2016年1月4日更新

ぬいぐるみのようにキュートなうさぎ、イングリッシュアンゴラの特徴、性格、飼い方

ふわふわの長毛がまるでぬいぐるみのようなうさぎ、イングリッシュアンゴラ。一目見てファンになる人も多いようですが、飼うのはそんなに簡単ではありません。今回はイングリッシュアンゴラの特徴や飼い方についてご紹介します。

イングリッシュアンゴラってどんなうさぎ?

イングリッシュアンゴラは被毛から毛糸を作るために品種改良されたアンゴラうさぎの一種。毛糸のセーターなどにアンゴラという名前を見かけることがあると思いますが、これはアンゴラ種のうさぎから作られる毛糸を使っています。イングリッシュアンゴラはアンゴラうさぎをペット用に小柄にした品種でARBAに公認されている純血種です。

被毛は軟らかく長いのが特徴で被毛の長さは10cmにも及びます。顔に生えている毛まで長いため目がどこにあるのかも分からないうさぎもいます。被毛の色は白ホワイトとグレーの混じったトートがいます。大人になってからの体重は3kg~3.5kg位でうさぎの中ではミドルクラスのサイズですが、被毛がふわふわとしているため実際より大きく見えます。

イングリッシュアンゴラを飼う時の注意点は?

イングリッシュアンゴラは長い被毛ゆえにうさぎの中でも飼うのが難しいうさぎです。毎日グルーミングするぐらいの覚悟がなければ長い被毛が絡んで毛をカットしなければならなくなります。軟らかい被毛はすぐに絡んで玉になりますので1日1回はケージから出して丁寧にブラッシングしましょう。

また、他のうさぎに比べると温度の変化に弱いのも特徴。イングリッシュアンゴラを飼う部屋はエアコンなどで20℃~25℃程度に保つことが必須です。真冬の寒い時期はケージの中にヒーターや湯たんぽを入れてあげる、真夏は保冷剤や冷え冷えマットなどでうさぎが体温をコントロールできるようにしてあげることも大切です。

イングリッシュアンゴラは初心者にはあまりオススメできないうさぎです。可愛いからといって初心者が衝動買いしたあげく、面倒を見られなくなって手放すケースも増えているようですので、飼う場合はきちんと世話ができるかどうか自問することが必要でしょう。

イングリッシュアンゴラを飼う時に揃えたいグッズは?

居心地の良いケージを入手

うさぎを飼うためにはまずケージが必要です。うさぎは縄張り意識が強い動物ですし、広いケージはかえってストレスになりますので広いケージは使いませんが、イングリッシュアンゴラの場合は長い被毛が引っかからないよう少し広めのケージが良いようです。ケージの床にはうさぎが怪我をしないよう床材もしくはすのこを敷き、トイレも用意しましょう。

食事のためのグッズを揃える

エサを与えるためのグッズとして牧草入れ、エサ箱、給水器などを用意します。エサや水をこぼして長い被毛を汚さないよう柵に固定するタイプか重みがあって安定するタイプがオススメです。

グルーミンググッズは必須アイテム

イングリッシュアンゴラにはグルーミングが欠かせません。うさぎが家に来ると同時に櫛やブラシを用意しましょう。絡んだ被毛を梳かすには櫛を、全身をくまなく梳かすにはブラシが向いていますので両方揃えると良いでしょう。

イングリッシュアンゴラのエサには何を用意する?

イングリッシュアンゴラは被毛が長いため毛球症になりやすい傾向があります。できれば牧草を多めに与えて糞と一緒に飲みこんだ毛を排泄しやすくするのが良いでしょう。

牧草

牧草にはマメ科の「アルファルファ」とイネ科の「チモシー」があります。「アルファルファ」は栄養価が高く、成長期の子うさぎや妊娠中の雌うさぎに与えるのに適しています。反対に「チモシー」は繊維質が多く、カルシウムが少ないため高齢のうさぎに特に向いていると言われています。牧草は年齢や体調に合わせて変えていくことが大切です。イングリッシュアンゴラには牧草を8割程度の割合で与えましょう。

うさぎ専用ペレット

ペレットは牧草を材料に作られ、うさぎに必要な栄養分がバランスよく添加されていますが、イングリッシュアンゴラの場合は牧草を多めに与えるため、ペレットの食餌量は食事全体の約1割程度に抑えます。

果物、野菜

ペレットが少なめになる分、果物や野菜で栄養のバランスを取るようにしましょう。りんご、小松菜、にんじんのほか、ペット用のドライフルーツなどを1割程度与えるようにすると良いでしょう。

可愛いだけで飼ってはダメ!飼うなら毎日ブラッシングを

手触りの良い毛、綿帽子のようなルックス。イングリッシュアンゴラにはうさぎに興味のなかった人をも惹きつける魅力がありますが、うさぎ飼育の経験がある人にオススメのうさぎです。出会いがあって飼うことになったら毎日のブラッシングは欠かさないでください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ウサギにしつけはできる? ウサギの性格・習性について

ペットとしての歴史もそこそこ長いウサギですが、野生の習性も色濃く残しています。飼育する上でウサギの習性を知っておくのはとても大切なことです。 ウサギ本来の習性を知ってウサギにストレスを……

うさぎ

2大人気品種のひとつ、ホーランドロップイヤーの特徴、性格、飼い方をご紹介

ネザーランドドワーフと人気を2分しているうさぎの品種がホーランドロップイヤーです。 垂れた耳が人気ですが、穏やかで人見知りしないため初心者でも飼いやすいうさぎのひとつと言われています。今回……

うさぎ

ロップイヤーの一品種、ミニロップの特徴、性格、飼い方をご紹介

うさぎの種類はじつにさまざま。犬や猫と違ってペットショップでは雑種にも名前がつけられて売られていますので、余計分かりにくいのかもしれません。今回ご紹介するミニロップもそんな中のひとつ。耳の垂……

うさぎ

ウサギやモルモットには欠かせない「牧草」の種類と特徴をまとめました

牧草は食物繊維が豊富で、ウサギやモルモットには欠かせないエサです。しかし、エサ用の牧羊にもたくさん種類があり、どれを選べばいいのか、迷ってしまう飼い主さんもいるのではないでしょうか? ……

うさぎ

うさぎは全身で話す?うさぎのボディランゲージを理解しよう

犬や猫のように鳴くことがないうさぎはコミュニケーションが取りづらいと思われているようですが、実はボディランゲージで結構、雄弁に気持ちを語っています。 今回は、うさぎのしぐさとその意味に……

うさぎ