2016年4月29日更新

ブルドッグの里親になる方法・ブルドッグの里親を探す方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

上向きにつぶれた鼻と垂れた唇、威厳のある顔立ちで近寄りがたい見た目のブルドック。でも、ドタドタと体をゆすってのんびりと歩く様子は、どこか憎めない親しみを感じます。そんなブルドッグの里親になる方法や、里親になるための注意点などを調べてみました。

 

ブルドッグの里親になる前に知っておくことは?

ブルドッグとはどんな犬なのか、里親になる前に知っておかなくてはならないことはどんなことかをまとめてみました。

ブルドッグの特徴

【関連記事】ブルドッグの
ブルドッグは13世紀イギリスで流行っていた「ブル・バイティング(牛いじめ)」というスポーツで、牛の鼻などに喰らいついて猛り狂わせる役目をしていた犬です。そのため、大きな動物と戦うことを重視し、重心の低いがっしりとした体つきをしており、噛みついたら離さない強靭な大きな顎と、噛みついたまま呼吸ができる上向きの鼻を持っています。

「ブル・バイティング」が廃止され役目を終えたブルドッグは一時衰退していったのですが、攻撃性のない犬と交配するなどの努力を重ねた結果、ユニークな見た目はそのままに、陽気でおどけたところのある愛想のいい現在のブルドックへと変化していきました。

ブルドッグは高温多湿に弱いところがあるので、暑い時期のジョギングや長時間の散歩は注意が必要です。また、高い所からの飛び降りや水泳はできない犬がほとんどなので、出かける際には注意してあげましょう。

気を付けたい病気は、股関節形成不全、乾性角結膜炎、鼻腔狹窄などがあります。

里親になる前に知っておくことは?

犬に限らず生き物を飼うということは、その命を最期まできちんと面倒を見るということです。本来ならば最後まで同じ飼い主の元で幸せに暮らすことが望ましいのですが、里子に出された犬たちはすでに一度その機会を失ってしまっていることを忘れないでください。

里親として里子となった犬達を引き取る時は、再び同じような思いをさせないために、事前に犬の特徴や飼い方、どのような病気を持っている可能性があるのか、飼育にかかる費用はどのくらいなのかをしっかりと調べておくことが必要です。

その上で応募をすると決めた場合は、里子として引き取る犬が心身の健康状態を含めてどのような状態かを譲渡を受ける方からきちんと聞き、事前に準備を整えておくことがとても大切です。

素材_shutterstock_281764673

ブルドッグの里親になるとはどんな事?

里親になるには準備や心構えが必要だといわれると不安に思う方も多いことでしょう。でも、里親になって幸せですという経験者の方もたくさんいらっしゃいます。実際に里子の犬達とどのような生活をしているのか、参考にされてみてはいかがでしょうか。

とわなるはる

スヤスヤリターンズ・妻の寝姿&ブルドッグ・ヒョードル&里子フレブル・ボンピレオ話とか

 

ブルドッグの里親になるには

里親募集の探し方は?

ブルドッグは日本ではまだ飼育の頭数が多い犬種ではありません。あまりよいことではありませんが、現在の里親募集の件数は、飼育および繁殖の頭数に比例して件数が増減しています。そのため比較的飼育頭数の多いフレンチ・ブルドッグに比べて、ブルドッグの里親募集は件数が限られていますので、根気強い情報の収集を行う必要があります。

地元の動物愛護センター及び保健所に確認を取るのもよい方法ですが、里親情報サイトやブルドッグの掲示板を利用するのもよいでしょう。全国からの里親募集情報が集められているので、引き取りに行くことのできる範囲で、ブルドッグの里親募集があった場合に、早い段階で情報を得ることができます。

ペットのおうち

ペットの命

ブルドッグの里親募集|ジモティ―

また、殺処分ゼロを目指して犬の保護と里親探しを行っている保護団体の方々もいらっしゃいます。インターネットでも様々な団体の情報を確認することができますので、活動内容や活動理念及び譲渡の際の規約などをよく読んで、自分たちにあっている団体の方に連絡をとるのもよいと思います。

UCK JAPAN

ブルドッグ専門のブリーダーが貰い手のいなかった子犬や、繁殖をリタイヤした親犬達の里親を募集している場合もあります。

英国ブルドッグ専門犬舎 SwatKennel

ブルドッグの里親を募集するには?

飼っている犬を手放さなければならない場合、新しい家族の元で幸せにくらしていけるよう、事前にしっかりと注意事項を確認してから里親の募集をしましょう。

(「動物・自然保護」啓発団体)プラーナ

安心して任せることができる保護団体の方に相談するのもよいでしょう。

NPO法人サンタの家

puppies play fighting

最後に

ブルドッグの里親募集は本当に数が少なく思うように巡り合うことができないかもしれません。それでも、新しい飼い主との出会いを待っている犬達もいます。犬を飼ってみたいと考えた時に、里親になることを家族で話し合ってみるのはいかがでしょうか。

ブルドッグについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ブルドッグとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