2016年3月11日更新

【獣医師監修】犬にコーヒーをあげても良いことなし!怖いカフェイン中毒

飼い主さんがちょっとコーヒーブレイクしていると、犬も同じものを欲しがったりします。そんなとき、つい犬にもコーヒーをひと口…なんてあげていませんか?

いつもあげていて、大丈夫だからと言う人もいるかもしれませんが、コーヒーに含まれるカフェインは犬にとって、良い成分ではありません。ここで、犬とコーヒーについてしっかりと知っておきましょう。

コーヒーを犬に飲ませても平気そうだけど


うちの犬はコーヒーを欲しがるから、ちょっとだけなら何も変わらないから、という安易な考えを持っている飼い主が中にはいるようですが、元々犬はご主人の食べ物に興味を示すもの。飼い主が与えてくれるものは、安心して口にするのです。

チョコレートが犬に中毒を引き起こすことは良く知られていますが、コーヒーに含まれるカフェインはこの中毒の原因であるテオブロミンと良く似た成分です。チョコレートと同様、大量に摂取すると中毒症状を起こし、死に至る可能性もあります。可愛いから、欲しがるからと言って、犬に与えて良い食品では決してありません。

コーヒーで起こる中毒症状とは?


コーヒーに含まれているカフェインの中毒症状とは、どのようなものなのでしょうか。

  • 落ち着きを失う
  • 尿失禁・頻尿
  • 嘔吐・下痢
  • 頻脈・高熱
  • けいれん発作

中毒症状が現れる際には、コーヒーを飲ませてから1~2時間ほどの間に落ち着きがなくなってきます。光や音に対して敏感になるため、少しの刺激に対しても大きく反応するようになります。

上記のような症状が重なり、重症化すると異常な興奮状態が治まらなくなります。やがて筋肉の硬直や攣縮、けいれんを起こして死に至ります。

カフェインの致死量は、犬の体重1㎏あたり100~200㎎と言われます。普通の濃さのレギュラーコーヒーおよそ一杯を150mlとすると、でカフェインの量は約100㎎。2㎏の超小型犬であれば、コーヒー2杯です。それほど大量に飲むとは考えにくいのですが、もっと少ない量でも中毒症状の引き金にはなり得ます

犬がコーヒーを飲んでしまった!どうしよう

カフェイン中毒を緩和する解毒剤は存在しないと言われます。そのため、症状に合わせて体内のカフェインを除去したり、薄める方法しかありません。治療法は、その個体の体力が失われないよう、支持療法を施すほかありません。コーヒーを大量に飲んでしまった犬に対しての対応としては、次のようなものがあります。

  • 催吐剤などを投与して、強制的に吐かせる
  • 胃洗浄を行なう
  • 抗けいれん発作薬や鎮静剤の投与
  • 頻脈・不整脈に適応する投薬

このように、あくまで症状を緩和する治療中心となるため、カフェインの影響をすべて排除できるわけではありません。うっかりコーヒーを与えてしまった場合には、犬の様子を良く観察し、少しでも異常が見られればすぐに獣医師に相談しましょう。また、大量に飲んだと見られるときには、一刻も早く病院へ連れて行ってください。

コーヒーに砂糖やミルクを入れていても、カフェインの効果を消すことはできません。犬がミルクのにおいや甘さにひかれて飲んでしまわないよう、コーヒーを放置したまま犬から目を離すことのないように気をつけましょう。

目覚めのカフェインは犬には不要

人では頭をすっきりさせたり、リフレッシュ効果が期待できるコーヒーですが、犬にとっては猛毒です。例え少量であっても、習慣化するうちに量が増えることも考えられます。何よりも、欲しがれば人間の飲み物がもらえる、と犬に覚えさせるのは賢明ではありません。本当の愛情とは、犬にとって良い物と悪い物を区別して与えることなのです。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】ニラを犬に食べさせても大丈夫?犬にニラを与えると起こる症状は?

