2016年3月12日更新

【獣医師監修】白菜は犬が食べても大丈夫な野菜の筆頭 与える場合の注意点は?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

白菜はあくも少なく、犬に与えても心配のいらない野菜のひとつです。ビタミンや水分の補給もできる白菜は、むしろ積極的に活用したい食材。でも、体質や病状によっては与えていけないときもあります。白菜を食べさせる効果や注意点についてみていきましょう。

 

健康に問題が無い犬には最適な野菜


白菜は、食物繊維に富み、そのほとんどが水分でできています。では栄養がまったくないかというと、そうでもなく、ビタミン、ミネラルといった体調管理にかかせない成分に恵まれています。

注目したいのは、繊維質。水分とともに便通を良くし、カロリーも低いので、ダイエットが必要な犬にの食餌に上手に取り入れたい野菜です。しかも、繊維質が豊富な割にはとても柔らかく消化がしやすいため、火を通すことで老齢の犬にも安心して食べさせることができます。

ほうれん草のようにシュウ酸などのアクがなく、生で与えても問題はありません。ただし、食べ過ぎるとおなかがゆるくなることがあるので、量の加減には注意してください

見た目以上の白菜の実力

緑の部分が少なく頼りなさそうな白菜ですが、実は意外に栄養があります。白菜の主な栄養は次の通りです。

  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • ビタミンB1・B2
  • カリウム
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • イソチオシアネート

鍋料理にかかせない白菜は、冬場が旬。甘味が増し、栄養価も高くなります。ビタミン類は身体の抵抗力を高め、風邪や感染症にかかりにくくします。カリウムは腎臓の働きを高め、余分な塩分や老廃物の排出機能を向上させます。ミネラル類は体内のバランスを整えて、体力全般を押し上げます。さらに最近、抗がん作用があると考えられているイソチオシアネートという成分も含まれているのです。

 

白菜を食べさせてはいけない場合・注意点


健康体の犬にとっては、ダイエット食にも使える白菜ですが、一部の病気については注意が必要です。抗がん作用の期待されているイソチオシアネートは大根やわさびにも含まれており、辛み成分として知られています。殺菌作用が強く、また消化を助けたり血栓防止効果の働きもあります。

その一方で甲状腺ホルモンの合成に関与するため、甲状腺機能に問題があったり、関連の病気をもっている犬には与えてはいけません
白菜は生で食べても問題ありませんが、食物繊維と水分が多いので食べ過ぎると下痢や腹痛を起こす可能性があります。健康体の犬であっても、食べさせ過ぎないように気をつけましょう。

スープや鍋から取り分けて

白菜は人間にとっても手軽に使える、身近な食材。費用的にもあまりかからず、犬に与えるにも理想的な野菜です。

味噌汁やスープ、鍋などの味付け前に犬の分を取り分けてあげれば、手間いらずの健康メニューとなるでしょう。肉団子や卵・魚など、他のどんな食材とも良く合うので塩分に注意をすれば、食事を彩ることができます。

ただし、繊維質が豊富なので、特に小型犬には細かく刻んで与えると良いでしょう。白菜を使ったレシピの詳細は、「愛犬・愛猫のための手作りレシピ」で見られます。

上手に使ってダイエットにも

白菜のカロリーは100gあたり14lcal。食物繊維が豊富なので、意外と腹持ちもします。食べ盛りの犬のダイエットに頭を悩ませているのならば、白菜は強い味方。スープにして水分と共に与えれば、さらにフードのかさを増やすことができます。

関連するレシピ

【獣医師監修】犬が食べて良いもの・悪いものをもっと知りたい方はこちら