2016年3月10日更新

【獣医師監修】猫のコクシジウム症〜原因・症状と対策

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫のコクシジウム症という病気についてご存知でしょうか。おそらく聞き馴染みのある方は少ないのではないかと思われます。コクシジウム症とは寄生虫症の一種です。コクシジウム症の症状が見られ始め、症状が悪化してくると重い症状が出るようになることがあるので注意してください。猫のコクシジウム症を悪化させないためにはコクシジウム症についての知識を深め、早期発見できるようにすることが大事になります。猫のコクシジウム症の原因や症状、対策についてご紹介していきます。

 

猫のコクシジウム症の原因

猫のコクシジウム症を引き起こす原因はコクシジウムという寄生虫です。コクシジウムは他の動物から感染する可能性があり、病原性があるので感染し、体内で増殖すると身体の不調が生じます。とはいえコクシジウムが体内に侵入したとしても多くの場合は症状が表れません。しかし免疫力が低下していたり子猫のように元々免疫力が弱い状態であると寄生虫が増えてしまい、その結果としてコクシジウム症が発症してしまいます。子猫には特に注意してあげてください。コクシジウム症の主な感染経路はコクシジウムに汚染された食物などを口にして感染する経口感染となります。キャットフード以外を口にしないように注意してあげてください。

猫のコクシジウム症の症状

コクシジウムは猫の腸管に寄生します。猫のコクシジウム症の主な症状は下痢や嘔吐、血便、粘液便、脱水症状、食欲不振、微熱などです。猫の体内にコクシジウムが侵入し、免疫力が低下しているとそれらのような症状が出始めることがあるので、症状が見られた時には早急に獣医さんの診察を受けさせてあげてください。

 

猫のコクシジウム症の対策

猫のコクシジウム症の対策はコクシジウムが猫の体内に侵入してしまわないように配慮することが適切です。コクシジウムに汚染されたものを口にしてしまうことのないようにしてください。ただコクシジウムは放置された動物の糞便の中で感染力を持つようになる場合があるので、口にしなければ問題ないというわけではありません。糞便を放置せず、すぐに処理するようにしてください。また飼い猫を妊娠させる予定があるときには母猫がコクシジウムに感染していないか検査することも大切です。子猫は免疫力が低く、コクシジウム症を発症するリスクが成猫よりも高いのでそのようにしてあげましょう。飼い猫にコクシジウム症の症状が出ているときは早めに獣医さんの診察を受けさせ、適切な治療を施してあげてください。

猫のコクシジウム症の治療

猫のコクシジウム症の治療はサルファ剤やアンプロリウム、セクニダゾール、メトロニダゾールなどを投与して行われます。ここでコクシジウムを十分に駆逐できていないと再発してしまう可能性を否定できないので、コクシジウムを完全に駆虫するようにしてあげてください。通常であれば2、3週間程度で回復します。

まとめ

猫のコクシジウム症の原因や症状、対策についてご紹介しました。コクシジウム症はコクシジウムという原虫が猫の体内に侵入し、猫の免疫力が弱いと体内で増殖して発症する寄生虫症です。コクシジウムは腸管に寄生するので下痢や嘔吐の症状が出て、ひどい場合には血便が出ることもあります。特に子猫は免疫力や抵抗力が弱く、コクシジウムに感染してしまうと症状が悪化しやすいので重症化するリスクが高くなります。猫がコクシジウムに感染してしまわないように細心の注意を払うようにしてあげてください。猫のコクシジウム症は適切な治療を行えば十分に完治することが見込めます。コクシジウム症を発症していると思われる時には早急に動物病院に連れていき、獣医さんの診察と治療を受けさせてあげましょう。コクシジウムが体内に寄生してしまったときには薬によって寄生虫を駆除できます。飼い猫を健康な状態に戻してあげるためにはまず動物病院に連れて行ってあげることが大事なので、自分で判断してしまうことのないようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