2016年1月15日更新

【獣医師監修】犬の鼓腸〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の鼓腸の原因
  • 犬の鼓腸の症状
  • 犬の鼓腸の対策
  • まとめ

犬の鼓腸は小腸や大腸、胃にガスが溜まった状態のことを指します。

腸に溜まったガスはおならとして肛門から、胃に溜まったガスはげっぷとして口から排出されます。中でもおならには悪臭を伴うものがあり、愛犬から出ているものであったとしても不快に思うことがあるでしょう。また犬の鼓腸の原因には腸内環境やラクトースなどがあり、体調不良を引き起こす怖れもあります。犬の鼓腸の原因や症状、対策についてご紹介します。


犬の鼓腸の原因

犬の鼓腸の主な原因は腸内細菌の異常繁殖です。腸内には様々な細菌が常在しており、それらは食物繊維を栄養源にしています。その際にガスを生成するので、腸内細菌が異常繁殖していると腸内にガスが大量に溜まり、鼓腸を発症します。食物繊維を過剰に摂取していると腸内細菌が異常繁殖してしまう原因になるので注意してください。

また空気を大量に飲み込むことで胃や腸にガスが溜まってしまうこともあります。特に早食いをしてしまう犬は空気を飲み込みやすくなるので、それが癖になってしまわないように気を付けてください。


犬の鼓腸の症状

犬の鼓腸の主な症状はげっぷやおなら、おなかが鳴るなどです。また場合によっては嘔吐や下痢の症状が出ることもあるので注意してあげてください。おならには臭いの強いものとそうでないものがあり、それによってガスの成分がだいたいわかります。鼓腸の原因を推測することに役立つという意味もあるので、下記に記載します。

 
 

人気の記事