2016年2月23日更新

性格も被毛もいろいろ。ミニウサギの特徴、性格、飼い方をご紹介

ミニウサギ…何だかとってもありふれた名前ですが、それもそのはず。ミニウサギというのは混血種のうさぎを総称しているからなのです。それだけに大人になってからの体のサイズや色は実にバリエーション豊かです。今回はミニウサギについてご紹介しましょう。

ミニウサギってどんなうさぎ?

ミニウサギとはさまざまな品種のうさぎの混合品種。つまり雑種のうさぎです。犬や猫と同様にさまざまな品種のDNAを引き継いでいるため、大人になった時にどの程度のサイズになるのかや、どのような性格になるかが分からない点もミニウサギらしいと言えるでしょう。

純血種に比べて病気に強く寿命も長めなのも特徴。またペットショップでの価格が安いのも飼いやすさのポイントなのではないでしょうか。

ミニウサギを飼う時の注意点は?

ミニウサギは個体によって被毛のカラー、性格、成長してからの体のサイズが大きく異なります。ミニウサギを飼うための特別なマニュアルはありませんので、うさぎを飼う際の一般的な常識に則って飼育しましょう。

うさぎを飼う際に大切なのは飼育環境の整備でしょう。うさぎに合った広さのケージを用意し、うさぎが快適だと感じる20℃~25℃に保つようにしましょう。もちろん、ケージ内は清潔に保つことが必要です。

また、うさぎに多い病気として毛玉がお腹に溜まってしまう毛球症や歯が伸びてしまって噛み合わせが悪くなる不正咬合などがあります。これらを防ぐためにはブラッシングを欠かさないこと、歯が伸びっぱなしにならないようケージの中に齧れる木やおもちゃを用意するなどのケアも必要です。たまには室内に放して運動させてあげることも大切です。

ミニウサギを飼う時に揃えたいグッズは?

ケージを購入する

うさぎ用のケージは大きなものを用意する必要はありません。縄張り意識の強いうさぎにとって広すぎるケージはストレスになりますので、エサ場、トイレなどの生活必需品を入れられるスペースとうさぎが適度に動き回れる空間があれば充分です。ただし、ミニウサギの場合、大人になってからサイズが大きくなることもありますので、成長してケージが狭くなったら体にあった大きさのケージに買い替えてあげましょう。

ケージの中を整える

ケージの中をうさぎにとって住みやすくするためには床の上を工夫する必要があります。すのこやわらマット、を入れるなどしてうさぎがソアホックにならないように整備します。
2種類の床材を揃えてうさぎが選べるようにするのも良いでしょう。

次には餌を与えるための牧草入れ、えさ箱、給水器などを用意します。えさ箱、給水器は中のものがこぼれないよう固定式のタイプがオススメです。

うさぎがケージの中でかじって遊べるオモチャも用意しましょう。うさぎは常に固いものを噛んでいないと前歯が伸び過ぎてしまいえさを食べられなくなりますので必ず用意してあげると良いでしょう。

最後に必要なのはグルーミンググッズ。うさぎも毛が抜けたり爪が伸びたりしますのでブラシや爪切りは購入しておきましょう。

ミニウサギのエサには何を用意する?

うさぎの主なエサはうさぎ用のペレットと牧草です。ペレット4割程度、牧草6割程度で与えていくのがオススメです。

うさぎ専用ペレット

うさぎのために栄養バランスが計算されたペレットは便利なエサですが栄養価が高いため食べ過ぎると肥満してしまう場合があります。

牧草

牧草にはマメ科の「アルファルファ」とイネ科の「チモシー」があります。「アルファルファ」は栄養価が高く、成長期の子うさぎや妊娠中の雌うさぎに与えるのに適しています。反対に「チモシー」は繊維質が多く、カルシウムが少ないため高齢のうさぎに特に向いていると言われています。

どんな大人になるかが分からないところが魅力

雑種のミニウサギの魅力は個性豊かなところ。大人になってからどんなうさぎになるのか分からない点もくじ引きのような楽しみがあります。長生きしてくれるのもミニウサギの良いところですので、できるだけ長く一緒にいられるようにお世話しましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

衝動買いは絶対にやめよう! ペットを買う前に自分に問いたい5つのこと。

ペットショップに行くと可愛い犬、猫、うさぎ、モルモットなどが並んでいます。生まれて数か月の可愛い姿を見ると自分の家に連れて帰りたいと思うのは自然なことでしょう。その場で購入したくなる気持ちも……

