2016年6月3日更新

【獣医師監修】犬の疥癬〜原因・症状と対策

犬が発症する皮膚病の中でも疥癬はダニの一種であるヒゼンダニが皮膚に寄生することで起こる病気で、最も厄介な病気の一つといわれています。皮膚に激しいかゆみを伴い、ひどいフケや脱毛を引き起こしてしまう疥癬は、一昔前では人でもよく見られましたが、最近では人間での感染は減少しています。

愛犬を非常に苦しめ、感染力の強い疥癬から愛犬を守るために今回は疥癬について詳しく見てみましょう。

犬の疥癬が感染する原因

冒頭でも述べたように疥癬はヒゼンダニが寄生して起こる皮膚病です。ヒゼンダニは体長が0.3mmほどの小さなダニで、皮膚の角質層に生息しています。

ヒゼンダニは角質層に小さな穴を掘りその中で産卵したり、排便したりするため、これが非常に強い刺激となり、皮膚に炎症をもたらすことでかゆみが発生してしまいます。

感染動物との接触

疥癬は基本的にすでに感染している動物との接触によりうつります。特に多頭飼育などで複数犬を飼っている場合では集団感染したり、共用のブラシやバリカン、タオルなどを使用することでも感染することがあります。

直接感染している動物と接触していなくても動物保護施設やペットホテル、ペット美容室、動物病院などに感染した動物が出入りすることで感染が拡大することもあります。

環境からの感染

不衛生な環境では疥癬が発生しやすく、家で発生したダニが愛犬に感染することで疥癬を発症してしまいます。

疥癬に感染されたときの症状

疥癬は感染してもすぐにかゆみなどの症状が出るわけではありません。通常は2~6週間の潜伏期間を経て猛威を振るうようになります。死に至る病気ではないものの、愛犬の体力を非常に消耗してしまい、掻き傷などからほかの細菌などに感染してしまうこともあり危険な皮膚病です。

初期症状

疥癬を発症すると、初期の段階では目の周りや耳、ひじ、かかと、腹回りなどのあまり毛が生えていない部分に発疹が見られるようになります。それが徐々に赤身を伴うようになり、脱毛、痒みへと発展していきます。

重度の症状

重度の症状になると全身に激しいかゆみを伴うようになり、患部を犬が掻くことで皮膚が傷つき、フケやカサブタ、脱毛、出血が見られるようになります。

皮膚がだんだんと象の皮膚のように固くなり、傷口などから細菌が侵入し二次感染を起こすこともあります。掻き傷が化膿することもあり、化膿した部分が腫れあがり痛みを伴うこともしばしばあります。

例外の症状

基本的には激しいかゆみと脱毛を伴う疥癬ですが、極めてまれに感染しても無症状というケースがあります。無症状、もしくはほとんどかゆみを示さないケースは報告されているものの、ほかの犬へ拡大したときには激しい症状を示すものがほとんどです。

疥癬から愛犬を守る対策

疥癬の症状はほかの皮膚病とも非常に似た症状を示すため、まずはどの皮膚病なのかを鑑別することが必要です。きちんと疥癬だとわかったうえで的確な処置を施し治療を行っていきます。また毛量の多い犬では全身の毛を刈ることもあります。

患部に対する治療

患部に直接、殺虫効果のある薬剤を塗布していきます。薬剤を使用したシャンプーやお湯に犬を漬け込んで殺虫を行うこともあります。傷口が損傷している場合、薬剤がしみて痛みを伴います。

投薬を使用する治療

疥癬に効果のある薬を使用し、駆虫を行っていきます。内服薬を使用する場合もあれば外用薬を使用する場合もあります。また化膿している場合や炎症が激しい場合には併用して抗生物質を服用したり、かゆみ止めを使用したりします。

環境改善

薬を使った治療と併用して、環境改善も必要になります。多頭飼育の場合はほかの犬への感染を防ぐため飼育環境を分け接触を避けるようにします。

症状が軽減しても潜伏感染していることがあるので完治するまでは治療を続けるようにしましょう。また犬の免疫力をアップさせるためにも質の高いドッグフードを与えます。

まとめ

犬の疥癬は非常に厄介な病気です。感染スピードは速く、潜伏期間があるため気づかないでいるとどんどん感染が拡大していしまうこともあります。一度皮膚が荒れてしまうとヒゼンダニの駆虫が終わった後も皮膚の状態がなかなか改善しないので、暖かくなる前にはダニの予防薬などを使用し前もってしっかりと愛犬を守ってあげることが大事になります。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【京都】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【大阪】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【愛知】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の皮膚の病気

【埼玉】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症

【神奈川】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。 ……

犬の膿皮症