2016年6月3日更新

【獣医師監修】犬のハエウジ症〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ハエの幼虫のウジが犬の体内に寄生することがあります。主な寄生場所は皮膚の表面にできた傷口です。ハエウジ症の原因となる主なハエの種類にはウシバエ、イエバエ、ニクバエ、ウサギヒフバエ、ヒトヒフバエなどが挙げられます。

ウジが犬の体内に寄生している状態を放置していると激しい炎症を引き起こす原因となるので注意しなければなりません。犬のハエウジ症の原因や症状、対策についてご紹介していきます。

 

犬のハエウジ症の原因

犬のハエウジ症の原因は傷口からハエの幼虫が体内に入り込むことです。ハエの中には哺乳類の体液を吸って生きる種がいます。そのようなハエは動物の傷口に集まり、卵をそこに産みつけます。そうして傷口にウジが湧いた状態になるとハエウジ症を発症します。

犬の体内にハエの幼虫が侵入し、体内で死んでしまうとアレルギー症状が出て激しい炎症が見られることがあるので注意しなければなりません。特に犬を室外で飼っている場合はハエと接触する機会が室内で飼われている犬に比べて多く、また飼い主が犬の身体に触れる機会が少なくなりがちので発見が遅れやすくなります。

犬のハエウジ症は適切な治療を施せば十分に完治を見込めますが、発見が遅れてしまうと症状が深刻化する場合があります。室外で飼っている方は特に注意するようにしてください。

犬のハエウジ症の症状

犬のハエウジ症の症状は皮膚の表面に表れます。腫瘍や潰瘍、化膿などの症状が見られるので日頃から飼い犬の皮膚をを注意深く観察する習慣を身に着けておきましょう。

ハエの幼虫が犬の身体に寄生するパターンは3パターンあります。皮膚の表面にウジが湧いた状態になるパターン、皮膚の中にウジが侵入するパターン、ウジが皮膚の中を食い破って移動するパターンです。

ウジが湧いた状態であれば見落とす可能性は薄いですが、皮膚の中に入ってしまっているときには見落とす可能性があります。皮膚の中にハエの幼虫が侵入している可能性を頭に入れておいてください。

 

犬のハエウジ症の対策

ハエウジ症を予防するために有効な対策は犬の皮膚に傷が出来ていないかをこまめにチェックしておくことと、室内で犬を飼うことの2点です。

ただ室外でやむなく犬を飼っているという方は定期的に飼い犬の身体をチェックしてあげてください。特に散歩から帰ったときや入浴のときに身体を細かくチェックすると効果的です。

散歩中は身体に傷を負う可能性があり、入浴中は身体に傷があると痛がる素振りを見せるので傷口を発見しやすくなります。また散歩中に犬がけがをしないような配慮をすることも大事になります。ハエウジ症を予防し、もしウジが寄生してしまったときには早期発見できるように対策を取っていきましょう。

犬のハエウジ症の治療

犬のハエウジ症の治療は物理的にハエの幼虫を除去する形で行われます。

傷口にウジが湧いている場合にはそれらを除去します。また皮膚の中にまで入り込んでしまっているときにはウジが体外に出てくるように仕向けます。具体的にはウジを酸欠状態にしたり傷口を刺激するなどの方法です。ただそれらの方法で完全にウジを除去できない場合には外科手術をして取り出さなければならない場合があります。

またウジが皮膚の内部を移動してしまっていてどこにいるのかわからなくなってしまっているときには薬剤を投与して殺します。しかし体内でウジが死んでしまうとアレルギー症状が出ることがあるので慎重に対応してあげてください。

まとめ

犬のハエウジ症の原因や症状、対策についてご紹介しました。犬の身体に傷口があるとハエが集まってきてしまう可能性があるので犬の皮膚に傷がつかないように気を付けてあげてください。

もしウジが犬の身体に寄生してハエウジ症を発症してしまったときにはウジを適切な方法で完全に除去できれば完治する可能性が高いので、動物病院に連れて行って獣医さんにウジを除去してもらいましょう。

愛犬の身体にウジが寄生しているときには早期に発見できるような態勢を整え、また可能な限りハエの脅威から飼い犬を守ってあげられるような対策をしてあげてください。

 
 

関連カテゴリ