2016年3月25日更新

【獣医師監修】犬の血小板減少症〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の血小板減少症の原因
  • 犬の血小板減少症の症状
  • 犬の血小板減少症の対策
  • まとめ

血小板減少症は読んで字のごとく血液中の血小板が減少している状態のことを指します。血小板は出血が起きた際に止血を行うはたらきのある血液中の細胞のことです。

血小板は動物が生命活動を行う上で非常に重要な役割を担っている細胞と言えます。また血小板減少症の引き金となっている原因には重病が含まれており、場合によっては命に関わります。犬に表れている症状から体調不良を見抜き、動物病院で適切な検査・処置を受けさせてあげましょう。

犬の血小板減少症の原因や症状、対策についてご紹介します。


犬の血小板減少症の原因

犬の血小板減少症は血小板を生成するはたらきが弱まっている血小板を破壊するはたらきが強くなっていることによって血小板が減少していくことで発症します。

血小板を生成するはたらきは骨髄が担い、血小板を破壊するはたらきは脾臓が担っています。血小板減少症を引き起こしているときはそれらのうちのどちらかに異常が出ている可能性があります。