。人間が食べている時に愛猫にねだられて一切れ上げたり、猫の誕生日やご褒美にお刺身を買ってあげる飼い主さんもいるのではないでしょうか。ところが意外なことにお刺身は猫にとって100%オススメできる食材ではありません。お刺身を猫のごはんのメインにしてしまうと健康を害する可能性もあるのです。今回は猫にお刺身がどう影響するのかを調べてみました。

猫にお刺身をあげるなら、ほんの少しに

imasia_6015207_S
お刺身の種類にもよりますが、実はお刺身を与え過ぎると猫の健康を害することがあります。

生の魚が好きな猫も多く、海辺の猫は生魚を食べて元気に過ごしているように見えるので、にわかには信じられないかもしれませんがそれにはいくつか理由があります。

青魚は食べ過ぎるとイエローファットになる恐れがある

アジやイワシなど背の青い魚にはDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。不飽和脂肪酸は適量であれば血中コレステロールを減らしたり認知症の予防にもなると言われていますが、大量に食べてしまうと脂肪を酸化し炎症を引き起こす、イエローファットという病気になることもあります。

生の魚を食べ過ぎるとビタミンB1不足になる可能性がある

生の魚、特に淡水魚にはチアミナーゼと呼ばれる酵素が含まれています。この酵素にはビタミンB1を壊す働きがあり、食べ過ぎるとビタミンB1欠乏症になることがあります。猫は大量のビタミンB1を必要とする動物ですのでビタミンB1欠乏症は深刻な症状を引き起こします。チアミナーゼは魚以外にもイカ、タコ、貝、甲殻類に多く含まれています。

お刺身は少しであれば食べても体調を崩すまでには至りませんが、お刺身を主食にしたり日常的に与えたりするのは良くありません。お刺身を与えるならおやつ程度にしておきましょう。

お刺身を食べ過ぎるとどんな症状を起こすの?

素材sashimi-1318446_640
青魚を食べ過ぎるとビタミンE不足になり、イエローファットを誘発します。イエローファットとは酸化された皮下脂肪が原因で炎症が起きる病気で、下腹部などにしこりができたり、発熱などの症状が表れます。

また、チアミナーゼによりビタミンB1不足になると運動障害や知覚過敏などの症状が表れると言われています。いずれも、病状が進行すると深刻な事態になりますので、お刺身のあげ過ぎには注意が必要です

お刺身を猫にあげる時に注意したいこと

お刺身は食べ過ぎると良くないだけでなく、お刺身に味をしめて他のごはんを食べなくなることが心配です。どうしてもお刺身をあげたい場合は、たまにあげるおやつ程度に留めておきましょう。また、青魚の中でもサバはイエローファットを引き起こしやすい魚ですので、避けた方が良いでしょう。与えるならば、青魚よりは白身の魚の方が良いかもしれません。

刺身は猫の好物という思い込みは危険

imasia_2788438_S
多くの飼い主さんは、お刺身が猫の健康を害する可能性があることを知らないのではないでしょうか。少しであればお刺身を食べても症状が出ることはありませんが、積み重なれば重篤な病気を引き起こすこともあります。良かれと思ってあげていたお刺身が愛猫を病気にしていたとしたら悲しいこと。猫の飼い主さんはしっかりした知識をもって猫の食事をコントロールすることが大切です。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

小さなファクトリーで丁寧に作る。「犬猫自然食本舗」のキャットフード

大切な愛猫に手作りや手作りに近いフードをあげたい…いま、多くの飼い主さんがペットのごはんを見直し始めています。しかしながら、毎日忙しい生活を送る飼い主さんにとって完全手作り食は負担が少なくあ……

猫にキャットフードを与える

アメリカンボブテイルの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

猫との生活を始めた方も、これから始める方も出来る限り一緒にいたいと考えるのは、飼い主には当然の心情でしょう。少しでも一緒にいるために、健康や高齢化にも関心が集まっています。 猫種ごとに……

