2016年1月15日更新

【獣医師監修】犬の乳ガン〜原因・症状と対策

犬の乳ガンとは乳腺に悪性の腫瘍ができている状態を指します。犬の乳腺にできる腫瘍の良性と悪性の割合はおよそ半々であると言われておりますが、たとえ良性の腫瘍であっても悪性の腫瘍に転化してしまうことがあるので良性の腫瘍だからといって安心はできません。乳ガンは場合によっては命に関わる深刻な病気です。乳ガンを適切に予防し、もし発症してしまったときには適切な治療を施してあげてください。犬の乳ガンの原因や症状、対策についてご紹介します。

犬の乳ガンの原因

犬の乳ガンの原因については未だにわかっていないことが多いです。乳ガンの主な原因と考えられているものはホルモンです。エストロゲンやプロラクチン、プロゲステロンなどのホルモンが乳ガンと関係しているのではないかと考えられています。また乳腺炎を発症している犬はそうでない犬に比べて乳腺に腫瘍ができるリスクが9倍になると言われているので注意が必要です。

犬の乳ガンの症状

犬の乳ガンの主な症状は乳頭の腫れや食欲の低下、体重の減少などです。食欲の低下や体重の減少に関しては悪性の腫瘍ができている場合に表れる症状です。また乳ガンは触診によって腫瘍の有無を確認できることもあるので、定期的にチェックしてあげることが大事になります。

がんのステージに関して

乳がんのステージは5段階に分かれています。

  • ステージ1:腫瘍が3センチ未満
  • ステージ2:腫瘍が3センチ以上5センチ未満
  • ステージ3:腫瘍が5センチ以上
  • ステージ4:リンパ節への転移がある
  • ステージ5:遠隔組織への転移がある

犬の乳ガンの対策

犬の乳がんを予防するための最も効果的な対策は避妊手術です。避妊手術をしている犬はそうでない犬に比べて乳ガンの発症率は著しく低下します。特に初回の発情以前に避妊手術を施された犬に関してはそうでない犬の0.5%まで発症率を下げられます。すべてのメス犬が必ずしも乳ガンになるとは限らないので、実質的な乳ガンの発症率は0.5%を更に下回ると言えるでしょう。犬の乳ガンが発症するリスクをより大きく軽減するためには、初回の発情期を迎える生後半年より前に避妊手術をすることが大事になります。また乳ガンが発症してしまった際に早期発見をするためには日頃から犬の体をマッサージして異常がないかを確認する習慣を身に着けておきましょうす。少しでも違和感を抱いたらすぐに動物病院に連れていき、検査をしてもらってください。

犬の乳ガンの治療

犬の乳がんの治療は抗がん剤治療や光線力学療法、外科手術などです。なかでも外科手術が最優先されることが多いです。腫瘍が小さくてかつ孤立しているときは腫瘤だけを切除し、そうでないときには乳腺をすべて、また乳腺の近傍のリンパ節を切除する場合もあります。外科手術を施して悪性腫瘍を完全に切除できれば乳がんが完治する可能性を見込めます。ただガンの転移が見られてそれを完全に除去することが難しいときは抗がん剤治療や光線力学治療で病状の悪化を食い止めるための治療を施します。

まとめ

犬の乳ガンの原因や症状、治療についてご紹介しました。乳ガンの主な原因はホルモンや乳腺炎などです。乳ガンが発症するリスクを軽減するためには避妊手術が効果的なので、飼い犬を妊娠させる予定のない方は避妊手術を検討してみてください。乳ガンの発症率を抑える目的で避妊手術をする場合は生後半年頃に訪れる初めての発情期が起こる前に行うとより高い効果を得られます。もし飼い犬が乳ガンを発症してしまったときには早期の段階のうちに発見することが大事になります。リンパ節やその他の細胞に転移してしまう前に腫瘍を切除できれば完治する可能性があるので、定期的に犬の体をマッサージしてシコリができていないかどうかを確認するようにしてください。シコリができているように感じられたときはすぐに獣医の診察を受けさせ、適切な治療を施してあげましょう。乳ガンは命に関わる病気です。正しい知識を身に着け、それを有効に活用して飼い犬の命を守ってあげてください。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

動物の癌のプロ『腫瘍科認定医』とは?腫瘍科認定制度について。

いまやペットの死亡理由のトップに上げられる腫瘍。犬の場合は約半分が、猫の場合は約1/3が、腫瘍が原因で死を迎えていることを考えると、腫瘍にどう向き合うかが、これからの飼い主さんの課題であると……

犬のガンについて

【獣医師監修】犬の乳ガン〜原因・症状と対策

犬の乳ガンとは乳腺に悪性の腫瘍ができている状態を指します。犬の乳腺にできる腫瘍の良性と悪性の割合はおよそ半々であると言われておりますが、たとえ良性の腫瘍であっても悪性の腫瘍に転化してしまうこ……

犬の乳ガン