2015年12月31日更新

垂れ耳が可愛い!ロップイヤーの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

香箱座りしていると地面に届くくらいの垂れ耳が特徴のロップイヤー。その独特のルックスと穏やかな性格で現在ではネザーランドドワーフと人気を二分する存在です。今回はロップイヤーの特徴や飼い方についてご紹介しましょう。

 

ロップイヤーってどんなうさぎ?

うさぎ ロップイヤー
ロップイヤーはもともとスペイン原産のアナウサギ。これをペット化したのがロップイヤーです。長く垂れた耳と丸く潰れた鼻が特徴で体重は1.5kg~2kg程度です。

ロップイヤーには種類が多く、一番人気で人間にも懐きやすい「ホーランドロップ」、ロップイヤーの中でも特に耳の長い「イングリッシュロップ」、たてがみのような飾り毛がある「ライオンロップ」などがいます。いずれも飼いやすいうさぎです。

ロップイヤーを飼う時の注意点は?

ロップイヤーはうさぎの中でも知能が高く、遊び好きだと言われています。ケージに入れたまま放置してしまうとストレスが溜まる可能性がありますので、時間のある時に10分でも良いのでケージの外に出して遊ばせてあげましょう。ただし、アナウサギは地面を掘るのが大好きです。室内でも絨毯やたたみを引っ掻いてボロボロにしてしまうことがありますので、ケージの外に出す場合は床を保護した方が良いでしょう。

また、ロップイヤーはほかのうさぎ同様に室温の変化に敏感です。ケージのある場所はエアコンを活用してロップイヤーが快適だと感じる20℃~25℃に保つようにしましょう。場合によっては保冷剤やヒーターをケージの中に入れてあげた方が良いでしょう。

また、被毛を飲み込んで毛球症になる可能性がありますので、定期的にブラッシングして無駄な毛を取り除いてあげることが大切。さらに前歯が伸びて不正咬合になる傾向もありますのでケージの中に前歯で齧れる木やおもちゃも忘れてはなりません。

 

ロップイヤーを飼う時に揃えたいグッズは?

まず、必要なのはケージです。縄張り意識の強いうさぎにとって広すぎるケージはストレスになりますので、エサ場、トイレなどの生活必需品を入れた残りのスペースはうさぎが適度に動き回れる程度で充分なのです。

ケージを購入したら餌を与えるための牧草入れ、えさ箱、給水器、オモチャなどを用意します。えさ箱、給水器は中のものがこぼれないようケージに固定できるタイプがオススメです。

最後に必要なのはグルーミンググッズ。うさぎも毛が抜けたり爪が伸びたりしますのでブラシや爪切りは購入しておきましょう。

ロップイヤーのエサには何を用意する?

ロップイヤーには牧草を6割程度の割合で与え、後の4割をウサギ用のペレットで補うのが良いでしょう。

牧草

牧草にはマメ科の「アルファルファ」とイネ科の「チモシー」があります。「アルファルファ」は栄養価が高く、成長期の子うさぎや妊娠中の雌うさぎに与えるのに適しています。反対に「チモシー」は繊維質が多く、カルシウムが少ないため高齢のうさぎに特に向いていると言われています。うさぎの年齢に合わせて牧草を変えてあげましょう。

うさぎ専用ペレット

ペレットは牧草や穀物などを原材料として作られたうさぎ用のポリポリ。うさぎに必要な栄養分がバランスよく添加されていますが、栄養価が高いため食べ過ぎると栄養過多になってしまう場合があります。最近ではハーブやコエンザイムQ10などを添加し、うさぎの健康により配慮した商品も売られています。

おやつ

うさぎはニンジン、りんごなどの野菜や果物も大好きですので、おやつとしてたまにあげると良いでしょう。その場合はペレットの量を減らしてバランスを取るようにしてください。

一緒に遊んで楽しみたいのがロップイヤー

うさぎ ロップイヤー3
運動が好きで人にも懐きやすいロップイヤーは、うさぎと触れあいたいという飼い主さんにぴったりです。好奇心旺盛で活発ですが、上手に扱えば抱っこもさせてくれますので、きっと楽しいコンパニオンアニマルになってくれるはずです。