2016年6月14日更新

【獣医師監修】犬の便秘〜原因・症状と対策

私たち人間で特に女性に多いといわれるのが便秘ですが、犬も便秘をするということをご存知でしょうか。

犬は人間ほど我慢強い生き物ではないので、便秘になることはそうそうありませんが、それでも腸の異常や体調の変化から便秘をしてしまうことがある生き物です。たかが便秘と思うかもしれませんが、さまざまな病気が起因になっていることもあり犬にとってはとても大事な疾患です。

今回はそんな犬の便秘についてみてみましょう。

犬の便秘の原因とは?

そもそも便秘とは腸の中に便がたまり、長いこと排便をすることができない状態のことを言います。その原因はいくつもあり、何らかの病気に起因していることもあるほど犬にとっては深刻な状態です。

便通りがよくない

腸内の水分が少なすぎたり、便が固すぎると、便が腸を通過できず、便秘を発症することがあります。これは腸管内を傷つけるような異物の誤飲や水分不足で起こりやすくなります。

排便時の痛み

肛門や直腸が狭かったり、肛門周辺の傷や肛門嚢炎、腫瘍などが原因で肛門周りに痛みが伴うことで排便を嫌がることがあります。異物の誤飲による腸内の傷や肛門部の痛み、骨盤や後ろ足の骨折による痛みなども激しい痛みを伴うため、犬が排便を嫌がる原因になります。

腸のぜん動運動の低下

何らかの原因で腸のぜん動運動が弱まることで、腸管内の消化物がうまく運ばれなくなり排便機能が低下してしまうことがあります。老化や筋力不足、繊維不足、低カリウム血症、軽カルシウム血症、甲状腺機能の低下などが原因として考えられます。

腸の閉塞

腫瘍やポリープ、会陰ヘルニア、直腸憩室、前立せん肥大などにより腸内で腸閉塞が起こることで便通がストップされてしまい便秘につながることがあります。

薬物による便秘

鎮痛剤やバリウム、スクラルファート、抗コリン剤、抗ヒスタミン剤、制酸剤、利尿剤などの薬を使用した際に便秘が引き起こされることがあります。

ストレスによるもの

環境の変化やトイレの変更、天気の乱れ、トイレの恐怖心などさまざまな精神的ストレスが原因で便秘を引き起こしてしまうことがあります。

犬の便秘の症状について

便秘の症状は程度があるものの1日以上排便がない場合に診断されるものです。特に犬の場合は1日最低でも1回は排便を行うものなので2日以上便が出ないというのは何らかの異常をきたしている状態です。

便秘を起こすと、腸の中に便がたまっているのが触診で分かるようになります。愛犬の症状の違いは基本的に、犬自身が排便行為を嫌がっているかどうか、犬自身は排便行為を行おうと試みているのかどうかで分けることができます。

犬自身が排便行為を嫌がっている場合

腹部を触られることを嫌がったり、食欲不振に陥ったり、排便場所に行きたがらなかったりします。

犬自身が排便行為を行おうとしている場合

排便を行おうとしても便が出なかったり、1日に何度もトイレに行くしぶり腹が見られたりします。

一般的な症状

便秘になるとコロコロとしたうんちや、絞り出したような細長い便を催します。下腹部を触るとコリコリとしたふくらみを感じられ、便が詰まっているのがわかります。場合によっては嘔吐をすることもあります。

愛犬を便秘にさせないための対策

愛犬が便秘を起こしている原因を突き止めることで治療法を決めていきます。

疾患や病気などによる便秘の場合は優先的に疾患や病気の治療を行い、その中で便秘に対する処置を行います。ストレスなどが原因の場合にはストレスのもととなるものを取り除いてあげることで症状の回復が期待されます。腸のぜん動運動が足りないときや筋力不足による便秘の場合には、普段の運動量を上げることで筋力が付き便秘改善につながります。合わせて質のいい食事への変更や食事療法を行うことで便秘解消につながることもあります。

基本的には疾患治療や筋力アップ、腸のマッサージなどで治療を試みますが、原因が病気や疾患ではない場合は便を出すためだけに浣腸や下剤を使用することもあります。ただ浣腸は飼い主の判断で行うには非常に危険なものなので必ず獣医師に行ってもらうようにしましょう。脱水症状や便秘による体力低下が著しい場合には点滴などを行うこともあります。

まとめ

犬の便秘はさまざまな病気や疾患の危険を含んでいる大変なものです。

飼い主の判断でたかが便秘と侮っていると、犬の体内に毒素などがたまりさまざまな病気を招いてしまう危険もあります。犬は人間ほど腸が長くないこともあり、毎日排便を行うのが普通の生き物です。少しでも異変を感じた場合にはしっかりと獣医師に相談し、適切に対応するように心がけましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬の便秘〜原因・症状と対策

私たち人間で特に女性に多いといわれるのが便秘ですが、犬も便秘をするということをご存知でしょうか。 犬は人間ほど我慢強い生き物ではないので、便秘になることはそうそうありませんが、それでも……

犬の便秘