2016年6月3日更新

【獣医師監修】犬のツメダニ皮膚炎〜原因・症状と対策

犬の皮膚炎を引き起こす病気でツメダニ皮膚炎と言われるものをご存知でしょうか。

ツメダニ皮膚炎と聞くと、爪の中に入ったダニが皮膚炎を起こすようにも聞こえますが、イヌツメダニと言われるダニの一種によって引き起こされる皮膚炎のことです。ダニなどが引き起こす皮膚炎は愛犬にとっては非常につらいものであり、その種類もたくさんあります。今回はそんなツメダニ皮膚炎について詳しく見ていきましょう。

犬のツメダニ皮膚炎皮膚炎の原因とは?

そもそもツメダニには犬に寄生するイヌツメダニ、猫に寄生するネコツメダニ、ウサギに寄生するウサギツメダニの3種類が最も有名なもので、時には人に感染するヒトツメダニと言われるものも存在します。

ツメダニは0.4~0.6㎜程度の大きさで肉眼ではほとんど確認ができません。その名の由来ともなった大きなフックのようなツメを持っているのが特徴で、犬の皮膚にそのフックを引っ掻けて傷を作り体液やリンパ液を摂取しながら繁殖していきます。

接触感染

ツメダニ皮膚炎は犬がツメダニに感染することによって発症する皮膚の病気です。最も多いのはツメダニに感染している犬に触れることで直接感染するケースです。特に若年の犬が感染しやすく、同じ寝床を共有している母犬と子犬では感染率が非常に高くなります。

環境感染

ツメダニは日本全国に生息しているダニで、周囲の環境から感染することもあります。体長が小さいのでほとんど気づくことなく環境感染し、持ち帰ってしまうことがほとんどです。

ツメダニ皮膚炎になった時の症状

ツメダニ皮膚炎の最大の症状は主に背中に大量のフケが見られるようになることです。

ツメダニ自体は肉眼で確認できないほど小さなものなので、フケの個所を観察しても目視することはできませんが、皮膚の表面をよく観察していてフケが動くように見えた場合、そこにツメダニが集団で寄生していることもあります。

大量のフケの正体はツメダニが皮膚の上で産卵した卵の殻や繰り返し行う脱皮の殻などに犬の皮膚がえぐれて混ざったものになります。

ツメダニは背中に一番寄生しやすいですが、ほかにも耳の後ろや尻尾の付け根、股間、お腹などにも好んで寄生します。

ツメダニによる痒みはそれほど強くはないものの、場合によっては皮膚が赤くただれたり、カサブタができたり、脱毛症状や毛艶が悪くなったりすることもあります。また子犬の場合、症状が悪化しやすい傾向にありますが、成犬の場合では症状がほとんど出ないこともあり、知らない間に感染が広がってしまうこともあります。

ツメダニ皮膚炎の治療と対策

ツメダニ皮膚炎の治療は、基本的にはダニを殺すスポット剤の投与や薬用シャンプーなどでダニを殺虫することを行います。

薬用シャンプーは孵化しているダニにしか効果がなく、卵には効果がないので、根気強く毎日シャンプーを行うことが必要です。またシャンプーの際にフケが飛散しないように注意を払うことも忘れないでください。

投薬による治療ではレボリューションやアミトラズなどを使用することもありますが、著しく愛犬の皮膚に負担をかけてしまうものもあるので医師に十分相談の上、適切な処置を行っていくようにしましょう。

さらにツメダニ皮膚炎に感染してしまっている場合、すでに愛犬の生活環境内にツメダニが住み着いていることも十分に考えられます。ツメダニは動物に寄生していなくても10日間ほど環境中で生存することができます。愛犬の飼育環境をこまめに掃除し、殺虫剤や殺ダニ剤などを使用してダニが繁殖しない環境を作ることも非常に大事です。

まとめ

犬が最も感染しやすく、強い症状は出ないにしても人にも感染してしまう可能性もあるのがツメダニ皮膚炎です。成犬であれば症状がそれほど出ることもなく、よく観察していないと感染していることにさえ気づきにくいこともありますが、ツメダニに感染してしまうと愛犬のストレスになるだけでなく、免疫力そのものを下げてしまうことにもつながります。

不快な皮膚の状態を放置しておくのではなく、しっかりと日ごろから愛犬を観察して早めに対応できるように心がけましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【福岡】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の皮膚の病気

【東京】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病と言っても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の皮膚の病気

【京都】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【北海道】犬の皮膚病に強い動物病院10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の皮膚の病気

【愛知】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症