2016年6月8日更新

【獣医師監修】犬の歯根膿瘍〜原因・症状と対策

 
 

犬の歯根膿瘍という病気をご存知でしょうか。知らないで愛犬が発症するとびっくりしてしまうこともある歯根膿瘍は読んで字のごとく、歯根、いわゆる歯茎に発生する病気です。

犬ではしばしば見られる病気ですが、飼い主の目には急にほっぺが腫れたようにみえ虫歯なのか腫瘍なのか何なのか分からずヤキモキしてしまうこともあります。2次感染を引き起こすこともある歯根膿瘍について今回は詳しく見てみましょう。


犬の歯根膿瘍の原因とは?

愛犬のほっぺたが急に膨らみだすように見える歯根膿瘍は、歯根部と言われる歯が埋まっている歯茎の部分に炎症が生じ、膿がたまってしまった状態のことを言います。

急にほっぺが腫れたように見えるので飼い主が気付かないこともよくあります。歯根膿瘍の原因は基本的に歯や歯茎が傷ついてしまい、そこから菌が侵入することによって歯茎が腫れていくことです。

固いものが強く歯の表面に当たったり、固いものを噛んだりすることで歯にヒビが入り、そこから細菌が侵入してしまいます。また激しく布やロープを引っ張りっこしていても歯に極度な刺激を加えることになるので、菌の侵入が起こってしまう原因にもなります。

そのほかにも、虫歯や歯周病、電気コードをかじることで起こる火傷や歯牙骨折などが原因で歯や歯茎から細菌が侵入してしまうことがあります。長時間のお留守番などで愛犬がストレスを感じ、ケージを噛んでしまうことも歯根膿瘍の原因となります。また、歯石の過剰な沈着から歯周病を発症し、これが歯根膿瘍に伸展するケースが多く報告されています。