2016年3月1日更新

鎌倉にいるタイワンリスの仲間、バナナリスの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

バナナリスはアジア、マレー半島を中心に生息しているリス。鎌倉や三浦半島で増え続けているタイワンリスと同じカテゴリーに属し、姿かたちもタイワンリスに似ています。今回はバナナリスの習性や飼い方についてご紹介しましょう。

〈画像引用元:Michael Khor

 

バナナリスってどんな動物?

バナナリスはリス科タイワンリス属に分類されるリスで体長20cm前後、木々の間を飛び回って果実や木の実を捕食する非常にアクティブな動物です。背中部分はグレイの被毛で覆われ、腹の部分は薄茶色かオフホワイト、大きな目、リスにしては細い尾が特徴。他のリスに比べるとスリムな体型をしています。

他のリス同様に臆病ですが、子リスの頃から馴らしていけば飼い主さんの手から食べ物を受け取るなどペットとしての楽しい面も見られます。特定外来種が増えて入手できないリスが増える中、ペットショップで入手して普通に飼えるリスとして人気があります。


〈画像引用元:berniedup

バナナリスを飼う時の注意点は?

温度管理が大切

バナナリスは暖かい場所に生息しているため寒さに強くありません。ケージの周辺はエアコンなどで20℃~28℃程度にキープすることが大切です。バナナリスを始めとするタイワンリスの仲間は冬眠しませんので冬時期の温度コントロールは大切な作業と言えるでしょう。

うるさい音に注意

バナナリスには音に敏感です。もともと臆病な動物ですので騒音には敏感に反応します。うるさい環境に長く居るとストレスをためてしまい体調を崩してしまうこともありますのでケージはなるべく落ち着いた場所に設置しましょう。

 

バナナリスを飼う時に揃えたいグッズは?

ケージ

バナナリスは木々の間を飛び回る非常にアクティブなリスですので、ケージは広さ高さともに充分に余裕のあるタイプを選びましょう。ケージの中には丸太を立てかけてリスが登れるようにし、巣箱は高めの場所に設置します。ケージのスペースが許すのであれば回し車を入れてあげると運動不足の解消になります。

エサ用のグッズ

リス専用のペレットや木の実、果物などを入れるためのエサ入れ、水入れなどを用意します。アクティブに動き回るバナナリスがケージの中で跳びまわってもひっくり返したりこぼれたりしないようにエサ入れ、水入れはケージの網に固定するタイプがオススメです。

バナナリスは何を食べるの?


〈画像引用元:oldandsolo

リス用ペレット

リス用のペレットはリスに必要な栄養分がバランスよく含まれているため非常に便利なエサですので、常備しておくと良いでしょう。リス用が入手できない場合はハムスター用でも代用が可能です。

果物、野菜、木の実

名前が示すようにバナナリスはバナナをはじめ、メロンやりんごのような果物が大好物です。軟らかい食材を舐め取って食べるために長い舌を持っているくらいですので、果物は他のリスに比べて多めにあげると良いでしょう。木の実や種はペットショップにも売られていますが、秋に自分で拾って冷凍保管しておくと便利です。

野生的なリスなので馴らすなら辛抱強く

バナナリスは臆病な性格のため、リスの中でも人に馴れにくいと言われています。バナナリスと触れ合うためには、子リスの頃から少しずつ人間に馴れて貰うことが大切です。ケージの外からエサを手渡しするなどして距離を縮め、エサで誘導できるようになったらケージの外に出して触れ合ってみましょう。うまく手に乗ってくれるようになればリスの可愛さを一層楽しむことができるでしょう。

 
 

関連カテゴリ