緑黄色野菜としてビタミン豊富なニラ。可愛いペットにもつい与えたくなりますが、それは絶対にダメ。ニラは犬に食べさせてはいけない野菜の、上位にランクインしています。人間にとってはおいしいニラが、……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬とピーマンは相性が良い?でも食べさせる量には注意

ほんのり苦味のあるピーマンですが、意外にも好きな犬も多いようです。身近な食材として食卓に上がることが多いピーマン。犬が欲しがったらあげても大丈夫なのでしょうか? ここではピーマンに含ま……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は卵を食べても大丈夫?犬に卵をあげる場合の注意点と簡単レシピ

安くて栄養も豊富な卵。私達人間にとっては卵のない食生活は考えられませんが、犬にも卵をあげても良いのでしょうか?コレステロールは犬には大丈夫?アレルギーを起こす場合はあるのでしょうか?今回は犬……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬は大根を食べても大丈夫?犬に大根をあげる場合の注意点と簡単レシピ

冬の代表的な野菜、大根。生でサラダにしたり、煮ておでんに入れたり、擦って大根おろしにしたりとさまざまな調理方法がありますが1本購入すると使い切るのが大変です。せっかくなので犬にも食べさせたい……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】秋の味覚・サンマを犬に食べさせても大丈夫?犬にさんまを与える際の注意点は?

犬に肉はよく聞くイメージですが、魚はどうでしょうか。たとえば秋の味覚の代表・サンマを旬の時期に犬と一緒に楽しめたら嬉しいですよね。それでは果たして、犬にサンマを食べさせても大丈夫なのでしょう……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はりんごを食べても大丈夫?犬にりんごをあげる場合の注意点とりんごを使ったレシピ

季節に関係なく1年中売り場に並ぶりんご。りんごの香りは人にはリラックス効果があり、寝る時に枕元に置くと寝つきが良いとも言われています。味も香りも極上のりんごですが犬にとっても良い効果の期待で……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は枝豆を食べても大丈夫?犬に枝豆をあげる場合の注意点と簡単レシピ

ビールのおつまみとして不動の地位に君臨する枝豆。枝豆をおつまみに飲んでいたら、犬が来て枝豆をおねだり。こんな時、犬に枝豆をあげてもよいのでしょうか。今回は犬に枝豆を与えても良いのかどうかにつ……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬と一緒におやつ!パンを与えても大丈夫?

朝食やおやつに食べているパンを犬にねだられて、つい…という飼い主さんは多いでしょう。でも人間用のパンは、果たして犬にとって良い食べ物となるのでしょうか。ここでは犬に食べさせても良いパンや、与……

犬に必要な栄養

犬にはドッグフードを与えなきゃだめ?“犬のごはん”について

犬を飼うと必ず必要になるのが“犬のごはん”ですね。 最近では店頭で買えるものだけでなく、通信販売で様々なドッグフードを購入できるようになり、選択肢も大きく広がっています。 そこで……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】その刺激に注意!犬がレモンをなめても大丈夫?

強烈なすっぱさと言えばレモン。ビタミンCの宝庫として知られていますが、犬がレモンをなめてしまったら、どうなるでしょうか。多くの場合は、その刺激を経験すれば、その後二度と欲しがらない犬がほとん……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬だってチーズが食べたい!塩分・脂肪分には要注意

チーズが大好物という犬が多いようです。喜んで食べるのを見るとついあげたくなりますが、乳製品はあまり犬に良くないという説もあります。また、人間用のプロセスチーズは塩分と脂肪分が心配です。ここで……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は豆腐を食べても大丈夫?犬に豆腐をあげる場合の注意点と簡単レシピ

上質なタンパク質が摂取でき、低カロリーである点から、今や海外でも注目されている豆腐。人間にとっては健康に良い素晴らしい食品ですが犬が食べても人間と同じようなメリットが得られるのでしょうか?今……

犬のおやつ

スイカを食べていると愛犬がそばによってくる。犬にスイカをあげてもいいの?

スイカが好きという犬、意外に多いですよね。家族揃ってスイカを囲んでいると食べたそうにそばに寄ってきたりします。そういえば、動物を特集するTV番組でも犬たちがスイカにむさぼりついていました。 ……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬に豆乳は大丈夫?与えるときの注意点とは

身体に良いことで知られる大豆。牛乳の代わりに豆乳をフードに混ぜている飼い主さんも多いようです。とりあえずの危険性はないようですが、そもそも犬にとって豆乳は身体に良いのでしょうか?与えるときに……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はイチゴを食べても大丈夫?犬にイチゴをあげる場合の注意点とイチゴのレシピ

甘酸っぱい味が美味しく、いくらでも食べられそうなイチゴ。洗うだけですぐに食べられる手軽な点も魅力です。サイズが小さく柔らかいので犬にあげるのにもちょうど良いのですが、犬にイチゴを与えても健康……

犬に必要な栄養