2016年6月3日更新

【獣医師監修】犬の毛包虫症〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の毛包虫症の原因
  • 犬の毛包虫症の症状
  • 犬の毛包虫症の対策
  • まとめ

毛包虫症という言葉に馴染みのある方は少ないのではないでしょうか。毛包虫症とは別称ニキビダニ症とも呼ばれ、皮脂腺や毛包に寄生している毛包虫(別名:ニキビダニ)が異常に増殖することで症状が出始める寄生虫症のことを指します。毛包虫症の原因や症状、対策についてご紹介していきます。


犬の毛包虫症の原因

犬の毛包虫については未だ解明されていないことが多く、確かなことはわかっていません。ただ毛包虫が感染する経路として母子感染が確認されており、毛包虫に感染している母犬から子犬に毛包虫が感染する可能性があります。

毛包虫が犬に寄生していても毛包虫症が発症するとは限りませんが、何らかのきっかけで毛包虫が犬の体で異常に増えてしまうと、症状が現れ始めます。毛包虫症を引き起こす原因としては下記が考えられます。

  • 遺伝
  • ホルモン異常
  • 免疫力の低下

遺伝によって毛包虫症が発症しやすい犬種があります。また、免疫力が低下している犬は毛包虫症が発症しやすいと考えられているほか、ホルモン異常によって毛包虫症を発症することがあるとも言われています。


犬の毛包虫症の症状

犬の毛包虫症の症状は皮膚の赤み、ただれ、フケ、脱毛、膿疱、膿皮症などです。症状の出方としては毛包虫が感染している部位の付近だけに症状が現れる場合もありますが全身に症状が現れる場合もあります。