キャットフード

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】人の食べ物を食べたがるけどあげていいの?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!人の食べ物を食べたがるけどあげていいの? かな……

キャットフード

自分で作れなくてもOK。手作りキャットフードを定期購入できる「ネコロジースタイル」

ここ数年で広がりつつあるのがペットフードの手作り。飼い主さん自らが原料を吟味できる上、愛猫の好みが分かるようになれば猫が喜ぶごはんを作ってあげることができる点が評価されています。しかしながら……

キャットフード

【スペシャルキャットフードのすすめ】長毛種や毛の抜ける季節に取り入れたい「毛玉ケア」キャットフード

年齢や体調によってさまざまな処方の違いがあるキャットフード。飼い主さんの中には「どれを選んだらいいの?」と迷ってしまう方も多いかもしれませんね。特に「毛玉ケア」は「ウチの猫に本当に必要なの?……

猫のニュース

アメリカンワイヤーヘアの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

猫ブームの影響もあり、猫との生活を始める方が増えています。キャットフードの種類も増えていたり環境も整備されているため、猫も高齢化が進んでいます。 健康で長生きしてもらうためには、どんな……

キャットフード

ラグドールの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫ブームも相まって、飼い始めた方も多くいるのではないでしょうか。 皆様の猫……

キャットフード

ノルウェージャンフォレストキャットの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近は猫ブームと言われているので、多くの方が猫を飼いはじめているようです。猫ブームの影響もあり、キャットフードの種類もたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているよう……

キャットフード

【獣医師が解説】もう間もなく離乳の方へ!「スムーズな離乳のしかた」

子猫がミルクをしっかり飲んで順調に成長していたら、生後4週間くらいを目安に離乳をはじめましょう。 離乳食の開始時期の見極め方は?いつまで続ければよいの? 子猫の歯は生後4週頃にな……

キャットフード

プレミアム・ニュートリション・フード 「ピュリナワン」のキャットフードとは?

キャットフードを選ぶ時、愛猫が勢いよく食べてくれる〝食いつきの良いフード″を選んでしまうという飼い主さんは少なくないのではないでしょうか。やはりガツガツ食べてくれると嬉しいですし、何より健康……

猫に必要な栄養

【動物看護士が解説】困ったあの症状に役立つのは、薬じゃなく食事?

病気というほどではないけれど、気温の変化でお腹の調子を崩したり、猫であればお腹に毛玉が溜まってしまったり。避妊去勢手術をしたら、丸々と太ってしまった、なんてことありませんか?もしかしたら、食……

【獣医師監修】猫はニンニクを食べても大丈夫?ニンニクを猫に与えるのはやめましょう

滋養強壮に役立つと言われるニンニク。人間の場合は1日1個食べると健康になるなどと言われていますが、ニンニクのパワーを猫にも活かすことはできるのでしょうか?今回は猫にニンニクを食べさせても良い……

キャットフード

【獣医師監修】猫はお刺身を食べても大丈夫?食べ過ぎはマイナスになるので与える場合は少しだけに

新鮮で美味しいお刺身。人間が食べている時に愛猫にねだられて一切れ上げたり、猫の誕生日やご褒美にお刺身を買ってあげる飼い主さんもいるのではないでしょうか。ところが意外なことにお刺身は猫にとって……

キャットフード

ペットフードと手作りフードどちらを選ぶ?獣医師が教えます!

愛犬や愛猫の主食には何を与えていますか?何かと便利なペットフードを与えている人もいれば、手間隙かけた手作り食を与えている人もいるでしょう。今回のテーマは、手作り食とペットフード、それぞれの良……

犬の食事の基礎

【動物看護士が解説】シニア猫の口臭が気になる原因は?

高齢の猫に限った事ではありませんが、猫の口臭が気になる事ってありますよね。口が臭うようになってしまう原因はいくつかあり、中には重大な病気が隠れている事もあります。最近口が臭うな、と感じたら唇……

キャットフード