2015年12月17日更新

メリットだらけのネコの完全室内飼い。もっと快適な環境をつくる工夫とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

【あわせて読みたい】
猫を室内飼いしている方、必見!運動量の少ない飼い猫に運動をさせる方法とは?
最近増えてきています!猫の完全室内飼育のメリットについて
運動不足の解消にも!室内飼いの猫が、キャットタワーを好む理由。

最近は犬や猫などのペットを室内飼いする方が増えてきています。しかし、猫はまだ外に出す飼い方をする方も多いですよね。ここでは猫の完全室内飼いについて考えてみたいと思います。

 

猫の完全室内飼い

猫の完全室内飼いとは、文字通り室内のみで飼育することです。例外的に散歩をさせたり、ベランダや庭先に出すこともありますが、散歩ならリードをつけて飼い主が同伴、ベランダや庭先なら猫が一定のエリア内のみで行動するような環境を整え、飼い主の目の届かない範囲に行かないようコントロールする必要があります。

「でも、猫って自由気ままな生き物でしょ?」
「一生家の中だけだなんてかわいそう」
外飼いをする方の中にはこういうご意見の持ち主も多いです。しかしここには大きな誤解があるのです。

室内でも快適に暮らせる猫

猫はテリトリー、いわゆる縄張りを作って暮らす生き物で、この縄張りをきちんと確保することで精神的に安定します。愛情深い飼い主と家の中だけで暮らせば、そこは猫にとって誰にも侵されることのない、とても安心できる居心地の良い縄張りになるのです。

 

猫を外で飼うことのデメリット

猫自身のデメリット

また、飼い主の目が届かない状態で外に出すことには様々なデメリットがあります。
たとえば、交通事故に遭う、不慮のケガなどを負う危険があります。ノミ、ダニなどの虫に寄生されることも多いでしょう。そして、他の猫から移されるかもしれないさまざまな感染症の危険もあります。特に猫には猫エイズ(FIV)、猫白血病(FeLV)と言う、感染すると非常にやっかいなウィルスがあるのです。

飼い主のデメリット

デメリットは猫だけのものではありません。
外に出してしまえば、ウンチやオシッコも外でしてしまいます。猫は決まった場所で繰り返し排泄する習性があるのですが、これがもしご近所の庭だったらどうでしょう?猫の排せつ物で花や木が枯れてしまう、掘り返されて庭が荒れる、などの被害は実際よくあることなのです。
このような状態が続いてしまえば、ご近所トラブルにもなりかねません。完全室内飼いは猫のためだけではなく、飼い主も含めたすべての人のためでもあるのです。

完全室内飼いにおすすめのグッズ

「うちの家は狭くて猫がかわいそうでは?」「爪砥ぎなどで家具や壁を荒らされたら困る」そんな心配もあるかもしれませんが大丈夫です。
猫は高い場所を好む習性があるので、キャットタワーやキャットウォークを利用したり、段差を作って家具の上部など高いところに登れる工夫をしてあげましょう。それだけで、人が考えるより行動範囲はぐっと広がるものなのです。
また、爪砥ぎなどの被害も専用の爪砥ぎグッズを与える、砥いで欲しくない場所には保護カバーをするなど、ちょっとした工夫で解決できます。

まとめ

猫が人と寄り添い、永く幸せに暮らしていくためには、完全室内飼いが適しているのかもしれません。これから猫を飼おうと思っている方、今は外に出しているけれどトラブルが心配と言う方も、完全室内飼いで猫を危険やトラブルから守ってあげてくださいね。

 
 

関連カテゴリ