2016年6月8日更新

【獣医師監修】犬のアトピー性皮膚炎〜原因・症状と対策

犬の皮膚病の中でも最近増加傾向にあるのが、アレルギー性皮膚疾患です。そのアレルギー性皮膚疾患の中でも特にアトピー性皮膚炎は年々増加傾向にあり、愛犬を苦しめている大きな要因の一つです。

アトピー性皮膚炎は注意しなければ改善することもなく、日常生活の何気ないことで愛犬を苦しめることもあるものです。アトピー性皮膚炎について詳しく知ることで愛犬が住みやすい環境を整えてあげることもできます。今回はそんなアトピー性皮膚炎について詳しく見てみましょう。

犬のアトピー性皮膚炎の原因とは?

アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種で、体に元々備わっている免疫系が何かに過剰に反応してしまうために起こる病気です。その中でもアトピー性皮膚炎は遺伝的要因と皮膚バリアの機能不全という2つの要素が合わさった時に起こるものだとされています。

遺伝子的要因

生まれながらアトピーを発症するる遺伝子を持っているということがあります。犬種では柴犬シーズーボストンテリア、ケーアンテリア、ダルメシアン、ブルドッグ、イングリッシュセター、シュナウザー、パグ、ウェストハイランドホワイトテリア、ゴールデンレトリバーなどではアトピー性皮膚炎の発症が多い傾向にあります。

皮膚バリア機能不全

皮膚には肌を保護するバリア機能がもともと備わっています。このバリア機能が弱ってしまった場合に、アレルゲンに対して過剰反応してしまい、皮膚炎を発症してしまいます。

皮膚炎を引き起こすアレルゲンにはほこり、ダニ、花粉、フケ、化学薬品、排気ガス、PM2.5などの様々な物質があり、また最近ではアレルギーと中毒のちょうど中間の症状を引き起こす揮発性有機化合物もアトピー性皮膚炎を引き起こす原因と言われています。

犬のアトピー性皮膚炎の症状について

命にかかわる危険性は非常に低いアトピー性皮膚炎ですが、一度発症すると完治が望めず、一生付き合っていかなくてはならないないものがほとんどです。

最初は若年層で発症しやすい病気で、季節によって発症したりしなかったりといった症状が見られますが、年齢を重ねるとその症状は季節に関係なく見られるようになります。

初期の症状

多くの場合で1~3歳までにアトピー性皮膚炎を疑う症状が確認されます。季節の変化に応じて症状が出るので最初はアトピー性皮膚炎だと気づかないこともほとんどです。目の周り、耳、手足先、わきの下、お腹回りなどの皮膚の薄いところで症状が出やすく、かゆみを伴います。

慢性化した場合の症状

症状が慢性化してくると季節に関係なく、体をかゆがるようになります。全身の皮膚が荒れるようになり、湿疹が見られ膿皮症や脂漏性皮膚炎などの疾患を引き起こすこともあります。

かゆみを伴うため引っかき傷ができたり、舐めまわるため色素沈着を起こしたり、発赤や皮膚が固くなることもあり、脱毛などの症状も見られます。また結膜炎や外耳炎などの合併症を引き起こすこともあります。

犬のアトピー性皮膚炎の対策方法

犬のアトピー性皮膚炎の治療を行うために、まずは数多くある皮膚疾患の中からアトピー性皮膚炎であるということを突き止めることから始まります。

犬はアトピー性皮膚炎以外にもさまざまな皮膚炎を発症することがあり、適切な処置を行うためにもしっかりとした判定が重要です。そのうえで、アトピー性皮膚炎だとわかった場合に、投薬や食事療法、漢方、シャンプー、環境改善などの処置を行っていきます。

投薬による治療

炎症やかゆみを抑えるための薬を用いて治療を行います。投薬による治療は対症療法でしかなく根本的なアトピー改善にはあまり効果がないので、基本的にはほかの治療方法と併用して行われます。

食事療法

アトピー性皮膚炎の場合、食事などに含まれるリノール酸、リノレン酸、エイコサペンタエン酸などの脂肪酸を摂取することで症状が軽減されることがわかっています。

漢方薬の使用

アトピー性皮膚炎の場合、しばしばステロイド系の薬が使用されますが、ステロイドの副作用が激しい場合には漢方薬を用いることもあります。

シャンプー

シャンプーなどに含まれる成分が原因でアトピー性皮膚炎を発症することがあります。また体にまとわりついたアレルゲンをしっかりと落とせるシャンプーもあるので、そういった薬用シャンプーを使用して治療を試みます。

環境改善

具体的にアレルゲンがわかっている場合には愛犬の生活環境からアレルゲンを取り除いてあげることで症状が緩和されます。しかしアレルゲン特定にはさまざまな検査が必要となり、実施してくれる病院も多くないため信頼できる病院を探すことが必要になります。

まとめ

犬が発症する皮膚炎にはさまざまなものがありますが、その中でもアトピー性皮膚炎となると治療方法も診断方法も極めて難しい皮膚炎に分類されます。

ダニや細菌による一過性の皮膚炎であれば完治も期待できますが、アトピー性皮膚炎は一生付き合っていかなくてはならない病気です。それでもアトピー性皮膚炎について理解を深めることで愛犬を守ってあげることも苦しみから救ってあげることも可能です。

今回ご紹介したようなことを参考にしっかりと愛犬の健康と向き合っていくようにしましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【北海道】犬の皮膚病に強い動物病院10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【千葉】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【兵庫】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

ペットにも花粉症があるのを知ってる?いまや人間だけじゃないペットのアレルギー事情

一昔前まで、アレルギー症状で獣医に行っても「ペットはアレルギーにならない」と言われることが少なくありませんでした。ペットが人間のアレルギーの元になることはあっても、ペット自身が花粉症になった……

犬のニュース

【東京】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病と言っても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【京都】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【獣医師が解説】犬のアトピー性皮膚炎ってなんだろう?

こんにちは。西宮市甲陽園のすみれ動物病院です。 今日は皮膚疾患でよく聞く犬のアトピー性皮膚炎についてのコラムです。 アトピー性皮膚炎は人の皮膚疾患としてもよく聞く病名ですが、なんとな……

犬のアトピー性皮膚炎

【愛知】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【神奈川】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【獣医師監修】犬のアトピー性皮膚炎〜原因・症状と対策

犬の皮膚病の中でも最近増加傾向にあるのが、アレルギー性皮膚疾患です。そのアレルギー性皮膚疾患の中でも特にアトピー性皮膚炎は年々増加傾向にあり、愛犬を苦しめている大きな要因の一つです。 ……

犬のアトピー性皮膚炎

【埼玉】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【大阪】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【福岡】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症