2016年2月29日更新

キュートなピンクが目を惹く。アキクサインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペットショップでもひときわ目を惹くピンク色のインコ。絵に描いたような色彩が見る人の心を惹きつけます。まだ飼育数もそんなに多くはありませんが、ピンク色の小鳥はあまりいないためファンが増えているようです。今回はアキクサインコについてご紹介しましょう。

〈画像引用元:dpape

 

アキクサインコってどんな鳥なの?

アキクサインコはもともとオーストラリア固有のインコ。ペットショップで売られている品種は全身鮮やかやピンクベースの個体が多いのですが、野生種でピンク色なのはお腹のみで背中や尾羽根はグレイから黒に近いカラーです。これは地面の上でエサを獲る際に身を守るための保護色だと言われています。

体長は20㎝前後、体重は50g前後とセキセイインコよりは大きめ。ペットとして飼われるようになってから背中の羽根色も濁りのないピンクやパステルイエローの品種が登場し人気になりました。最近ではブルー系やグリーン系の品種も登場しています。おとなしい性格で破壊行動も少なく飼い主さんとはソフトなコミュニケーションを好みます。

アキクサインコを飼う時の注意点は?

夏の暑さに要注意

アキクサインコは寒さに比較的強く丈夫なインコですが、四季の天候変化の激しい日本では温度管理が大切です。冬はヒーターなどで温めてあげた方が良いですし、夏は風通しの良い場所にケージを移してあげた方が良いでしょう。その日その日の気温や日差しを考えながら、ケージの環境を一定に保つようにしてください。

広めのケージを用意

アキクサインコは大人しい部類のインコですが、ケージは大きめを選んだ方が良いようです。手乗りにはなりますが濃厚なスキンシップを好むインコではありませんので、ケージの中にゆったり過ごせるスペースを作ってあげた方が良いでしょう。

 

アキクサインコを飼う前に揃えたいグッズは?

先程もご紹介したようにアキクサインコには余裕のある50㎝四方のケージがオススメですが高さよりも底面積の大きなタイプを選ぶと良いようです。アキクサインコは木に止まるより地面を歩き回ってエサを探す習性がありますので、歩けるスペースを意識した方が良いでしょう。かごの中には止まり木、巣箱、えさ箱、水入れなどを用意します。鳥かごの下にはペットシーツや敷き紙などを敷いておくと毎日の糞掃除が楽になります。

アキクサインコは何を食べるの?

インコ用のペレット

野性下では種子や果実などを食べていますが、これらのエサのみで栄養のバランスを取るのは難しいため、鳥専用のペレットを常備しましょう。鳥に必要な栄養分が配合されたペレットを食べてくれれば体調管理も楽になるでしょう。

シード

インコが好きな粟、稗など複数のシードが混合されたシードMIXが売られていますので用意しましょう。シードには殻つきタイプと殻無しタイプがありますが、できれば殻つきタイプを選びましょう。

野菜、果物

ビタミンやミネラルを補うためにも青菜(小松菜、チンゲン菜、スプラウトなど)や野菜(ブロッコリー、ニンジン、冷凍のミックスベジタブル)を与えると良いでしょう。

姿も声も美しいアキクサインコは鑑賞して楽しむ鳥

アキクサインコは幼鳥の頃から飼えば手乗りにもなりますが、他のインコのように飼い主さんと触れあうなどの濃厚なコミュニケーションを好みません。アキクサインコを飼うなら、美しい姿と声を見聴きして楽しむインコだと思っておいた方が良いかもしれません。

 
 

関連カテゴリ