2016年6月18日更新

【獣医師監修】犬の低カルシウム血症〜原因・症状と対策

 
 

低カルシウム血症とは血中のカルシウム濃度が著しく低下した状態のことを指します。体内に摂取されたカルシウムはそのほとんどが骨の生成に使われます。ただそのすべてが骨の生成に使われるというわけではなく、一部はその他の生命活動に使われます。

血液中のカルシウムにはイオン型カルシウム、たんぱく質結合型カルシウム、複合型カルシウムの3種類あり、低カルシウム血症はイオン型カルシウムの濃度が著しく低下した状態を意味しています。ここでは犬の低カルシウム血症の原因や症状、対策についてご紹介します。


犬の低カルシウム血症の原因

犬の低カルシウム血症の原因には様々なものが考えられます。腎臓の病気などの基礎疾患、出産、栄養バランスの偏り、有毒物質の摂取などのように多岐に渡っています。それぞれの詳細について掘り下げてお伝えします。

基礎疾患が原因の場合

低カルシウム血症を引き起こす可能性のある主な基礎疾患は腎不全、膵炎、副甲状腺機能低下症、マグネシウム血症などです。以上のような重い病気を発症した際に低カルシウム血症が見られることがあるので注意してください。

 
 

人気の記事