2016年1月1日更新

垂れ耳と軟らかい長毛で人気!アメリカンファジーロップの特徴、性格、飼い方

垂れた耳に黒く大きな目、長いストレートな被毛が特徴のアメリカンファジーロップ。もともとアメリカで交配されて広まったうさぎですが、日本でも人気です。今回はアメリカンファジーロップの特徴や飼い方などをご紹介しましょう。

アメリカンファジーロップってどんなうさぎ?

アメリカンファジーロップはホーランドロップとフレンチアンゴラをかけ合せることで生まれた品種。垂れ耳はホーランドロップから、長くてシルキーな被毛はフレンチアンゴラからの遺伝です。大人になると1.5kg前後~3kg前後にまで成長し、体調も25cm~30cm程度にまで大きくなります。

性格は至って穏やかで人懐こく、飼い主さんとのスキンシップも嫌がりません。うさぎとの触れ合いを求める人にはぴったりのうさぎです。

アメリカンファジーロップを飼う時の注意点は?

アメリカンファジーロップは性格が人懐こいため、初めてうさぎを飼う人でも飼いやすいと言われています。ただし、被毛が長いため毛玉がお腹に溜まってしまう毛球症に罹りやすいと言われていますので少なくとも週に2~3度はブラシングして無駄な毛を梳いてあげるようにしましょう。

アメリカンファジーロップは他のうさぎ同様に温度の変化に敏感です。寒い冬や暑い夏、湿気が多く蒸し暑い梅雨の時期などは、ケージの温度・湿度管理が大切です。冬や夏など気温が極端に上下する時期はエアコンなどで20℃~25℃位の温度に保つよう注意が必要です。ケージの置き場所も季節によって移動させて冷たい空気や直射日光を避けるようにすると良いでしょう。

また、垂れ耳で長毛のアメリカンファジーロップは耳ダニなどに感染する傾向があります。耳の中は定期的にチェックし、汚れていないかどうか、嫌な臭いがしないかどうか調べることも大切です。

アメリカンファジーロップを飼う時に揃えたいグッズは?

居心地の良いケージを入手

アメリカンファジーロップを飼うためにはまずケージが必要です。うさぎは縄張り意識が強い動物ですし、穴の中で暮らしていた本能から広いケージはかえってストレスになります。エサ場、トイレなどの生活必需品を入れた残りのスペースはうさぎが体を回転させられる程度で充分です。ケージの床にはうさぎが怪我をしないよう床材もしくはすのこを敷き、トイレも用意しましょう。

食事のためのグッズを揃える

エサを与えるためのグッズとして牧草入れ、エサ箱、給水器などを用意します。ケージの中はそんなに広くないはずですので、エサや水をこぼさないよう柵に固定するタイプがオススメです。

グルーミンググッズも用意しよう

うさぎは前歯を常に削っておかないと必要以上に伸びてしまって食事がままならなくなります。歯をケアするための道具として齧り木を用意しましょう。また、先ほども紹介したようにアメリカンファジーロップは被毛のお手入れが欠かせませんので、櫛やブラシは必然です。

アメリカンファジーロップのエサには何を用意する?

うさぎ専用ペレット

ペレットは牧草を材料に作られ、うさぎに必要な栄養分がバランスよく添加されていますが、栄養価が高いため食べ過ぎると肥満になってしまう場合があります。ペレットの食餌量は食事全体の約3割程度におさめるようにしましょう。

牧草

牧草にはマメ科の「アルファルファ」とイネ科の「チモシー」があります。「アルファルファ」はタンパク質などの栄養価が高く、成長期の子うさぎや妊娠中の雌うさぎに与えるのに適しています。反対に「チモシー」は繊維質が多く、カルシウムが少ないため高齢のうさぎに特に向いていると言われています。牧草は年齢や体調に合わせて変えていくことが大切です。

果物、野菜

うさぎの食生活を豊かにしてあげるため、たまには果物、野菜などをおやつとして与えても良いでしょう。ペット用のドライフルーツは腐りにくく便利なおやつです。

温和で可愛いアメリカンファジーロップは万人に愛されるうさぎ

垂れ耳とシルキーな長い被毛が可愛いアメリカンファジーロップはうさぎ好ききだけでなく多くの人を惹きつける人気者です。長毛のケアには手がかかりますが、人懐こく甘えん坊のアメリカンファジーロップはそれを補って余りあるペットです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

垂れ耳と軟らかい長毛で人気!アメリカンファジーロップの特徴、性格、飼い方

垂れた耳に黒く大きな目、長いストレートな被毛が特徴のアメリカンファジーロップ。もともとアメリカで交配されて広まったうさぎですが、日本でも人気です。今回はアメリカンファジーロップの特徴や飼い方……

うさぎ

ミニウサギ 値段の特徴・性格・飼い方をご紹介!

