2016年2月23日更新

性格も被毛もいろいろ。ミニウサギの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ミニウサギ…何だかとってもありふれた名前ですが、それもそのはず。ミニウサギというのは混血種のうさぎを総称しているからなのです。それだけに大人になってからの体のサイズや色は実にバリエーション豊かです。今回はミニウサギについてご紹介しましょう。

 

ミニウサギってどんなうさぎ?

ミニウサギとはさまざまな品種のうさぎの混合品種。つまり雑種のうさぎです。犬や猫と同様にさまざまな品種のDNAを引き継いでいるため、大人になった時にどの程度のサイズになるのかや、どのような性格になるかが分からない点もミニウサギらしいと言えるでしょう。

純血種に比べて病気に強く寿命も長めなのも特徴。またペットショップでの価格が安いのも飼いやすさのポイントなのではないでしょうか。

ミニウサギを飼う時の注意点は?

ミニウサギは個体によって被毛のカラー、性格、成長してからの体のサイズが大きく異なります。ミニウサギを飼うための特別なマニュアルはありませんので、うさぎを飼う際の一般的な常識に則って飼育しましょう。

うさぎを飼う際に大切なのは飼育環境の整備でしょう。うさぎに合った広さのケージを用意し、うさぎが快適だと感じる20℃~25℃に保つようにしましょう。もちろん、ケージ内は清潔に保つことが必要です。

また、うさぎに多い病気として毛玉がお腹に溜まってしまう毛球症や歯が伸びてしまって噛み合わせが悪くなる不正咬合などがあります。これらを防ぐためにはブラッシングを欠かさないこと、歯が伸びっぱなしにならないようケージの中に齧れる木やおもちゃを用意するなどのケアも必要です。たまには室内に放して運動させてあげることも大切です。

 

ミニウサギを飼う時に揃えたいグッズは?

ケージを購入する

うさぎ用のケージは大きなものを用意する必要はありません。縄張り意識の強いうさぎにとって広すぎるケージはストレスになりますので、エサ場、トイレなどの生活必需品を入れられるスペースとうさぎが適度に動き回れる空間があれば充分です。ただし、ミニウサギの場合、大人になってからサイズが大きくなることもありますので、成長してケージが狭くなったら体にあった大きさのケージに買い替えてあげましょう。

ケージの中を整える

ケージの中をうさぎにとって住みやすくするためには床の上を工夫する必要があります。すのこやわらマット、を入れるなどしてうさぎがソアホックにならないように整備します。
2種類の床材を揃えてうさぎが選べるようにするのも良いでしょう。

次には餌を与えるための牧草入れ、えさ箱、給水器などを用意します。えさ箱、給水器は中のものがこぼれないよう固定式のタイプがオススメです。

うさぎがケージの中でかじって遊べるオモチャも用意しましょう。うさぎは常に固いものを噛んでいないと前歯が伸び過ぎてしまいえさを食べられなくなりますので必ず用意してあげると良いでしょう。

最後に必要なのはグルーミンググッズ。うさぎも毛が抜けたり爪が伸びたりしますのでブラシや爪切りは購入しておきましょう。

ミニウサギのエサには何を用意する?

うさぎの主なエサはうさぎ用のペレットと牧草です。ペレット4割程度、牧草6割程度で与えていくのがオススメです。

うさぎ専用ペレット

うさぎのために栄養バランスが計算されたペレットは便利なエサですが栄養価が高いため食べ過ぎると肥満してしまう場合があります。

牧草

牧草にはマメ科の「アルファルファ」とイネ科の「チモシー」があります。「アルファルファ」は栄養価が高く、成長期の子うさぎや妊娠中の雌うさぎに与えるのに適しています。反対に「チモシー」は繊維質が多く、カルシウムが少ないため高齢のうさぎに特に向いていると言われています。

どんな大人になるかが分からないところが魅力

雑種のミニウサギの魅力は個性豊かなところ。大人になってからどんなうさぎになるのか分からない点もくじ引きのような楽しみがあります。長生きしてくれるのもミニウサギの良いところですので、できるだけ長く一緒にいられるようにお世話しましょう。