2016年2月23日更新

ふわっとした長毛で小柄なうさぎ、ジャージーウーリーの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ジャージーウーリーはネイザーランドドワーフと同様、非常に小柄ですが、ふわっとした長毛が特徴的です。比較的最近の品種ですが、可愛いルックスから人気上昇中。今回はジャージーウーリーについてご紹介しましょう。

 

ジャージーウーリーってどんなうさぎ?

ジャージーウーリーはネザーランドドワーフと他のうさぎを交配させて生まれた品種。カーリーな長い被毛が特徴です。ネザーランドドワーフの派生品種ですので体は小柄で体重は1.3kg~1.5kg前後、体長も20㎝~25㎝前後です。性格は非常におとなしく飼いやすいうさぎですが、シャイなところがあるので触れあい方には注意が必要です。

ジャージーウーリーを飼う時の注意点は?

ジャージーウーリーは長毛種ですので、まず被毛のケアが大切です。毛玉ができたり、毛球症になったりしないように週に2~3度は丁寧にブラッシングしてあげましょう。

また、他のうさぎ同様に気温の変化に弱い傾向がありますので、ケージ周辺の温度は20℃~25℃位にキープするようエアコンなどでの調整が必要です。寒い季節にはヒーターや湯たんぽなど、暑い季節には保冷剤などを使ってうさぎが体温調整できるようにすることも考えましょう。

 

ジャージーウーリーを飼う時に揃えたいグッズは?

適度な広さのケージ

ジャージーウーリーは小柄なうさぎですので、広いケージは必要ありません。アナウサギ種が祖先であるジャージーウーリーは狭い場所の方が落ち着きますし、縄張り意識が強いため広い場所だとストレスを感じることがあります。エサ場、トイレなどを除いたフリースペースはジャージーウーリーが寝転べる程度で充分です。ケージの床にはうさぎが怪我をしないよう床材もしくはすのこを敷いておきましょう。

エサ場を作る

エサを与えるためのグッズとして牧草入れ、エサ箱、給水器などが必要です。狭いケージの中でエサや水をこぼさないようケージに固定できるタイプがオススメです。

グルーミンググッズも用意しよう

先ほども紹介したようにジャージーウーリーは被毛のお手入れが欠かせませんので、櫛やブラシを用意するのは必然です。櫛やブラシは目の細かいタイプと荒いタイプなど数種類用意するとグルーミングが上手に行えます。

ジャージーウーリーのエサには何を用意する?

うさぎ専用ペレット

ペレットは牧草を主原料に作られるうさぎのための固形のエサ。うさぎに必要な栄養分がバランスよく配合されていますが、栄養価が高いため食べ過ぎると栄養過多になってしまう場合があります。ペレットの食餌量は食事全体の約3割程度におさめるようにしましょう。

牧草

牧草にはマメ科の「アルファルファ」とイネ科の「チモシー」があります。「アルファルファ」は栄養価が高く、成長期の子うさぎや妊娠中の雌うさぎに与えるのに適しています。反対に「チモシー」は繊維質が多く、カルシウムが少ないため高齢のうさぎに特に向いていると言われています。牧草は年齢や体調に合わせて変え、食餌のメインにしましょう。

果物、野菜

うさぎの食生活を豊かにしてあげるため、たまには果物、野菜などをおやつとして与えても良いでしょう。りんご、にんじん、小松菜などはうさぎの食生活に潤いを与えてくれます。ただし、食べ過ぎは肥満に繋がりますのでおやつ程度だと考えましょう。

ふわふわで可愛いジャージーウーリーを飼いたい人が増えている

ネザーランドドワーフはうさぎの中でも人気種ですが、同じように小柄でしかも長毛のジャージーウーリーも最近、人気のあるうさぎです。おとなしいうさぎですので、かまい過ぎは禁物。極端に干渉せずうさぎと上手に距離感を保つことが大切でしょう。