2015年12月31日更新

ずんぐりボディが豚に似ている?モルモットの特徴、性格、飼い方

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

モルモットはまるっとした体とつぶらな瞳が愛らしいためか、数は少ないもののペットとしても人気があります。ちょっと豚に似ているルックスから英語ではギニーピッグと名づけられています。今回はモルモットの特徴、性格、飼い方などをご紹介しましょう。

 

モルモットってどんな動物なの?

guinea-pig-444016_640
モルモットは南米で生まれインディオが家畜として、またペットとして飼っていたネズミを祖先として品種改良されました。日本には江戸時代にオランダから輸入されペットとして普及しましたが、その後実験動物として広まりました。モルモットという名前はよく知られていますが、実際にどんな姿をしているのか意外に知られていません。

モルモットは体長20cm~40cm、体重0.5kg~1.5kgでネズミとしては大型です。筒のようにずんぐりした胴体、短い手足、無尾に短い尻尾、胴体と区別がつきにくい丸くて大きな頭、小さな耳などが特徴です。被毛の色や毛質によってイングリッシュ、アビシニアン、シェルティなど100種類近い品種がいます。

性格は大人しいというより臆病と言った方が良いかもしれません。ペットとして家に飼われるようになっても人の気配や物音にビクビクして食事をしなくなってしまうほど神経質なところがありますが、飼い主さんには甘えてくる可愛いところもあります。

モルモットを飼う時の注意点は?

モルモットは鳴くことも少なく大人しい動物ですので、マンションの一室などでも飼うことができますが、物音や環境の変化に敏感に反応しますので、静かで落ち着いた場所であることが求められます。ただ、静かと言っても人目が届かない場所に隔離してしまうと体調の変化を見逃してしまうこともありますので、なるべく飼い主さんの目の届くところにケージを置きましょう。

また、モルモットは高温多湿に弱い傾向がありますので、室温は18℃~25℃位に、湿度は70%を超えないように空調管理しましょう。ただし、エアコンの風が直接当たる場所にケージを置くのは止めましょう。

 

モルモットを飼う時に揃えたいグッズは?

ケージ

モルモットのケージは1頭あたり1㎡程度のサイズを目安に選びましょう。モルモットはジャンプするわけではありませんので、柵の高さが40cm~50cmあれば天井はなくても問題ありません。ケージの代わりにプラスチックの衣装ケースを使う飼い主さんもいるようです。

巣箱

モルモットはもともと巣穴の中で過ごしていましたし、周囲の環境に敏感ですので隠れる場所として巣箱は用意しましょう。外から見られず、暗くて狭い穴をイメージできるような巣箱を選びましょう。

食事グッズ

エサを与えるための牧草入れ、エサ箱、給水器などを用意します。ケージの中でエサや水がこぼれないよう柵に固定するタイプか重さのあるタイプが良いでしょう。

グルーミンググッズ

モルモットは自分で体を舐めてセルフグルーミングしますが、飲みこんでしまった毛を猫のように吐き出すことができません。飲みこんだ毛を排泄しきれなくなると毛球症になることがありますのでブラッシングは欠かせません。特に長毛種は週に2回~3回はブラッシングしてあげましょう。また、モルモットも爪が伸びますので爪切りも購入しておきましょう。

モルモットのエサには何を用意する?

【関連記事】モルモットの食事

モルモットのエサは牧草を主食にし、副食としてモルモット用のペレット、野菜、果物などで補います。牧草にはマメ科のアルファルファとイネ科のチモシーがあります。アルファルファはタンパク質やビタミンAが豊富で、成長期や妊娠中、授乳期などに与えるのに向いています。チモシーは低タンパク、低カルシウムですので、大人~高齢のモルモットに向いています。年齢に応じて与える牧草を選びましょう。牧草をしっかり与えることで前歯が必要以上に伸びるのを防ぐことができます。

また、モルモットは犬や猫のようにビタミンCを体内で作ることができないため、食事から摂る必要があります。ビタミンCはペレットや野菜から摂取させるようにしましょう。

きちんとお世話すれば飼い主さんに甘えてくれる可愛いペット

imasia_5859317_S
ぬいぐるみのような体に黒いつぶらな瞳。モルモットは外見もキュートですが、馴れれば飼い主さんに遊びをせがんでくる面もあり、一度飼ったらファンになってしまう動物。臆病なところが「守ってあげたい」という気持ちにさせられるのも事実です。縁あってモルモットを飼う幸運に恵まれたら、是非、大切にお世話してあげてください。