犬の選び方・迎え方

メダカを飼ってみよう! 初心者におすすめなメダカの種類を紹介します

メダカの飼育は難しい? メダカは日本で一番小さな淡水魚です。昔から人との馴染みが深く、飼育も十分可能な魚です。 野生種なだけあって環境の変化にも強く、水に氷が張ろうが、水温が四十度ま……

飼う準備

初めてハムスターを飼う方へ。床材から遊び道具まで。ハムスターの飼育道具の選び方

ハムスターを飼うとなると、ケージ以外にも揃えなければならないものはけっこうあります。ハムスターの飼育に必須なアイテムと、その選び方についてまとめたので、参考にして下さい。 床材 ケー……

ハムスターに必要なグッズ

チンチラの魅力とは??チンチラの特徴・性格について

皆さんは「小動物」という言葉を聞いて、どんな動物を思い浮かべますか? ウサギ、ハムスター、モルモット、などを思い浮かべる人は多いと思いますが、「チンチラ」が頭の中に出てくる人はあまりい……

チンチラ

「賢い=飼育が簡単」は大きな間違い!コモンリスザルの育て方について

ペットの購入を検討している方に勘違いされがちなのが、ペットの頭の良さが飼育の難易度に直結していると思われていることです。 実はそれは大きな間違いで、時にはペットの頭の良さが逆に作用して……

飼う準備

フクロウを飼ってみたい!という方に必要な心構えと設備について

フクロウって飼えるの? 結論から言うとフクロウを飼育することは可能です。以前は動物園に行かなければ生のフクロウを目にすることは出来ませんでした。 しかし最近はにわかにフクロウブームが……

飼いやすいので初心者でもOK!メダカの飼い方&育て方

魚を一度も飼ったことがない人でも飼いやすいメダカ。水の中で可憐に泳ぐ姿は何とも微笑ましく、見ていて飽きません。希少品種でなければ10匹で500円~100円ほどと値段が安く、エアレーションや照……

飼う準備

水槽ってどれがいいの?アクアリウムの水槽の選び方

水槽の種類は多種多様 アクアリウムを始めるにあたって水槽は欠かせない設備ですよね。いざ水槽を選ぼうとしてみるとその種類の多さに驚いてしまう方も多いようです。 それもそのはず、水槽の規……

飼う準備

普通の小動物では物足りない方のためにスナネズミをご紹介します

スナネズミはこんな動物 中国北部・モンゴルが原産地のネズミです。 体長は10~20センチ前後。体重は大きくなっても100g程度です。ゴールデンハムスターを少しスマートにした体型です。……

飼う準備

フェレットを飼ってみよう!フェレットの特徴や飼い方など

フェレットはこんな動物 フェレットはイタチ科の小型哺乳類です。体長は30cm~50cmほどで、体重は1㎏~2㎏。36本の鋭い歯を持つ肉食性です。 元々はヨーロッパに住む野生のイタチで……

フェレットの飼い方

これで完璧! イエアメカエルの飼育設備と飼育上の注意点について

イエアメカエルはペットフロッグとしてはとてもポピュラーで、体も丈夫なカエルです。 初心者でも十分飼育可能なのですが、そもそも両生類の飼育が初めての方はどんな設備が必要なのか、どんなこと……

飼う準備

川魚を飼育してみよう!ナマズの飼い方・種類について

ナマズはアクアリウムでも人気の魚種で、主に東南アジアや南米のナマズが飼育されています。日本にも数多くのナマズが生息していて、外国産のものにも負けないくらい魅力たっぷりです。 今回はそん……

飼う準備

水草を育ててみたい方におすすめ!初心者でも失敗しにくい水草をご紹介

水草を育てるのはかなり大変です アクアリウムの画像や映像をみたとき、水槽の中を泳ぐ色鮮やかな魚たちはもちろんバックにある美しい緑色の水草も印象に残っている方は多いのではないでしょうか。 ……

飼う準備

フェレットってどんな動物? フェレットを飼う前に知っておきたい基本的知識

可愛い顔にゴージャスな体毛、イタチ科なのに人に懐くフェレットがペットとして人気を集めています。 サイズが小さく、一人暮らしの部屋でも飼える点も人気の理由でしょう。とはいえ、フェレットも……

フェレットの飼い方

カブトニオイガメの飼育設備って何が必要?水槽、床材、エサなど

カブトニオイガメは丈夫な体を持っているので、ある程度、過酷な環境であっても適応して生きることは可能です。しかし長期間誤った飼育環境下にいるとさすがに衰弱しますし、本来の姿を楽しむことも出来な……

その他のペット