2016年1月15日更新

【獣医師監修】犬の精巣腫瘍〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の精巣腫瘍の原因
  • 犬の精巣腫瘍の症状
  • 犬の精巣腫瘍の対策
  • まとめ

犬の精巣腫瘍とはその名の通り精巣にできる腫瘍を指します。

精巣は精子を作り出す器官ですが、精巣の役割はそれだけではなく、オスらしい身体をつくるための男性ホルモンを分泌しています。精巣にできる腫瘍が悪性である割合は5~20%と言われており、悪性であると命に関わる場合があるので、早急な対処が求められます。

犬の精巣腫瘍の原因や症状、対策についてご紹介します。


犬の精巣腫瘍の原因

犬の精巣腫瘍を引き起こす主な原因のひとつは潜在精巣です。

精巣は犬が生まれたばかりの頃には体表面に露出しておらず、体内に収まっています。基本的には生後2か月までに正常な位置まで降下してきますが、稀に精巣が体内に留まってしまうことがあります。そのような状態を潜在精巣と言います。

潜在精巣になっている犬と、そうでない犬と比較した場合、潜在精巣の犬では精巣腫瘍の発症率が10倍ほど高くなると言われています。ただ潜在精巣の発症率自体はそう高くなく、約1%ほどです。


犬の精巣腫瘍の症状

犬の精巣腫瘍の主な症状は精巣の腫れや脱毛、メス犬のような仕草などです。

腫瘍は時間が経過すると次第に大きくなっていきます。片方の精巣が見るからに大きい状態になっているときには精巣腫瘍の疑いが強いのですぐに動物病院に連れて行ってあげてください。犬の精巣腫瘍には間質細胞腫瘍、精上皮種、セルトリ細胞腫の3種類があります。