毛色の種類や性格のバリエーションがとても豊富なミニウサギ。成長した姿も楽しめるミニウサギの情報を集めました。 ミニウサギの性格や特徴 「ミニウサギ」とは様々な品種を交配し……

うさぎ

オスとメス、飼うならどっち!? ウサギの雌雄の違いについて

ペットを選ぶとき、オスとメスのどっちを飼えばいいのか迷ってしまう人も少なくないでしょう。 同じ品種でも雌雄で特徴が異なり、飼育する注意点も増えたり減ったりすることもままあります。ウサギ……

うさぎ

年齢別ウサギの食事の与え方について 【大人~高齢ウサギ編】

別記事で紹介したウサギのエサの量と種類の今回は【大人~高齢編】です。 子ウサギと比べると成長も安定し、体も丈夫になった大人でもエサには気を配らなければならないことはあります。また、老化……

うさぎ

パンダみたいなうさぎ、ダッチの特徴、性格、飼い方をご紹介

白と黒のツートーンカラーの被毛がパンダに似ていることからパンダうさぎの異名をもつダッチ。ダッチ(英語でオランダという意味)という名前が示す通りオランダ原産の純血種です。今回はダッチについて、……

うさぎ

うさぎの中で最も小さい!ネザーランドドワーフの特徴、性格、飼い方をご紹介

体重1kg前後の小柄なうさぎ「ネザーランドドワーフ」はオランダで発祥したうさぎの種類。名前の「ネザーランド」はオランダ語でオランダのことで、「ドワーフ」は小さいという意味なのだとか。大人にな……

うさぎ

ウサギはとてもデリケート。夏と冬に気をつけることをまとめました

ウサギはとてもデリケートな生き物です。騒音・食事・ストレスなど気を付けてあげないといけないことは多々あり、そのなかの一つに『温度』もあります。 最近は日本全国で異常気象が頻発しているの……

うさぎ

うさぎをシャンプーしてあげていいの?うさぎの上手な洗い方について

うさぎは水が嫌いで水に入れると死んでしまう…などといった迷信が昔はあったようですが、それは間違い。うさぎをお風呂に入れても死んだりはしません。 ただし、うさぎはシャンプーが大嫌いですし……

うさぎ

ネザーランドドワーフ 値段の特徴・性格・飼い方をご紹介!

ネザーランドドワーフはウサギの中でも小型で丸い顔とからだを持つ人気の品種。ぴょこぴょこ動く姿は本当に可愛いですね。そんなネザーランドドワーフの情報をお伝えします。 ネザーランドドワーフの性……

うさぎ

うさぎが感じるストレスの原因とその対策方法

「うさぎは寂しくなると死んでしまう」というのは有名な都市伝説の一つですが、実はまるっきり嘘ではありません。うさぎはとてもデリケートな動物で、飼い主とのスキンシップが不足すると「ストレス」を感……

うさぎ

ウサギに「おやつ」って必要? うさぎのおやつの種類と与え方について

ペットショップやインターネットの通販サイトを見ていると、「ウサギのおやつ」という商品を目にすることがあります。クッキーやドライフルーツなど種類はありますが、そもそもうさぎに主食とおやつの概念……

うさぎ

ウサギにしつけはできる? ウサギの性格・習性について

ペットとしての歴史もそこそこ長いウサギですが、野生の習性も色濃く残しています。飼育する上でウサギの習性を知っておくのはとても大切なことです。 ウサギ本来の習性を知ってウサギにストレスを……

うさぎ

毛並の美しさでは随一!ミニレッキスの特徴、性格、飼い方をご紹介

アメリカで生まれたミニレッキスは小柄で飼いやすい上、毛並の美しさはうさぎの中でもトップクラス。うさぎの中でもペットとして人気がある品種です。今回は、ミニレッキスの特徴や飼い方についてご紹介し……

うさぎ

視覚、聴覚、触覚…。ウサギの五感について理解しよう!

皆さんはウサギの五感についてどこまで知っていますか? 「なんとなく耳が大きいから聴覚は良さそう」というぼんやりとしたイメージくらいの方も多いのではないでしょうか。私たちとは感覚が違う部……

うさぎ

家庭でできる「うさぎのお手入れ」の基本。ブラッシング・爪切り・耳掃除

家庭でうさぎを飼う時には家でのお手入れが大切です。 ブラッシングや爪切りで不要な病気や怪我を防ぐことができますし、お手入れを通じてうさぎとのコミュニケーションを取ることもできます。 ……

うさぎ