2016年3月31日更新

【獣医師監修】その刺激に注意!犬がレモンをなめても大丈夫?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

強烈なすっぱさと言えばレモン。ビタミンCの宝庫として知られていますが、犬がレモンをなめてしまったら、どうなるでしょうか。多くの場合は、その刺激を経験すれば、その後二度と欲しがらない犬がほとんどです。レモンは犬がなめても特に悪い成分は含まれていませんが、やはり注意は必要です。

 

すっぱさが癖になる犬もいる?


レモン自体は、少しぐらい犬がなめたからと言って害がある食物ではありません。犬の舌は人間ほど過敏ではありませんが、やはりあのすっぱさは強烈です。

放って置いても丸ごと食べるということは、まずないでしょう。興味本位でなめてしまっても、次回は寄り付かないのが普通です。中には刺激がくせになる犬もいるようですが、面白がって与えてはいけません

レモンのビタミンC効果は良く知られていますが、健康体の犬であればビタミンCは体内で生成されます。人間と違い多量のビタミンCを、積極的に与える必要はありません。ハチミツ漬けや砂糖漬けレモンは酸味も抑えられ、食べやすくなっていですが、犬にとっては高カロリー。わざわざ食べさせる意味はなく、悪い習慣となりますので与えないようにしてください。

年齢や体調によってはビタミンCの補給も必要に

レモンに含まれるビタミンCには、次のような効果があります。

  • 骨や軟骨の強化
  • 皮膚の生成の活発化
  • ホルモンの正常な分泌
  • 抗酸化作用

ビタミンCが不足すると、骨や関節、軟骨にトラブルを抱える場合があります。他にもビタミンバランスが崩れておこるのは、犬も人間同様の症状です。アレルギーやアトピー症状もそのひとつと考えられています。ビタミンCのサプリが病院で処方される場合もあります。また、ホルモン全般のバランスを整えるのもビタミンの役割です。不足すると、内臓機能に低下が見られることもあります。

 

レモンが必要なこともある?注意点は?


刺激が強すぎるため、レモンの味自体を嫌う犬は多いようですが、ビタミンCの補充が必要となる場合もあります。加齢によって十分なビタミンCが体内で作られなくなったり、投薬によってビタミンCを作る肝臓の働きが低下している場合です。また、犬の近くで喫煙する家族がいる場合にも、ビタミンCの消耗が大きくなります。何らかの原因で免疫力が低下し、病気になりがちな犬もビタミンCを与えることで体力の回復に役立つ可能性があります。また、独特の酸味は夏場の食欲が衰えた際、調理に添加すると食欲回復の効果が見られるようです。
ただし、レモンの皮部分は消化が悪いため、食用には適しません。レモンそのものではなく、レモン汁などを上手に使うことで犬の健康管理に役立てることができるでしょう。犬向きのレモン料理はあまり見かけませんが、レモンを使ったレシピの詳細は、【愛犬・愛猫のための手作りレシピ】で見られます。

無理に与えず上手に活用

レモンはカロリーが高いわけでもなく、問題のある成分が含まれているわけではありません。しかし、刺激性の強い酸味ゆえに、犬に対して積極的に与えるべき食材とは言えません。犬が興味をもっていても面白がって与えず、少量を調理時に加えるなど、様子を見ながら上手に活用しましょう。

【獣医師監修】犬が食べて良いもの・悪いものをもっと知りたい方はこちら

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】少量ならOKでも鮭はダメ!犬に与えられるお刺身と注意点

お刺身を食べていると愛犬のうらやましそうな目線に負けてしまいついあげてしまう...そんなお父さんが多いようです。生の魚であるお刺身を、犬が食べても果たして大丈夫なのでしょうか? 肉と魚……

犬が食べて良いもの・悪いもの

【獣医師監修】秋の味覚・サンマを犬に食べさせても大丈夫?犬にさんまを与える際の注意点は?

犬に肉はよく聞くイメージですが、魚はどうでしょうか。たとえば秋の味覚の代表・サンマを旬の時期に犬と一緒に楽しめたら嬉しいですよね。それでは果たして、犬にサンマを食べさせても大丈夫なのでしょう……

犬が食べて良いもの・悪いもの

【獣医師監修】犬は玉ねぎを食べても大丈夫?犬に玉ねぎをあげると中毒になる危険性が!

飼い主さんの食べ物をこっそり食べてしまう犬、結構多いですよね。匂いを嗅いで美味しそうだとパクッと口に入れてしまうので止める隙もありません。そんな調子でもし犬が玉ねぎを食べてしまったらどうなる……

犬が食べて良いもの・悪いもの